MOTAトップ 記事・レポート カーソムリエ 学生カーソムリエが第4回くるまマイスター検定に挑む!~テリー伊藤さんとのトークショーが実現~ 2ページ目

カーソムリエ 2016/11/28 22:44

学生カーソムリエが第4回くるまマイスター検定に挑む!~テリー伊藤さんとのトークショーが実現~(2/3)

Text: Photo: オートックワン編集部/Text:オートックワン編集部
学生カーソムリエが第4回くるまマイスター検定に挑む!~テリー伊藤さんとのトークショーが実現~

くる検メンバー全員の紹介ののち、最後に応援団長のテリー伊藤さんが加わっていよいよ始まったトークショー。

まずは今回、どのような問題が出題されたのかについてジュニア問題からスタートした。

ジュニア問題/第4回くるまマイスター検定

第4回くるまマイスター検定 ジュニアの例題

「自動車は、とてもたくさんの部品から作られています。一般的に、どのくらいの数の部品が使われていますか?」

①約3千個/②約3万個/③約30万個

テリー伊藤さん「え!?30個くらいじゃないの!?」

まるもさん「エンジンだけでも100個以上はありますよ(笑)」

正解:②

テリー伊藤さん「ジュニアでこの問題は難しいよ!」

3級問題/第4回くるまマイスター検定

第4回くるまマイスター検定 3級の例題
くる検クラブ1期生の山田彩さんとんがりガールズの望月愛里さん

続いて3級の問題は、

「次のうち、2015年に世界で最も多くの自動車を生産した国はどこですか?」

①ブラジル/②日本/③インド/④中華人民共和国

まるもさん「この問題については山田さんと望月さん、いかがでしょう?」

山田さん「3番か4番で迷っているのですが・・そうですね、4番で!」

望月さん「いま熱い、3番のインドで!」

正解:④

テリー伊藤さん「中国は小さいメーカーがたくさんありますからね。これからも伸びるでしょうね!」

2級問題/第4回くるまマイスター検定

第4回くるまマイスター検定 2級の例題
大塩純平さん
鈴木健さん高木充さん

2級の問題は、

「2016年に登場した、5代目となる「日産 セレナ」が採用する“同一車線自動運転技術”の名称は何ですか?」

①ドライビングパイロット/②プロパイロット/③アイサイト/④セーフティ・センス

まるもさん「これは、わからないとまずいんじゃないですか!?会場(日産グローバル本社)ですし」

竹岡さん「これ間違えたら、もう日産には居られませんよ。じゃあ大塩さんに答えを言ってもらおうかな」

大塩さん「2番のプロパイロットで!」

正解:②

竹岡さん「良かったですねー(笑)自動運転については鈴木さんと高木さんの二人にも聞いてみようかな、乗ったことあります?」

鈴木さん・高木さん「乗ったことはないです」

竹岡さん「自動運転に興味はあります?」

鈴木さん「自分が運転していないという恐怖はあるのですが、これからの時代は必要になってくるものですので、ぜひとも体験したいです」

高木さん「体調が悪いとか、眠いとかといったことがあるので、そんな時にあれば良いなと思います」

まるもさん「みんな、コメントが優等生だねー」

テリー伊藤さん「そつがないですね!」

1級問題/第4回くるまマイスター検定

第4回くるまマイスター検定 1級の例題
第4回くるまマイスター検定 1級の答え

そして難関の1級問題と回答については、以下の通り。

「日産 フェアレディZ432は初代フェアレディZの高性能グレードで、“432”とは4バルブ、3キャブレターを指します。では、“2”は何を指しますか?」

①2.0Lエンジン/②2WD/③2シーター/④2本カム

まるもさん「これ、史郎さんならわかりますよね?史郎さーん」

中村さん「4番!」

正解:④

まるもさん「良かった!内心どきどきしちゃいました」

次回、第5回くるまマイスター検定は

第4回くるまマイスター検定 トークショー in 日産グローバル本社ギャラリーの様子

最後に、少し気が早いかもしれないが次回のくるまマイスター検定の開催予定日も告知された。

次回は2017年11月開催とのことで、来年こそは受けてみたい!という方は次ページのカーソムリエ7名と山田さん、望月さんの受験コメントをもとに感触を掴んでいただければ幸いだ。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR