プジョーの二輪部門から、レトロでかわいいスクーターの新モデルが登場

クラシカルなデザインと現代的な利便性を両立

プジョーの2輪部門「プジョー・モトシクル」製品の日本総代理店を務めるアディバは、同ブランドのスクーター「プジョー・ジャンゴシリーズ」の2019年モデルとして、125ccのニューモデル3機種を2019年2月22日より発売した。

◆キュートなピンクのカラーリングもあり! プジョーのスクーターを写真でチェック

ジャンゴは、1950年代に販売された「プジョー S55」を現代に復刻させたネオレトロスクーター。クラシカルなスタイルながらも、 ABS、 スマートフォン用電源、 LEDテールランプなど最新の装備が採用されるなど、使い勝手の良さが特長となっている。

シート下には充分な収納力を備え、 タンデムでの小旅行も可能。エンジンは空冷単気筒125ccエンジンを搭載し、心地よいエンジンフィーリングを演出している。

各モデルの概要:ジャンゴ 125 ABS

ジャンゴシリーズで最もシンプルなモデル。価格は375,840円(税込み)。カラーは「マットグレー」(写真左)と「ディープピンク」(写真右)の2色。

各モデルの概要:ジャンゴ 125 エバージョン ABS

クリームとビビッドな色によるツートンカラーが特長のモデル。タックロール&ホワイトパイピングを施したシートが装備されている。価格は386,640円(税込み)。カラーは「キャロットオレンジ」(写真左)と「ディープオーシャンブルー」(写真右)の2色。

各モデルの概要:ジャンゴ 125 スポーツ ABS

プジョーのレーシングスピリットが表現されたモデル。 ホワイトのセンターストライプとレーシングゼッケン、 そしてブラックアウトされたシート&足回りがスポーティなイメージを演出する。価格は386,640 円(税込み)。カラーは「ディープオーシャンブルー」(写真左)と「サテンチェリーレッド」(写真右)の2色。

プジョー・ジャンゴシリーズ 概要

販売開始日

2019年2月22日

主要諸元

・全長 × 全幅 × 全高:1,925mm × 710mm × 1,190mm

・ホイールベース:1,350mm

・シート高:770mm

・乾燥重量:129kg

・エンジン:空冷4ストローク SOHC2バルブ単気筒

・最高出力:7.5kW(10.2PS) / 8,500rpm

・最大トルク:8.9N・m( 0.9kgf・m) / 7,000rpm

・燃料供給方式:インジェクション

・始動方式:セルフ式

・燃料タンク容量:8.5L

・変速方式:オート

・フロントサスペンション:油圧式テレスコピック

・リアサスペンション:油圧式ショックアブソーバー(5段階調整可)

・フロントタイヤ:120/70 - 12"

・リアタイヤ:120/70 - 12"

・フロントブレーキ:ディスク(ABS)

・リアブレーキ:ディスク

・保証:新車登録時から2年間/走行距離無制限

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテルふたりこもれ陽
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

プジョーの最新自動車ニュース/記事

プジョーのカタログ情報 プジョーの中古車検索 プジョーの記事一覧 プジョーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる