超カッコいいソニーのクルマって結局売るの!? ソニーが自動車業界で目指すコトとは?【未来モビリティ総研】(1/2)

画像ギャラリーはこちら
ウォークマンやPSシリーズなど、これまでアッと驚くようなモノを数多く生み出してきたソニー。今度は自動車業界に本気で参入する模様で、今回短い時間ながら試乗に成功。果たしてソニー初のクルマの出来栄えはいかに!? さらに、今後自動車業界でソニーは一体何をするのか? など気になるコトを徹底解説する。
目次[開く][閉じる]
  1. 元気なソニーが帰ってきた!? 今度はクルマで勝負
  2. テスラと高級車市場でガチンコ勝負の予感
  3. 映画に音楽! お得意のエンタメ機能満載
  4. 未来の技術盛りだくさん! ソニーが自動運転社会を現実にするかも
  5. 販売の予定なし! 日本発のサプライヤーとして活躍?

元気なソニーが帰ってきた!? 今度はクルマで勝負

聡明な読者は覚えているだろう。そう、新春いきなり自動車界のみならずIT界も賑わせた「ソニーがEV業界に参入?」のウワサだ。

裏付けは思いきりあって1月のハイテク見本市、ラスベガスCESであのIT企業のソニーが予告なしにEVコンセプトのヴィジョンSを発表しちゃったからしょうがない。当然そういう予測も生まれますわな。

2020年のCESで突如発表されたヴィジョンS! 当時の模様はコチラ▼

市販化できそうな体制&文句なしの完成度

しかも、実車のソニー ヴィジョンSがヤバかった。デザイン的に予想外にまとまっているだけでなく、製作担当はオーストリアの高級少量生産メーカー、マグナ・シュタイア。

既にトヨタ・スープラやメルセデスGクラスなどの外注仕事を請け負っているだけでなく、ボッシュなどの独大手サプライヤーもパーツを供給。この体制ならマジでソニーがEVを作ることも出来るっしょ! と妄想が妄想を呼んでしまったワケだ。

あれから約半年後の8月頭、突如ソニーがヴィジョンSを東京本社の敷地内で走らせ、同乗走行と同時に開発担当役員のインタビューをさせてくれるという。小沢は当然喜び勇んで品川に向かった。

テスラと高級車市場でガチンコ勝負の予感

試乗コースはソニー本社入り口の直径10mぐらいのオーバルコースもとい車止め。それだけに時速10kmも出れば御の字だったが、実力は十分確かめられた。

全長×全幅×全高は4895×1900×1450mmとテスラの高級EVセダン、モデルSよりひと回り小さい。

しかし外観はリアルで、オーバルを意識したデザインはもちろん、外の光でみると予想以上に塊感があってカッコいい。このまま出してくれないかな? の声もしきりだ。

仮想ライバル対決! ソニーとテスラを画像で比較

ハイパワーなのは確実だが、中身はまだまだ試作車レベル

かたや乗ると若干拍子抜け。初期の試作車だけにドアの建て付け音が響き、走っても石畳の凸凹を如実に拾って車内がカタカタ鳴っている。

また、前後200kW(約270ps)の2モーターEVでシステム出力500psは出そうだが、わずか時速10km程度じゃ実力の片鱗も味わえない。当然、自動運転モードも試せてない……。

1 2 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
小沢 コージ
筆者小沢 コージ

横浜市出身。バラエティ自動車ジャーナリスト。自動車メーカー、「NAVI」編集部員を経てフリーに。現在、雑誌やネットに多数連載。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... MOTA ドライブ/宿 厳選宿特集
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる