ポルシェAG デザイナー 山下 周一氏 インタビュー|日本人デザイナーが世界を志した理由(2/3)

画像ギャラリーはこちら

“あの”911をデザインしたい!

2006年、ケン・オクヤマ(奥山 清行)さん(現・KEN OKUYAMA DESIGN 代表)、内田 和美さん(現・富山大学教授)に続き、ポルシェの歴史で3人目の日本人デザイナーとなった山下さん。ポルシェからのオファーは「非常に嬉しかった」。そして「“あの”911をデザインしたい!」と強く意気込んだことを良く覚えているという。

1963年、ドイツ・フランクフルトモーターショーで発表されたスポーツカー、初代「ポルシェ 911」は、50余年に渡り世界のスポーツカーを代表するモデルとして進化し続けてきた。コンパクトだった初代から比べれば、代を重ねるごとにボディサイズも随分と拡大しているはずなのだが、しかし歴代911は全て、どこからどう見ても“911”以外のナニモノでもないという不思議。デザインが果たす役割は非常に大きい。

そんなポルシェ「911」とは、一体どんなクルマなのだろう。

山下さんが入社した2006年当時、ポルシェでは既に大小さまざまなモデルが登場し、ラインナップを急速に拡充していた頃だ。そんな中でも「911は不文律である」と山下さんは明言する。全ての中心には911があり、そこからボクスターやSUVのカイエンがあるという位置付けだ。それはもちろん今も、そしてこれからも変わらない。

911らしさとは、いったい何なのか

ポルシェの場合、新規プロジェクトについてはデザインスタジオの全員に参加する権利が与えらえている。新しいプロジェクトが立ち上がり、キックオフのオリエンテーションが実施されると、各デザイナーは自由に手を挙げることが出来るのだ。

山下さんも、911のプロジェクトに参加できたことは「オリンピックに参加出来たかのように強烈な喜びがあった」と話す。

プロジェクトが始まると、デザイナーたちはそれぞれの想いをぶつけながらスケッチを描く。中には相当にトガッたスケッチを描く人もいるのでは?と尋ねると、そうした画は「いつか淘汰されていくもの」と山下さんは話す。全てのデザイナーが、911の伝統的な不文律、言い換えれば「911らしさ」「ポルシェらしさ」に照準を合わせてデザインしているため、ブレたりすることはないという。

それではその「911らしさ」とは一体どういうことだろうか。

「もちろんその解釈は人それぞれです。ことデザイナーに関しては言語化というよりも、歴史的モデルのモチーフにインスパイアされることが多いです」。ある人は930のリアフェンダーに、またある人は917レーシングカーのショルダーラインにそれぞれ「ポルシェ」を感じ、その考察と現代的な解釈を加えてデザインを施していく。

そこで気になる最新911、タイプ992の話題に移っていく。

新型911(タイプ992)は“Timeless Machine”

新型911の発表会で掲げられていたメッセージは“Timeless Machine”(タイムレス・マシーン)。時代に左右されず、わが道を往く姿勢を表したものだ。実際に目の当たりにするととてもシンプルで、研ぎ澄まされたかたちだとわかる。

そしてサイドから見ても、正面から、後ろから、上から見ても、新型はやはり911である。山下さんも「まごうかたなき911」と新型を紹介していた。

中でも山下さんが推すのは、左右のリアランプを一直線に繋ぐLEDのライトストリップ。911らしさ全開のリアフェンダーからつながるワイドなフォルムを強調するものだ。山下さん曰く、薄暗い夜に見ると「“ビシっ!”と音が聞こえそうなくらい」キマッていると太鼓判を推す。

同様の意匠表現はパナメーラやカイエンなどの他モデルにも見ることが出来るが、テールゲートなどない911だけは、どこにも無粋な分割線が入ることもない。だから最も純粋に表現できたのだという。

目指したのは「さらにスポーティに、さらに力強く、さらにモダンにする」こと

911らしさを最も象徴するリア周りの造形は、ポルシェのデザイナーにとっても最も魅力的で挑戦しがいのある部分だと山下さんは話す。

RR(リアエンジン・リア駆動)という独特なレイアウトの関係で、前後のトレッド(左右タイヤ間の幅)が大きく異なるのがポルシェ911のメカニズムにおける特長で、それはまるで「猫を上からみたようなフォルム」(山下さん談)となる。

しかし新型のタイプ992ではフロント側もワイド化。ほぼリアと同じになった。おかげで992はコークボトルライン(コカコーラの瓶のようにくびれたフォルム)のグラマラスさや力強さがより強調された。

さらに空気の取り入れ口やマフラーといった様々な機能要素を、前後バンパー下の黒いインサート部にまとめシンプル化。ワイド感や低重心さを表現した。これまで別々の独立した存在だったリアガラスとリアエンジンの空気取り入れ口も、新型911では一体化させた。

このような様々なチャレンジが、新しい911を非常にシンプルでモダンなかたちに見せている。

ポルシェ/911
ポルシェ 911カタログを見る
新車価格:
1,398万円1,835万円
中古価格:
189.9万円4,270万円
ポルシェ/911カブリオレ
ポルシェ 911カブリオレカタログを見る
新車価格:
1,623万円2,060万円
中古価格:
279.7万円2,390万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 食べるお宿 浜の湯
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ポルシェ 911の最新自動車ニュース/記事

ポルシェのカタログ情報 ポルシェ 911のカタログ情報 ポルシェの中古車検索 ポルシェ 911の中古車検索 ポルシェの記事一覧 ポルシェ 911の記事一覧 ポルシェのニュース一覧 ポルシェ 911のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる