人気のSUVに向けたふたつの新型タイヤをCX-5でインプレッション|ヨコハマタイヤ BluEarth-XT & GEOLANDAR CV(3/3)

  • 筆者: 中谷明彦
  • カメラマン:田村 弥
画像ギャラリーはこちら

土系イメージのジオランダーもクロスオーバーSUV向けを発表

今回、もう一台同時にインプレッションしたタイヤがある。それは同じヨコハマタイヤのSUV用タイヤとして既に知名度の高い「ジオランダー」ブランド。その最新モデルである「ジオランダー CV G058」(以下ジオランダー CV)だ。SUV車の中でも悪路をより意識したクロスカントリー系モデルに好んで装着される「ジオランダー」だが、クロスオーバー系SUVにまで適合性を拡げたのがこの「ジオランダー CV」なのだ。

一見ブルーアース XTと競合するように思われるが然に非ず。サイズは同じながら外観的には多くの相違点を見出だすことができる。トレッドパターンデザインは4本のストレートリブを配しているのはブルーアース XTと同様だが、横方向に貫通する細かな溝を数多く配されている。一見して太い横溝と細い横溝が目視できるが、さらに詳細に見ると2D、3Dといった複雑で細かなサイプ状の溝が刻まれている。それもそのはず、ジオランダー CVは急な降雪にも対応できる「M+S」規格なのだ。「M+S」のマーキングが刻まれていれば冬季の冬用タイヤ規制には対応していないが、都市部での急な降雪程度なら走行可能である。特に4WDモデルに装着すれば首都圏のドライバーには突然の雪に立ち往生、という心配もなくなるといえる。

ジオランダー CV × CX-5の相性は?

今回はCX-5(初代)ディーゼル4WDモデルに装着し、舗装路での走行フィールをチェックしてみた。装着タイヤのサイズは225/55R19。標準のサマータイヤから履き替える。

停止状態でステアリングを転舵し据え切りしてみるとハンドルが軽くなっていることがわかる。これは溝が深いこととサイプが細かく配置されているため、トレッド剛性が低くなっているためと思われる。サイプを多く配置することと接地形状のフラット化により、雪道では雪を圧雪し剪断剛性を確保してトラクションを引き出せるのだ。接地形状の影響は、走行中の転舵でも感じ取れた。

標準タイヤでは転舵時にタイヤ接地面の形状が前後に長く、接地中心を軸の回転モーメントが大きくなって操舵力が重くなる。だがジオランダーCVでは接地面形状がフラットな形状のため操舵力が軽いのだ。乾燥舗装路の剛性感としては若干落ちるものの、ハンドルが軽くなって操作性が高まるのは多くのドライバーの助けになるし、車両の操舵系への負担も軽減されるので旧式モデルにも好ましい。

走行フィールだが、トレッド全体に溝が多くなるのでパターンノイズでは標準のサマータイヤに劣るが、溝が深く摩耗寿命が長く見込めるので、4WDのSUV車で長距離ドライブの多いユーザーには助けとなるはずだ。

このように今回テストしたヨコハマタイヤの最新SUV用タイヤは共に市場ニーズを十分解析し、幅広いユーザーと車種、走行パターンにマッチする好特性に仕上げられていることが確認できた。

筆者/中谷明彦 撮影/田村 弥

前へ 1 2 3

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者中谷明彦
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる