忖度抜きでサクッとレビュー! “日産 リーフ AUTECH” の良いトコ 悪いトコ【マルとバツ】

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:小林岳夫

MOTA編集部員のサクッとインプレッション♪

今回で4回目の掲載となるMOTA新連載企画「マルとバツ」。

“マルとバツ”は、その名の通りMOTA編集部員がサクッと試乗したクルマの“良いトコ”と“悪いトコ”をチョロッとお届けするコーナーだ。

もちろんサクッとお届けするからには、「最大出力が~」とか「エンジンが~」とか「ハンドリングが~」というお堅い話は一切抜き! なので是非、読者の皆さんにも指で画面をサラッとスクロールしていただいて、気軽に読んでもらいたい。そして少しでも当記事で紹介するクルマに魅力を感じ、興味を持っていただければ幸いだ。

今回の試乗モデルは日産 リーフ AUTECH

前回のアウディ TTSクーペに続き、今回の試乗モデルは、日産 リーフ AUTECHだ。

リーフ AUTECHは、セレナ、ノート、エクストレイルに続くAUTECHブランドの第4弾となる。AUTECHは、スポーティでありながら高級感漂うスタイリングや、素材などの細部にもこだわりを持つユーザーに向けた、プレミアムスポーティをコンセプトにしたブランドだ。

故に、今回のリーフ AUTECHもなかなかプレミアムなデザインに仕上げられている。目立つところでは、フロントバンパーに専用色であるブルーに輝くシグネチャーLEDを採用したほか、その周囲には、AUTECHブランド車共通の表現であるドットパターンのフィニッシャーを施したことで、一目でAUTECHとわかるほど特徴的なデザインとなっている。

そこで今回は、AUTECHブランド第4弾ということを記念して“オトナ×ブルー”なリーフ AUTECHに試乗したMOTA編集部員5名のリアルな声をお届けしよう!

>>AUTECHブルーが美しい! リーフAUTECHを画像で見る

サクッとインプレッション♪ 編集部員K.K

良いトコ

AUTECHブルーによる高級感を感じる。EVならではの静寂性とデザインがマッチしている。

悪いトコ

運転席にフットレストが欲しい。樹脂部分の仕上げが粗く、せっかくのレザーステアリングがもったいない。

サクッとインプレッション♪ 編集部員T.M

良いトコ

ノート、セレナ、エクストレイル同様、AUTECHブルーのボディカラー・装飾パーツにより、高級感が一層アップ。走りの質感同様、落ち着いた大人にピッタリな1台となっている。

悪いトコ

強いて言えば、後席にもアームレストが欲しかった。

サクッとインプレッション♪ 編集部員K.N

良いトコ

e-ペダル入門編にピッタリ。割とスポーティで運転そのものも楽しめる。どちらかというと都会向けっぽく、効率的なカーライフを送れそう。

悪いトコ

e-ペダルは効率的で維持費軽減にもなるけど、慣れるのに時間が掛かりそう。また思い通りに止めれる速度域があまり高くない。

サクッとインプレッション♪ 編集部員H.T

良いトコ

足回りもしっかりしていて、トルクフルで加速感もあり随分とスポーティな印象。コーナーからの立ち上がりや、レスポンスの良さが楽しい。eペダルモードは慣れればブレーキとアクセルの踏み替えが減って、運転は楽になると思う。AUTECHの内装仕上げは落ち着きがあり、EVならではの静かさも相まって高級車に乗っている気分になった。

悪いトコ

オン・オフしかできないようなアクセルワークが雑な人には向かなそう。eペダルモードだと、MTで1速に入れている気分。ノーマルよりもさらに繊細なアクセルワークが必要なので、慣れるまではむしろ疲れそう。外観や内装にネガティブな印象はなかった。

サクッとインプレッション♪ 編集部員G.K

良いトコ

ガソリン車では味わえない加速感は好印象。エコモードとeペダルを解除したらさらに良い! またAUTECHならではのブルーベースのシートや、ステアリングのステッチがオシャレ。

悪いトコ

シートの位置が基本的に高めなので、もう少し低くしてほしいのと、テレスコがないのが残念。リアシートにアームレストが欲しい。あとリアのカップホルダーがドアポケットにしかないのも要改善! モニター画面をもう少し大きく!

まとめ

といった感じで、評価を総合すると「エコスポーティな運転を楽しみたい人」に向いているという印象だった。

5人の中の意見でもっとも目立っていたのは、やはりAUTECHデザインの質感の良さではないだろうか。AUTECHはもともと日産の少量限定生産車を含む特装車および部用品を手掛ける会社ということもあってか、その随所にAUTECHとしてのこだわりを感じられるデザインになっている。

また乗り心地に関してもスポーティで、ガソリン車では味わえないEVならではの加速感を楽しめるようになっている。是非EV初心者の方にオススメしたいモデルだ。

逆に悪かったところ、というかリーフに乗り慣れていない人の場合は、慣れるまでに時間が掛かりそうだな、という印象だった。

ただ悪いとこを挙げるとしても、“慣れが必要”ということくらいしかないので、かなり完成度が高いモデルだということは確かだ。なので「次はEVを買いたい!」という方は、是非一度試乗して、確かめてみてはいかがだろうか。

次回は、三菱を代表するクロスオーバーSUV エクリプスクロス(クリーンディーゼルモデル)をサクッとレポート!

[筆者:MOTA編集部/撮影:小林 岳夫]

【MOTA編集部員が様々な車に試乗してサクッと感想を述べる不定期連載「マルとバツ」 次回もお楽しみに!】

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おごと温泉 びわ湖花街道
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 リーフの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 リーフのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 リーフの中古車検索 日産の記事一覧 日産 リーフの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 リーフのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる