「ジコゼロ」に向け、マクロミルと豊田都市交通研究所がシステムを共同開発 ~豊田市ヒヤリハット体験マップ2022を公開~


株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役社長 グローバルCEO:佐々木徹 以下、マクロミル)と、公益財団法人豊田都市交通研究所(所在地:愛知県豊田市、理事長:太田稔彦 以下、豊田都市交通研究所)は、一般財団法人トヨタ・モビリティ基金(所在地:東京都文京区、理事長:豊田章男 以下、トヨタ・モビリティ基金)の支援を受け、愛知県豊田市全域のヒヤリハット体験を調査し、データを可視化する「豊田市ヒヤリハット体験マップ2022」を公開しました。





「豊田市ヒヤリハット体験マップ2022」とは

URL: https://2022.hiyari-result.com/

交通事故死者数の削減に課題を抱える愛知県豊田市は、トヨタ自動車株式会社、豊田都市交通研究所、トヨタ・モビリティ基金とともに、交通事故死者数削減の実現に向けた官民連携事業「ジコゼロ大作戦(※)」を2021年に開始しました。この度公開した「豊田市ヒヤリハット体験マップ2022(以下、ヒヤリハット体験マップ)」は、「ジコゼロ大作戦」の一環として、マクロミルが参画する取り組みです。

ヒヤリハット体験マップは、豊田市民が体験した膨大なヒヤリハットの事象をデータとして収集・蓄積し、体験一つひとつの事象と共に、体験内容や事故統計データから予測した死亡事故が起こる可能性が高い場所をWebマップ上に公開したものです。市民や学校、自治体や事業者等と共有することで、交通事故死者数削減の取り組みを支援します。




※:ジコゼロ大作戦
豊田市報道発表資料: https://www.city.toyota.aichi.jp/pressrelease/1044523/1044703.html
トヨタ・モビリティ基金プレスリリース: https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/35682024.html


開発背景


豊田都市交通研究所は、2014年と2019年にも大規模調査を行い、ヒヤリハット体験マップを作成、公開してきました。しかし、紙ベースの調査票を配布・回収していたため、調査に協力する学校や回答者への負担が大きく、さらに、回答結果を電子データ化するために多くの時間とコストを要するという課題がありました。

マクロミルは、この「ジコゼロ大作戦」の社会的意義に強く共感するとともに、マーケティングリサーチ業界のリーディングカンパニーとして、調査の課題解決に貢献するべく、2021年より「ヒヤリハット体験の収集と活用プロジェクト(プロジェクトリーダー:豊田都市交通研究所 主席研究員 加藤秀樹)」に参画しました。オンラインリサーチ事業で培った経験と強みを活かし、スマホ等からヒヤリハット体験を簡単に入力できる「Web調査システム」の開発と、それらの調査結果をわかりやすくWebマップ上で可視化する「ヒヤリハット体験マップ」の企画提案とシステム構築を行いました。

その結果、2022年に実施したヒヤリハット体験調査では、多くの市民のヒヤリハット体験を収集することができ、豊田市全域で約6,000箇所におよぶヒヤリハット体験をマップで公開しました。



今後の取り組み


マクロミルと豊田都市交通研究所は、本取り組みを通じて豊田市における交通事故死者数の削減を実現するとともに、全国の自治体に活用いただくことで、全国の交通事故死者数の削減にも貢献してまいります。

以上


【ヒヤリハット体験調査に関する報告】
豊田都市交通研究所が開催する「126回まちべん」(市民の皆様との勉強会)で本調査の概要・結果を報告します。オンライン(ZOOM)参加も可能です。お問い合わせやお申し込みについては、以下の通りです。




■株式会社マクロミルについて

マクロミルは、国内オンラインリサーチ業界のリーディングカンパニーです。市場シェアNo.1※の豊富なリサーチ実績とノウハウ、世界21カ国で50拠点を展開するグローバルネットワーク、独自に構築した消費者パネルから得られる多種多様なデータを活用し、お客様のマーケティング課題の解決に向けて最適なソリューションを提供します。創業時から育んできたデータネイティブな発想で、お客様のビジネスに成功をもたらすData Culture構築の原動力となることを目指します。

(※オンライン・マーケティング・リサーチ市場シェア=当社単体及び株式会社電通マクロミルインサイト、株式会社H.M.マーケティングリサーチのオンライン・マーケティング・リサーチに係る売上高(2022年6月期)÷一般社団法人日本マーケティング・リサーチ協会(JMRA)によって推計された日本のMR業界市場規模・アドホック調査のうちインターネット調査分(2021年分) (出典:一般社団法人日本マーケティング・リサーチ協会(JMRA) 2022年6月17日付第47回経営業務実態調査))

【株式会社マクロミル 会社概要】
代表者:代表執行役社長 グローバルCEO 佐々木徹
本社:東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー 11F
設立:2000年1月31日
事業内容:マーケティングリサーチおよびデジタルマーケティングソリューションの提供
売上高:49,810百万円(2022年6月期)
URL: https://www.macromill.com


■公益財団法人豊田都市交通研究所について

代表者:理事長 太田稔彦
所在地:愛知県豊田市元城町3−17 元城庁舎西棟4F
設立:1991年3月1日
事業内容:都市交通に関する調査・研究
基本財産:3,000百万円
URL: https://www.ttri.or.jp


企業プレスリリース詳細へ

プレスリリース提供:PR TIMES

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 那須別邸 回

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる