FJクルーザーのミニ版がBEVで復刻!? トヨタ コンパクトクルーザーEVの市販化が待ち遠し過ぎる! 2023年以降に登場か

画像ギャラリーはこちら
歴史的名車「ランドクルーザー40」をモチーフにした、どこか懐かしいデザインのBEV(電気自動車)コンセプトカー「トヨタ コンパクトクルーザーEV」が、2023年以降の市販化に向け注目を集めている。
目次[開く][閉じる]
  1. 数多く発表されたトヨタのBEV(電気自動車)の中でもひときわ輝いていたコンセプトカー「Compact Cruiser EV(コンパクトクルーザーEV)」
  2. 歴史的名車「ランドクルーザー40系」をモチーフに誕生した新型BEVコンセプトカー
  3. FJクルーザーの再来! 2023年以降には市販化も検討されている!

数多く発表されたトヨタのBEV(電気自動車)の中でもひときわ輝いていたコンセプトカー「Compact Cruiser EV(コンパクトクルーザーEV)」

2021年12月14日(火)、トヨタはバッテリーEV(BEV/100%電気自動車)の戦略に関する発表会を行った。

2022年にも市販化を予定するEV専用車「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」をはじめ、レクサス向けモデルやコンパクトモデル、商用モデルなど多様なラインナップを一挙に披露し、世界をアッと言わせたのは記憶に新しい。

そんな数多くのBEVコンセプトカーの中でも、今回特に注目したいのは「Compact Cruiser EV(コンパクトクルーザーイーブイ)」(以下「コンパクトクルーザーEV」と表記)だ。

歴史的名車「ランドクルーザー40系」をモチーフに誕生した新型BEVコンセプトカー

トヨタ コンパクトクルーザーEVは、トヨタの歴史的名車である「ランドクルーザー40」をモチーフに、どこか懐かしくそして新鮮なデザインを持つ新型BEVコンセプトカーだ。

40系ランクルをモチーフにしたデザインと言えば思い出されるのが、2006年に北米で販売され、のちに2010年には国内導入も行われた「FJクルーザー」だろう。

V型6気筒4リッターガソリンエンジンとパートタイム式4WDを組み合わせた本格四輪駆動車という成り立ちよりも、そのスタイリングに一目ぼれしたユーザーは多いはず。

名称の“FJ”は、40系ランドクルーザーの初期モデルに与えられた型式に由来している。

そんなFJクルーザーは2018年、惜しまれつつ国内販売を終了している。いまだに中古車には高い値がつけられており、再販の要望も根強い。

FJクルーザーの再来! 2023年以降には市販化も検討されている!

コンパクトクルーザーEVは、まさにFJクルーザーの再来とでも言うべきモデル。しかも扱いやすいコンパクトなサイズで帰ってきた。

トヨタのデザイン統括部長、サイモン・ハンフリーズ氏は2021年12月の説明会で『既存のモデルに関連した電気自動車も含めて、それぞれがユニークで特別な存在でなければなりません』とし、EV専用に開発されたbZ(ビーズィー)シリーズとは別の存在として、様々なモデルをプレゼン。

ひとつの具体例として『トヨタのオフロード車の伝統を活かして、新しいエキサイティングなレクリエーション体験を創造する』モデルとして、コンパクトクルーザーEVなどを紹介している。

もちろん、単なるコンセプトカーではなく、実際に市販化を検討しているというから嬉しい。コンパクトクルーザーEVも、2023年以降の早いタイミングで街を走り出すことになるかもしれない。楽しみに待ちたいところだ。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:TOYOTA・三橋仁明/N-RAK PHOTO AGENCY]

トヨタ/FJクルーザー
トヨタ FJクルーザーカタログを見る
新車価格:
330万円355.7万円
中古価格:
182.4万円564.8万円
トヨタ/ランドクルーザー70
トヨタ ランドクルーザー70カタログを見る
新車価格:
366.7万円366.7万円
中古価格:
195.8万円774.6万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブやキャンプを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから15年余りが経過。乗り換えに悩むユーザーの目線に立った平易なコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 陶泉 御所坊

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ FJクルーザーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ FJクルーザーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ FJクルーザーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ FJクルーザーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ FJクルーザーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる