autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ポルシェ パナメーラV6 海外試乗レポート

試乗レポート 2010/7/27 11:37

ポルシェ パナメーラV6 海外試乗レポート(1/2)

関連: ポルシェ パナメーラ Text: 金子 浩久 Photo: ポルシェジャパン
ポルシェ パナメーラV6 海外試乗レポート

V8エンジンのみであったパナメーラに価格を抑えたV6モデルが登場

ポルシェ パナメーラ
ポルシェ パナメーラポルシェ パナメーラ

昨年デビューした「ポルシェ パナメーラ」。ポルシェ初の4ドアGT(グランドツーリングカー)だ。4人と4人分の荷物を積み込み、一日に1,000km以上も高速で走るような旅を、何日も続ける。そんな使い方や走り方をするためのクルマとして、パナメーラはこの世に生を受けた。

911やボクスター、ケイマンなどのスポーツカーではなく、カイエンのようなSUVとも違うポルシェ。ドアが4枚あると言っても、ポルシェはフォーマルなセダンを作りたかったわけではないはずだ。

テールゲートを開けて現れるトランクスペースは、リアシートの背もたれを倒せば、さまざまにアレンジできる。

「運転を楽しむためだけのポルシェではなく、ましてやリアシートに座って運ばれるだけの4ドアでもない。ドライバー自らが、クルマをアクティブに生活に取り入れることができるポルシェがパナメーラなのだ」(研究開発担当取締役ヴォルフガング・デュラハイマー)

パナメーラには当たり前のことだが、ポルシェの最新テクノロジーと装備が満載されている。

自然吸気の4.8リッターV型8気筒エンジンを搭載する「パナメーラ4S」で400馬力、ターボエンジンの「パナメーラターボ」で500馬力ものハイパワーを発生している。

4輪駆動の安定性も手伝って、性能も凄まじい。「4S」の0-100km/h加速は5.0秒。最高速度は282km/h。そして「ターボ」はさらに上を行く。4.2秒と303km/hだ。

トランスミッションは、ポルシェが1980年代の伝説的なレーシングカー「962」で実用化したツインクラッチ式の7速「PDK」を装備している。

PDKは、クラッチを2枚持ち、ギアを組み替えていくから、トルクコンバーター式のATと異なってスリップがない。伝達ロスが事実上ゼロとなり、効率が高く、プロドライバーがクラッチペダルを踏んで、手でシフトしても変速スピードでは追い付けないほど速い。

また、単に変速スピードが速いだけでなく、PDKは賢い。パナメーラが走行している状況やエンジンの状態をつねにモニターし、さまざまな基準から判断して、最もふさわしいギアへと複数段飛ばしに瞬時に変速する。

PDKこそ、モータースポーツ活動を通じ、長年に渡ってポルシェが培ってきた技術の結晶である。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ポルシェ パナメーラ の関連編集記事

ポルシェ パナメーラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ パナメーラ の関連編集記事をもっと見る

ポルシェ パナメーラ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR