スバル、次期「インプレッサ G4」にあたるコンセプトモデル『インプレッサ セダン コンセプト』世界初公開

  • 筆者:
スバル、次期「インプレッサ G4」にあたるコンセプトモデル『インプレッサ セダン コンセプト』世界初公開
スバル インプレッサ セダン コンセプト スバル インプレッサ セダン コンセプト スバル インプレッサ セダン コンセプト スバル インプレッサ セダン コンセプト 画像ギャラリーはこちら

スバルは11月18日(日本時間11月19日未明)、アメリカで開幕したロサンゼルスオートショー2015にて、次期「インプレッサ G4」にあたるコンセプトモデル『インプレッサ セダン コンセプト』を初公開した。

ボディサイズ(全長×全幅×全高):4,555×1,880×1,453 mm

ホイールベース:2,670 mm

タイヤサイズ:235/40 R19

乗車定員:5名

スバル インプレッサ セダン コンセプト
スバル インプレッサ セダン コンセプト

エクステリアは、フロント、サイド、リアの各デザインをダイナミックかつソリッドな面構成で繋げ、スバルデザインの特徴の1つである立体的で塊感のあるボディを構築。また、コンパクトなセダンスタイルの要所に躍動感あふれるキャラクターラインを配し、スバルがユーザーに提供する価値「安心と愉しさ」のデザイン表現を、Cセグメントのボディサイズの中で追求している。スバル車にとって不可欠な機能性についても、優れた空力性能を確保することで、スタイリングとの融合を実現している。

スバル インプレッサ セダン コンセプトスバル インプレッサ セダン コンセプトスバル インプレッサ セダン コンセプトスバル インプレッサ セダン コンセプトスバル インプレッサ セダン コンセプト
この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

スバル インプレッサG4の最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル インプレッサG4のカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル インプレッサG4の中古車検索 スバルの記事一覧 スバル インプレッサG4の記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル インプレッサG4のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる