テスラは「クルマではない何か!」 僕らクルマ好きはイーロン・マスクの凄さにまだ気付いていない!?

画像ギャラリーはこちら
都心ではテスラのEV(電気自動車)を目にすることも多くなってきました。このテスラ、単に最先端の安全性能を持つ高性能電気自動車というだけではなく、もはやこれまでの考え方とは全く異なる「画期的な“何か”」。今回はそんな「テスラの凄さ」をまとめてみました。

イーロン・マスク氏の凄さを再認識! テスラってどんなクルマ!? 画像でサクッとチェック!

目次[開く][閉じる]
  1. テスラとは「自動車のカタチをしたスマートデバイス」!?
  2. シンプルさを極めたインテリア
  3. 圧倒的な高性能と、レベル2自動運転の「オートパイロット」

テスラとは「自動車のカタチをしたスマートデバイス」!?

2003年、イーロン・マスク氏によって設立された電気自動車メーカー、テスラ。

2008年にはロータスの技術を流用したスポーツカー「ロードスター」を開発したのち、2012年には完全オリジナルモデルの大型サルーン「モデルS」を、2015年からはSUVの「モデルX」を発売。さらに2016年になって、それまで1000万円以上という高価格車だったテスラを、一気に身近な500万円台で購入することを可能とした「モデル3」の生産を開始するなど、車種も確実に増加しています。

電気自動車は、今や珍しい乗り物ではありません。テスラも常識的なクルマのカタチをしています。しかしテスラは、メーカー自らが「車輪がついたアプリ」と称するように、「自動車のカタチをしたスマートデバイス」なのです。え、どういうこと!?

ここからは、その意味を紐解いていきましょう。

常時インターネット接続、ソフトウェアで機能もアップデート!?

まず、テスラが「コネクテッドカー」であることに注目です。

クルマがインターネットに接続することも今では常識的になりつつありますが、テスラでは常にインターネットにつながっており、スマートフォンのような「ソフトウェアアップデート」によってクルマがいつも最新の状態に更新されています。

従来のクルマではまず「メカニズム(ハードウェア)」ありきで開発されてきました。テスラももちろん機械なので、クルマとしての基本はハードウェアですが、クルマの制御をほぼソフトウェアで行なっていることもあり、アップデートによって不具合の改良や機能改良・追加まで行うことが可能です。これはまさしくアップデートで充電時間が伸びたり、操作性が向上するスマートフォンと同じです。

スマートなデジタル機器という印象のテスラですので、スマートフォンにインストールするテスラのモバイルアプリも、むろん存在します。このアプリでは、充電状況の確認、空調のコントロール、防犯モードの設定、自車位置のチェック、車両の簡易的な移動(!)などを行うことができます。

シンプルさを極めたインテリア

テスラの最新版「モデル3」に乗り込むと、ダッシュボードには大きなタッチスクリーンが一つとステアリングしかない、というシンプルさに驚くことでしょう。しかも画面は大きく、モデルSでは17インチ、モデル3では15.4インチもあります。これは、テスラの各種操作はすべてタッチスクリーンで行うため。

しかも画面の役割はナビだけに止まらず、エアコン・ワイパー・ミラー、さらには室内灯の設定にまで及びます。しかもそれをフリック操作で直感的に行えるため、スマートフォンで慣れ親しんだ人にはとてもわかりやすいのです。

物理的なスイッチはほとんどないため、運転中の操作は危ない……という気もするのですが、もしいつか先、ライトやワイパーなど、人為的操作を行なっている装備が完全に自動化され、そのほかの設定も「音声入力」になったならば、タッチスクリーンがひとつだけ鎮座しているというデザインは、とても合理的だと考えることもできます。

テスラのキーは、クルマのカタチ!

モデルSとモデルXでは、キー(キーフォブ)がなんと「テスラ」を模したミニカーのようなカタチになっています。ボンネット・トランクはキーによって外部からロック解除・開閉が可能で、ボンネットを開けたければキーの前部を押すとロックが解除し、ミニカーの後部を押せばトランクのハッチが開きます。このように、キーまで直感的に操作できるようになっているのです。ドアロックは屋根部を押しますが、キーを所持してテスラに近づくとドアロックは自動で解除され、離れれば再びロックされるため、キー自体を触る必要がありません。

さらにモデル3では、スマートフォンを持っているだけでドアロックの自動操作が可能となりました。なお、スマートフォンの電池切れや、他人にクルマを貸す場合を想定し、かざすとドアロックを行ええるカードキーも付属しているほか、モデルS・モデルXのようなキーフォブも別途用意しています。

このほか、画面にサンタクロースが現れる「サンタモード」や、ウインカーの音が「おなら」に変わる「ブーブークッションモード」などの隠しコマンドを備えているなど、テスラには楽しい遊び心がいくつか見られます。

圧倒的な高性能と、レベル2自動運転の「オートパイロット」

電気自動車が遅い、というイメージは最近覆されつつありますが、その先鞭をつけたのはテスラかもしれません。モデルSでは前後に搭載したモーターによって、0-100km/h加速を2.5秒で駆け抜けます。これは、ホンダ NSXの3.0秒、日産GT-Rニスモの2.7秒も超える速さです。

テスラは、前述のようにソフトウェアアップデートで機能が向上しますが、加速力をアップさせることもできます。現在の0-100km/h加速2.5秒という数値は、2020年5月のアップデートで得られたもの。モデルSでは、サスペンションを自動調整・フロントエンドを下げる「ローンチモード」を起動させ、0-100km/h加速を0.2秒短縮したのです。テスラも車種によっては、「物理的に」強力なモーターが搭載される場合もありますが、従来のクルマの加速アップが物理的なチューニング・コンピュータチューンだったことを考えると、インターネットからのダウンロードでクルマの性能がよくなる、というのは隔世の感があります。

クルマとスマートフォンが合体したような未来のかたち

そしてテスラといえばやはり「自動運転」です。テスラには、完全自動運転機能対応のハードウェアを搭載。テスラのオートパイロット機能は、レベル2自動運転に分類されます。レベル2では、同一車線内での自動ステアリング操作・加減速などの自動を行うことができますが、ドライバーは常に、自動的に走るクルマと交代できるようにスタンバイしている状態をキープする必要があります。

クルマという移動するための機械でも、インターネット+電気自動車によって新しい自動車像を作り上げたテスラは、まさにスマートデバイスそのもの。クルマ好きの私たちがまだ気付いていない、クルマとスマートフォンが合体したような未来のクルマの姿を示唆しているのかもしれません。

[筆者:遠藤 イヅル]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。 [遠藤イヅルFacebookページ] http://www.facebook.com/endoizuru記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 尾上温泉 旅館 紅鮎
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

テスラ モデル3の最新自動車ニュース/記事

テスラのカタログ情報 テスラ モデル3のカタログ情報 テスラの中古車検索 テスラ モデル3の中古車検索 テスラの記事一覧 テスラ モデル3の記事一覧 テスラのニュース一覧 テスラ モデル3のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる