【注目SUV内外装比較】新型エクストレイルと新型アウトランダー、あなたの好みはどっち!?

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
画像ギャラリーはこちら
日本市場への登場が待ち遠しい2台のSUV、日産 新型エクストレイルと三菱 新型アウトランダーPHEV。アライアンスを結ぶ両社の2台はプラットフォームなどを共有する兄弟車となる。ここでは気になる両車の違いを比較していく!

スポーティなエクストレイルに対し、無骨なアウトランダー

2020年6月に北米で世界初公開された4代目新型エクストレイル。ボディサイズは全長4648mm×全幅1840mm×全高1689mm、ホイールベース2706mm(北米仕様「ローグ」2021年モデル)で、現行型の3代目エクストレイル(T32型)よりも約40mm短く、高さは約50mm程度低くなり、見た目にもスポーティ度が増している。

2021年2月にオンライン上で先行公開された新型アウトランダー。ボディサイズは全長4710mm×全幅1862mm×全高1748mm、ホイールベース2706mmで、現行アウトランダーPHEVから全長+15mm、全幅は62mmワイドに、全高は38mm高くなった。

新型エクストレイルのフロントマスクは、個性的な形状のLEDヘッドライトを採用したほか、Vモーショングリルデザインも新世代デザインへと格段の進化を遂げるなど、プレミアム度とアグレッシブさが増した印象だ。

リアサイドでは、立体感のあるフェンダー周りのデザインに、特徴的なリアアンダーカバーは一目でエクストレイルと分かるものとなっている。

新型アウトランダーでは、次世代のダイナミックシールドフロントフェイス、大径20インチタイヤとワイドボディを強調するフェンダー、重厚かつ堂々としたプロポーションを採用。

全体に優しい印象のフォルムだった現行型アウトランダーとは異なり、商品コンセプト『威風堂々(いふうどうどう)』をそのまま現したかのようなスクエアで力強さを増したボディデザインも特徴だ。

新型エクストレイルの内装では、上級グレードでキルティング加工が施されたセミアニリンレザーシートを採用。北米仕様ではタン、グレー、チャコールの3色からセレクト出来る。

メーターは12.3インチのデジタルダッシュボードへ、そしてセンターの大型ディスプレイは9インチのタッチ式へそれぞれ進化。10.8インチのヘッドアップディスプレイと合わせ3つのハイテクディプレイが並ぶ先進的なコックピットとなっている。

新型アウトランダーのインテリアは、触感や素材にこだわった上質なものに。

視認性と操作性に優れる大型のディスプレイの採用など、最新のトレンドもきっちり押さえているほか、スマートフォンのワイヤレス充電機能の新採用など、大幅に質感と利便性を向上している。

また、国内導入される新型アウトランダーPHEVでは3列シートが導入される。シートレイアウトは2+3+2となる見込みで、2列目シートは3人掛けとなるようだ。

ここまで新型エクストレイルと新型アウトランダーを比較して紹介してきたが、特に細部のデザインなどは、フォトギャラリーもぜひチェックしてみてほしい。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

日産/エクストレイル
日産 エクストレイルカタログを見る
新車価格:
248.3万円412.5万円
中古価格:
22.8万円437.1万円
三菱/アウトランダーPHEV
三菱 アウトランダーPHEVカタログを見る
新車価格:
393.9万円529.4万円
中古価格:
129.1万円452.6万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者望月 達也(MOTA編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

日産 エクストレイルの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 エクストレイルのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 エクストレイルの中古車検索 日産の記事一覧 日産 エクストレイルの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 エクストレイルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる