autoc-one.jp 記事・レポート 特集 フォトギャラリー 見た目以上に大幅刷新されたスバル 新型フォレスターを写真でチェック!

フォトギャラリー 2018/11/7 19:34

見た目以上に大幅刷新されたスバル 新型フォレスターを写真でチェック!

スバル 新型フォレスター
スバル 新型フォレスター X-BREAKスバル 新型フォレスター Advance(アドバンス)スバル 新型フォレスター Advance(アドバンス)スバル 新型フォレスター Advance(アドバンス)画像ギャラリーはこちら

スバルの屋台骨を支える人気車種

スバル 新型フォレスター Advance(アドバンス)

1997年に初代が登場し、5代目に当たる新型フォレスターは、7月に2.5リッターNAエンジンモデルが先行して発売され、モデル初となるハイブリッド「e-BOXER」搭載モデルは9月に発売されました。

日本でスバルと言えばレガシィから始まるステーションワゴンや、WRCの印象が強いインプレッサの存在感が際立っており、クロスオーバーSUVのフォレスターは少々影の薄い存在かもしれません。

ところが、世界規模で見た場合、フォレスターの販売台数はスバル全体の1/3を占めるほどで、特に北米での人気は目を見張るものがあります。

>>スバル 新型フォレスターの写真をもっと見る【全202枚】

広く低くなって安定感がアップ

先代(4代目)と比べてあまり代わり映えしないという意見もありますが、実際には見た目の安定感と落ち着きが増したスタイリングに進化。

実際のサイズを比較すると、全長は15~20mm長くなり全幅は20mm拡大。さらにホイールベースは30mm伸ばされたことで、先代よりもワイド&ローな印象になっています。

SUVらしい力強さを加えたエクステリア

スバル 新型フォレスター Advance(アドバンス)スバル 新型フォレスター Advance(アドバンス)

新型フォレスターのデザインは、実用性と見た目の良さを兼ね備えた「モダンキュービックフォルム」と言う考え方を盛り込み、スバルのデザイン哲学である「ダイナミック×ソリッド」を全面採用。

基本的な方向性はキープコンセプトでありながら、サイドのキャラクターラインやボリューミーなフェンダー形状、強調されたフロントフェイスのプレスラインなどの影響で、SUVらしい筋肉質でたくましさを感じるデザインです。

アクティブからラグジュアリーまで揃えたインテリア

スバル 新型フォレスター X-BREAK(2.5リッターガソリンエンジン)スバル 新型フォレスター Advance(アドバンス)

インテリアは新型インプレッサと同じデザインを採用しますが、適度にSUVらしい男っぽさを残しながら、よりアクティブかつ上質で大人びた印象を受けます。

もっともアクティブなキャラクターである「X-BREAK」には、撥水性のある生地を採用し、レッドオレンジのステッチがSUVらしさを演出。

一方、ラグジュアリー感の強い「Premium」や、e-BOXERを搭載した「Advance」には、標準で黒をベースに落ち着いた印象の生地が使われ、シルバーのステッチが施されます。

また、メーカーオプションで、シルバーステッチの入った黒またはブラウンの本革シートも選択可能(Premiumは黒のみ)です。

パワートレインはよりマイルドなものに進化

スバル 新型フォレスター Advance(アドバンス)スバル 新型フォレスター Advance(アドバンス)

新型フォレスターに用意されるパワートレインは、2.5リッターのNAと2.0リッターNAエンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」の2種類で、組み合わされるトランスミッションはCVTのリニアトロニックのみとなります。

ターボとMTの設定がないということが、新型フォレスターの大きな話題の一つにもなりました。これまでターボエンジンの速いSUVという印象があったフォレスターですが、4代目に至っては、ターボモデルの売れ行きはフォレスター全体の2割程度。さらにMTに至ってはさらに販売比率が低くなっていたとのことなので、ターボとMTの消滅は自然な流れなのかもしれません。

プラスαの余裕を持った2.5リッター直噴エンジン

スバル 新型フォレスター X-BREAK(2.5リッターガソリンエンジン)

最高出力184ps、最大トルク24.4kgmを発生し、数値的には極平凡なものになっていますが、実用域のトルクアップとレスポンスのいいリニアトロニックの組み合わせにより、スペック以上の力強さと実用域のドライバビリティが向上しています。

より自然なトルク特性が特長のe-BOXER

スバル 新型フォレスター

2.0リッターのNAエンジンに組み合わされるモーターは10ps/65Nmというスペックで、フルハイブリッドのモデルと比較すると少々非力にも思えますが、モーターはあくまでエンジンの補完的な位置づけに過ぎません。

また、いかにもハイブリッドらしい演出をせず、自然でなめらかな味付けがなされていることが大きな特長です。

先進の安全装備はスバルが持つもう一つのお家芸

スバル 新型フォレスター X-BREAK(2.5リッターガソリンエンジン)スバル 新型フォレスタースバル 新型フォレスター Advance(アドバンス)

日本の自動車メーカーの中で、いち早くステレオカメラを用いた安全装備を市販化(1999年5月発売:ランカスター ADA)したスバルらしく、新型フォレスターにも最新の安全装備が備わっています。

全車に標準装備される「アイサイトツーリングアシスト」は、緊急時の自動ブレーキはもちろん、0km/h〜約120km/hの幅広い車速域で、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動でアシストし、運転負荷を大幅に軽減してくれます。

スバル 新型フォレスターの主要スペック

スバル 新型フォレスターの主要スペック
グレードアドバンスプレミアムX-BREAK
全長×全幅4625×1815
全高1715mm1730mm
ホイールベース2670mm
車両重量1640kg1530kg
乗車定員5人
エンジン種類2L水平対向4気筒 DOHC

16バルブ デュアルAVCS直噴

2.5L水平対向4気筒 DOHC

16バルブ デュアルAVCS直噴

排気量1995cc2498cc
エンジン最高出力107kW(145ps)/6000rpm136kW(184ps)/5800rpm
エンジン最大トルク188N・m(19.2kgm)/4000rpm239N・m(24.4kgm)/4400rpm
モーター最高出力10kW(13.6ps)--
モーター最大トルク65N・m(6.6kgm)--
駆動方式AWD(常時全輪駆動)
トランスミッションリニアトロニックCVT(マニュアルモード付)
JC08モード燃費18.6km/L14.6km/L
WLTCモード燃費14.0km/L13.2km/L
市街地モード燃費11.2km/L9.6km/L
郊外モード燃費14.2km/L14.6km/L
高速モード燃費16.0km/L16.4km/L
価格(消費税込)309万9600円302万4000円291万6000円

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

スバル フォレスター の関連編集記事

スバル フォレスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル フォレスター の関連編集記事をもっと見る

スバル フォレスター の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR