2020年を代表する1台! 日本カー・オブ・ザ・イヤーってどうやって決まるの!?

画像ギャラリーはこちら

今年の1台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー」(COTY)が2020年も開催される。1980年から続くクルマの賞典は、果たしてどのようなプロセスを経て決まるのだろうか。知っているようで知らないCOTYについて調べてみた。

今年の10台はどんなモデル!? 10ベストカーを写真で見てみる[画像18枚]

▲TOP写真は2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞の模様(2019年12月6日)▲

日本カー・オブ・ザ・イヤーってそもそもどんな賞!?

2020年11月4日、「日本カー・オブ・ザ・イヤー2020-2021」ノミネート車の中から、上位10台が選出された。今後11月25日から27日の間に10台の中から最終選考投票が行われ、イヤーカーなどが決定する流れとなる。本賞の発表は12月7日だ。

日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)は、日本を代表するクルマの賞典。その歴史は古く創設は1980(昭和55)年で、2020年は記念すべき40周年となる。COTYは「特定の個人、企業、機関等の為のものではなく、クルマに関心を有するすべての人たちのものである」(日本カー・オブ・ザ・イヤー公式サイトより)を基本精神とし、その年を象徴する優秀な1台が選出される。

それでは、賞が決まっていく流れについて紹介していこう。

ノミネート車はどうやって決まるの!?

まずは、日本カー・オブ・ザ・イヤー2020-2021のノミネート車から。

今年は全45モデルが対象となった。日本カー・オブ・ザ・イヤーの公式サイトには、選考に関する規則などが掲載されている。これによると対象車は「前年の11月1日から当年の10月31日までに日本国内で発表または発売された全ての乗用車」となる。

これには以下の条件が加わる。

1-1.継続的に生産・販売され、一般消費者が特別な手段を用いずとも購入出来ること。

1-2.選考委員にそのクルマを充分に理解する機会が与えられており、事前にテストドライブ、資料提供等が可能であること。

1-3.当年の12月下旬までに一般消費者が日本国内で購入出来ること。

つまり、日本国内で一般向けに売られている市販モデルであれば、全てノミネートの対象となるという訳だ。この他にいくつかの制約条件を満たすクルマが、日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会により決定される。

そもそも日本カー・オブ・ザ・イヤーとは

では、そもそも日本カー・オブ・ザ・イヤーとはどういった組織で、どのような人たちによって賞典が決まるのだろう。

日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)は現在、一般社団法人 日本カー・オブ・ザ・イヤーが構成する日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会により運営されている。実行委員会は、自動車雑誌、一般雑誌・紙、放送、Web媒体などの媒体で構成された組織。2020年度は37媒体が参加し、MOTAもその一員として運営に当たっている。

いっぽう、賞を選出する選考委員は、実行委員により選出された60人を上限とするメンバー。ジャーナリスト、ライターやレーシングドライバーをはじめ、音楽プロデューサーやゲームプロデューサー、フリーアナウンサーなど多彩な有識者が揃う。2020年度のCOTYも60名が参加している。

日本カー・オブ・ザ・イヤー選考の流れは

このようにCOTY実行委員と選考委員から構成されるメンバーによって運営される日本カー・オブ・ザ・イヤー。賞典の先行の流れについてもおさらいしてみよう。

まずノミネート車の中から、最終選考に値すると判断した10台を60名の選考委員が投票。上位10台がCOTY最終選考の候補車10ベストカーとなる。これが第一次(ノミネート)選考。

そして第二次(最終)選考は、各選考委員が25点の持ち点を10ベストカーのうち5台に配点。その中でも最高評価の1台には10点を与え投票する。こうして決まるのが日本カー・オブ・ザ・イヤー本賞だ。

2020年の10ベストカーは何!?

11月4日に発表された10ベストカーは以下の通り(順不同)。

・スバル レヴォーグ

・トヨタ ヤリス/ヤリスクロス/GRヤリス

・日産 キックス

・ホンダ フィット

・マツダ MX-30

・アウディ e-tron Sportback

・BMW 2シリーズグランクーペ

・BMW ALPINA B3

・ランドローバー ディフェンダー

・プジョー 208/e-208

この中から2020年を代表する1台が決まる。さらに「日本カー・オブ・ザ・イヤー」が日本メーカー車だった場合、海外メーカー車でもっとも多く得票したクルマに「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」が与えられる。

このほか4つの部門賞、「デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー」(秀でた内外装デザインを持つクルマ)、「テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー」(革新的な環境・安全その他技術を備えたクルマ)、「パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー」(感動的なドライブフィールを味わえるクルマ)、「K CAR オブ・ザ・イヤー」(総合的に優れた軽自動車)が設けられ、こちらは第一次選考のノミネート45台全車の中から選考委員の投票によって決められる。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)]

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブやキャンプを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから15年余りが経過。乗り換えに悩むユーザーの目線に立った平易なコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる