ポルシェ カイエンターボS 試乗レポート/九島辰也の“ポルシェは911だけじゃナイッ!!”(2/2)

ポルシェ カイエンターボS 試乗レポート/九島辰也の“ポルシェは911だけじゃナイッ!!”
ポルシェ カイエン ターボS ポルシェ カイエン ターボS ポルシェ カイエン ターボS ポルシェ カイエン ターボS 画像ギャラリーはこちら

“ポルシェ流”SUV、その実力を公道で発揮できるのはほんの僅か

それではさっそくインプレッションだが、エンジンスタートからこいつはタダモノではない雰囲気をドライバーに与える。エンジンに火が入った瞬間のブリッピングから音はかなりレーシーで、普通ではない。

そして、その後のアイドリングではまるで「猛獣が喉を鳴らす」ような音を響かせるのだ。

ポルシェ カイエン ターボS

スタートでは、不意なアクセルワークではカラダをシートに押し付けられるから注意が必要だ。

いわゆるフツーのスペックを持ったクルマの感覚でアクセルを踏んでは危険を伴う。しっかりとステアリングを握り、加速Gを想定したドライビングポジションをとることが要求される。

しっかりしたポジションのままアクセルを踏み続けると、目の前の景色が異様に早く流れる。低回転からターボが効き出しおよそ2.2トンのボディを軽々しく前へ押し出す。

気に入ったのはそのときのシフトマネージメント。最近は燃費を向上させるためすぐにシフトアップしてしまうクルマが多いが、こいつはパドルを使うまでもなくいい感じにエンジンをまわす。学習機能があるのだろうが、好印象である。

ステアリングはこれまで通り軽めだが、切り出して行くとフィールが出てくる。今回は箱根ターンパイクの試乗だったので、その辺はよくわかった。手のひらに伝わるステアリングフィールもワルくない。電動パワステのセッティングはリリースされるモデルごとに良くなっている気がする。

ポルシェ カイエン ターボS

乗り心地は、セルフレベリング付きのエアサスペンションが“らしさ”を味わわせてくれる。

「スポーツ」にすると結構な固さとなり不安なくコーナーへ飛び込めるが、スピードコントロールはシビア。長く乗っているとスピード感覚が麻痺してくるので、思いのほかメーターが回っていることがある。

そこには、カイエンターボSの“550ps”という底知れぬパワーが関係してくる。今回の試乗は公道であったため、このパワーのほんの一部しか吟味出来ないこともわかった。もはやカイエンターボSは、いわば“アウトバーン仕様”という気がしなくもない。

実に豪華なインテリアに、ポルシェブランドのプライドを垣間見る

ポルシェ カイエン ターボSポルシェ カイエン ターボS

ただ、ひとつだけ使い切れる装備がある。それは「ブレーキ」。ポルシェ自慢のアイテムだ。しかも、試乗車にはオプションパーツの「ポルシェ・セラミックコンポジットブレーキ」が装着されていた。

軽量でよく働くこいつの役割は大きい。運動エネルギーを瞬時に熱に換え、それを一瞬で冷やす。事実、ターンパイクの下りではその恩恵を垣間みられるシーンがあった。ガツン、という踏み応えに相当する制動距離を見せつける。オプション代「153万8,000円」というスモールカー一台分に相当する価格は伊達じゃない。

それに、イエローのキャリパーも見た目かなりクールだ。標準21インチというホイールとのマッチングもいい。

ポルシェ カイエン ターボS

また、インテリアにもカイエンターボSの醍醐味を見た。そこには、レーシーなポルシェという印象よりもウルトララグジュアリーブランドとしてのプライドがある。レザーシートやトリムなど、“このクラス”を選ぶ人を納得させる仕上がりだ。

それもそのはず、このクルマのプライスタグは1,977万円。オプションを含め、もはやベントレー・コンチネンタルシリーズにも迫りそうなレンジにある。

それにしても、今回の試乗ではポルシェがつくるとSUVもこうなる!というのをあらためて見せつけられた。

最近、510psの新型レンジローバー•スポーツの走りに感動したばかりだが、やはりポルシェも黙ってはいないということだ。まぁ、現実的にSUVとしてここまでの仕上がりは必要なのかわからないが、とにもかくにも刺激的である。

カイエンターボSはポルシェに対するマーケットの期待に十分すぎるほど応えている。

ポルシェ カイエン ターボSポルシェ カイエン ターボSポルシェ カイエン ターボSポルシェ カイエン ターボSポルシェ カイエン ターボS
前へ 1 2
この記事の画像ギャラリーはこちら
九島 辰也
筆者九島 辰也

外資系広告会社から転身、自動車雑誌業界へ。「Car EX」副編集長、「アメリカンSUV」編集長などを経験しフリーランスへ。その後メンズ誌「LEON」副編集長なども経験。現在はモータージャーナリスト活動を中心に、ファッション、旅、サーフィンといった分野のコラムなどを執筆。また、クリエイティブプロデューサーとしても様々な商品にも関わっている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 柳生の庄
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ポルシェ カイエンの最新自動車ニュース/記事

ポルシェのカタログ情報 ポルシェ カイエンのカタログ情報 ポルシェの中古車検索 ポルシェ カイエンの中古車検索 ポルシェの記事一覧 ポルシェ カイエンの記事一覧 ポルシェのニュース一覧 ポルシェ カイエンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる