MOTAトップ 記事・レポート 特集 特別企画 ストラーダSクラス レポートvol.01 CN-MW200Dを愛車に装着しました!

特別企画 2009/10/26 01:00

ストラーダSクラス レポートvol.01 CN-MW200Dを愛車に装着しました!(1/2)

Text: 塩村 文夏 Photo: 塩村文夏 題字:加藤才智
ストラーダSクラス レポートvol.01 CN-MW200Dを愛車に装着しました!

はじめまして!塩村文夏です!

塩村文夏さんとポルシェ・ボクスター 2

オートックワン読者の皆さん、はじめまして! 自動車大好きライター/放送作家の塩村文夏です。年齢はヒミツ。ご想像にお任せしますが、徹底的に隠している訳じゃないので、ちょっと検索すれば出てくるかと思います。

私の仕事をカンタンに説明すると、基本的には物を書くこと。現在はTVの台本を書くことが多いですが、モチロン大好きなおクルマのことも書いています。とはいえ、好きなだけでまったく詳しくないので、現在の私が感じたことをそのままに書き連ねて、その感想を皆さんに伝えているという感じのライターです。

そんな私の愛車はポルシェ・ボクスター。涙目の前期型986です。97年型なので、もう12年前のおクルマなんですよね。手入れをしているので、パッと見はそんなに経っているようには見えませんが、実はナビは当時のままのものがついているんです。現在も使えているんだけど、何となく微妙な感じだったりします。

今のカーナビでは目的地が見つからない

例えば…「な、なんでナイの?」 と、行きたいトコロが見つからない事の多さと言ったら悲しくなってきます。後からネットで調べてみると、行きたい場所が3年前に出来た施設だったりして、私のナビには12年前の施設情報しか入っていなかったからなんですね。

つい最近、お出かけ先から仕事先である日本テレビに向かおうと、行き先「日本テレビ」と入れたところ、汐留移転前の麹町が出てきてしまいました。仕方がないので近くの駅を設定し、何とか辿り着いたのだけど。

さらに…。知り合いがオシャレなタワーマンションに住んでおり、そこでパーティーをするとのことでお誘いを受けました。当日、スタート時間ギリギリになってしまい、急ぎながら友人の住所を入れたところ「該当ナシ」「埋め立て予定地」の結果が。これから陸になりますよって見えなくもない枠で区切られているけど、目的地は海の中っぽい。私は心の中で呟きました「これじゃ困る」と。

何となく使えているのだけれど、行きたい場所にちゃんと到着しないのはナビとして不合格ですよね。間違った場所に行ってしまい、仕事での打ち合わせに遅刻するなど、日常生活にかなりの支障をきたしていたんです。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR