人気のSUVに向けたふたつの新型タイヤをCX-5でインプレッション|ヨコハマタイヤ BluEarth-XT & GEOLANDAR CV(2/3)

  • 筆者: 中谷明彦
  • カメラマン:田村 弥
画像ギャラリーはこちら

直進安定性の高さを印象づけるブールーアース XT

ブルーアース XTの外観デザインはトレッドパターンに特徴を集約している。4本の太いストレートリブを通しウェット路での排水性を高度に保ち、幅広のセンターリブは高速での直進安定性の高さを物語っている。

一方横方向に刻まれる溝は、ショルダー部を含め左右を貫通させず5種類のピッチバリエーションで、タイヤ全周を巡る。ショルダー部は高い剛性を与えられたことで、ハンドリングにも貢献するわけだ。

すっきりしたフェイスで品のあるトレッドデザインでありながら、ポイント毎に高度な要件を満たす工夫が凝らされているというわけだ。

ブルーアース XT × 新型マツダ CX-5の相性はいかに?

早速装着車を走らせてみよう。最初のタイヤのひと転がりからブルーアースXTの素性の良さが感じ取れる。タイヤの転動がスムーズで、転がり抵抗の小ささが伝わってくるのだ。トレッドパターン剛性が高く歪みが小さいためになせる技といえるだろう。そのままアクセルを踏み込まなくても自然に車速が上がっていく感覚は低転がり抵抗タイヤの特徴ともいえ、実際走行燃費も純正装着時より常に好数値を燃費計が示すようになっている。走行ノイズが小さいことも感動的だ。速度を上げても車室内が静寂で、ワンランク上級の車種に乗り換えたような錯覚を覚えるほどだ。

次にコーナーを少し攻めてみると、正確なライントレース性で安心感が増した。路面のギャップに走行ラインを乱される事がなく、ステアリングを切り込む量も減少し、舵角抵抗も減少していると言えるのだ。ちなみに駐停車時の据え切り操作ではステアリングを回す力が低減していた。タイヤのケーシング剛性が高く変形が抑えられているため、タイヤトレッド面の接地中心の動きが少なく一点を中心に転舵できている証で、偏摩耗の抑制にも効果がありそうだ。

そして乗り心地のしなやかさが向上し、段差通過もショックが少なく快適になった。

このようにブルーアース XTはあらゆる走行シーンで標準装着タイヤのフィーリングを上回る乗り味が確認でき、リプレイスタイヤとして存在感を強力に示していることがわかったのだ。

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者中谷明彦
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和心亭豊月

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる