メルセデス・ベンツのコンパクトSUV電気自動車 新型EQA発売! 価格は640万円〜

画像ギャラリーはこちら
2021年4月26日(月)、メルセデス・ベンツ日本は電気自動車第二弾となる「EQA」を発売した。価格は640万円(税込)でフル充電で422km(WLTCモード)走行できるという。第一弾モデルのEQCは大柄なSUVであったが、今回はコンパクトサイズSUVで、日本の道路環境に適したサイズである。果たしてどんなクルマなのか?
目次[開く][閉じる]
  1. ちょうどいいサイズ! 新型EQAのサイズはヴェゼルとほぼ同じ
  2. 東京〜浜松間なら余裕で往復できる! フル充電で422キロ走行可能
  3. 価格もサイズも見事! もしやEV普及の起爆剤なるか?

ちょうどいいサイズ! 新型EQAのサイズはヴェゼルとほぼ同じ

新型EQAはコンパクトSUVのGLAクラスのいわば電気版というイメージで、エクステリアデザインは専用となっているが、内装はほとんど同じ。唯一異なるのは電気自動車ならではのパワーメーターが備わっている程度である。

EQAのボディサイズは全長4465mm×全幅1835mm×全高1525mmと、先ごろ発売された新型ヴェゼルは全長4330mm×全幅1790mm×全高1590mmと比べてみても、かなり近いサイズと言える。

先にも述べた通りメルセデス・ベンツの電気自動車第一弾モデルであるEQCは大柄であったために、今回のEQAはかなり現実的な選択となりそうだ。

東京〜浜松間なら余裕で往復できる! フル充電で422キロ走行可能

新型EQAはフロントにモーターを搭載した前輪駆動モデルで、最高出力190ps、最大トルク370N・mを発揮する。搭載するバッテリー容量は66.5kWhで、フル充電で422km(WLTCモード)を走行できるという。

電気自動車といえば、エンジン車にはない静粛性が魅力だが、EQAはその静かさをより強固なものにするため、バッテリーの搭載方法にこだわったという。それにより従来の電気自動車よりもさらに高い静粛性、さらにはモーターからの振動や騒音が車内に伝わらない構造を採用している。

価格もサイズも見事! もしやEV普及の起爆剤なるか?

新型EQAはメルセデス・ベンツにとって第二弾の電気自動車である。先に登場したEQCは1080万円〜と高価格帯モデルであった。今回のEQAも決して安くはない価格だが、今流行りのコンパクトSUV、そして日本の道路環境にも適したサイズのために、かなり注目を集めることとなるだろう。

エアコンなど実際の使用環境でどれほどの航続距離を担保してくれるのか? など詳しい使い勝手などは後日ご紹介する予定だ。

【筆者:MOTA編集部】

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 渓谷に佇む隠れ宿 峡泉
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

メルセデス・ベンツの最新自動車ニュース/記事

メルセデス・ベンツのカタログ情報 メルセデス・ベンツの中古車検索 メルセデス・ベンツの記事一覧 メルセデス・ベンツのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる