MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース スバル 新型フォレスター|予防安全性能評価で最高ランクのASV+++を獲得

自動車ニュース 2018/11/29 18:36

スバル 新型フォレスター|予防安全性能評価で最高ランクのASV+++を獲得

スバル 新型フォレスター Advance(アドバンス)
スバル 新型フォレスター Advance(アドバンス)スバル 新型フォレスター Advance(アドバンス)スバル 新型フォレスター Advance(アドバンス)スバル 新型フォレスター Advance(アドバンス)画像ギャラリーはこちら

アイサイトと歩行者保護エアバッグを全車標準装備

スバルは2018年11月29日、同年7月にフルモデルチェンジを受け発売された新型フォレスターが、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が実施する、2018年度予防安全性能アセスメントにおいて、最高ランクであるJNCAP「予防安全性能評価 ASV+++(エー・エス・ブイ・トリプルプラス)」を獲得したと発表した。

スバル 新型フォレスタースバル 新型フォレスター

2018年度予防安全性能アセスメントは、従来からの衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)[対車両] [対歩行者(昼間)]、車線逸脱抑制装置(LDPS)、後方視界情報提供装置に加え、新たに衝突被害軽減制動制御装置[対歩行者(夜間街灯あり)]、ペダル踏み間違い時加速抑制等の試験を実施。

同試験において新型フォレスターは、122.3点(126点満点)で最高ランクの「予防安全性能評価 ASV+++」を獲得した。

スバルはこれまでに実施されたJNCAP予防安全性能アセスメントにおいて、アイサイトを搭載するすべての車種が最高ランクを獲得しており、アイサイトを核とした予防安全性能の高さを実証してきている。

新型フォレスターではアイサイトを全車標準装備することに加え、万一の事故の際、歩行者の頭部への被害軽減を図る歩行者保護エアバッグも全車標準装備するなど、さらなる安全性能を追求したことも大きな特徴の一つだ。

またスバルは、中期経営ビジョン「STEP」で掲げる「2030年に死亡交通事故ゼロを目指す」に向けて、安心・安全への取り組みをさらに強化していく構えだ。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

スバル フォレスター の関連編集記事

スバル フォレスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル フォレスター の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR