スズキ ハスラーにクーペモデルがあった!? 2013年にお披露目されたハスラークーペは今こそ市販化してほしい一台だった

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2014年にデビューして瞬く間に軽自動車のスターとなったスズキ ハスラー。今までありそうでなかった軽自動車のSUV、そして可愛らしい見た目とヒットしないワケがないコンセプトであった。実は初代ハスラーがデビューする直前、東京モーターショー2013会場で初お披露目された新型ハスラーとともに、「ハスラークーペ」という派生モデルのコンセプトカーも同時に展示されていたのだ。

発売こそ実現しなかったものの、そのデキは今すぐにでも市販化できそうなモノで、出ていればハスラーと同様に爆発的に売れていた……ハズである。今回はそんなハスラークーペをご紹介! 今からでも出して欲しい一台です。

目次[開く][閉じる]
  1. 燃費最優先の時代にワクワクするデザインでデビューした初代ハスラー
  2. 目立たないデザインのリアドアに注目! ハスラークーペの完成度は市販化できるレベルだった
  3. スズキに足りないのはクーペSUVだけ

燃費最優先の時代にワクワクするデザインでデビューした初代ハスラー

スズキ 初代ハスラーが初めて姿を表したのは、先にも述べた通り東京モーターショー2013会場であった。

古いランドクルーザーやジムニーといったレトロな四輪駆動車を彷彿させる丸いヘッドライト、カラフルなボディとホワイトルーフ、そしてタフなSUVスタイルが大好評で、これは間違いなく売れると当時のメディアも盛り上がった。

その頃の軽自動車が最重要視していたのは、何より燃費と実用性。ハスラーのように、見ただけでワクワクする楽しいクルマはほとんど見当たらなかったからこともあり、大いに注目を集めたのだ。

新鮮なSUVスタイルで話題を呼んだ初代ハスラーは、2014年1月の発売開始すぐに大ヒット。2019年末までに48万台強を販売し、ワゴンRと並ぶスズキの主力モデルにまで成長したのだった。

そして2020年、2代目ハスラーがデビュー。2020年6月にはガチライバルのダイハツ タフトという後追いモデルも登場するなど、ハスラーは軽自動車市場の勢力図を塗り替えた歴史的なモデルといっても過言でない。

目立たないデザインのリアドアに注目! ハスラークーペの完成度は市販化できるレベルだった

ハスラーの活躍ぶりはこの辺にして、ここかはハスラークーペのお話。

東京モーターショー2013にハスラーの横に並んでいたのが、ハスラーのクーペモデルであった。

ノーマルのハスラーとの違いはルーフの角度で、後方に向かって下げっているクーペスタイルを採用し、リアのドアハンドルは窓の後方に設置している。一見すると2ドアクーペのような見た目であり、軽自動車らしからぬデザイン性であったのだ。この手のデザインはホンダ ヴェゼルやトヨタ C-HRなどといったクーペSUVに数多く採用されており、ハスラークーペを名乗るのにふさわしい見た目であった。

そのほかはフロントグリルの柄が目の大きいメッシュとなるなど、ノーマルのハスラーにはないスポーティなイメージであった。

今すぐにでも市販化できそうな仕上がりだっただけに、当時は派生モデルも用意されると噂されたほど。だが、ご存知の通り未だ市販化には至っていない。

スズキに足りないのはクーペSUVだけ

大ヒットしたハスラーに加え、本格クロカン四駆のジムニー、そしてスペーシアギアなど、スズキは数多くのSUVラインアップを取り揃えている。

SUVを得意とするスズキで、唯一足りないのはハスラークーペのようなクーペSUVではないだろうか。今からでも、2代目ハスラーをベースに、改めて新型「ハスラークーペ」の市販化を検討して欲しい!

【筆者:MOTA編集部】

スズキ/ハスラー
スズキ ハスラーカタログを見る
新車価格:
128万円182.4万円
中古価格:
45万円257万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... MOTA ドライブ/宿 厳選宿特集

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スズキ ハスラーの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ハスラーのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ハスラーの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ハスラーの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ハスラーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる