autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ センチュリーを21年ぶりにフルモデルチェンジ!価格は1960万円

自動車ニュース 2018/6/22 13:30

トヨタ センチュリーを21年ぶりにフルモデルチェンジ!価格は1960万円

トヨタ 新型センチュリー
トヨタ 新型センチュリートヨタ 新型センチュリートヨタ 新型センチュリートヨタ 新型センチュリー画像ギャラリーはこちら

V型12気筒からV8+ハイブリッドに進化

トヨタ センチュリー(初代:1967年)

トヨタは、センチュリーを21年ぶりにフルモデルチェンジし、2018年6月22日より発売した。価格は1960万円(消費税込)で、月販目標台数は50台としている。

先代センチュリーのV型12気筒5リッターエンジンに代わり、新型はV型8気筒5リッターにハイブリッドシステムを加え、環境性能も大幅に向上した。

フォトギャラリー>>どこが変わった?新型センチュリーの内外装デザインを隅々までチェック!(画像98枚)

センチュリーは1967年、トヨタグループの創始者である豊田佐吉氏の生誕100年を記念して発売された。以来、50年にわたり“日本を代表するショーファーカー”として、各界のエグゼクティブに愛用されている。

21年ぶりのフルモデルチェンジとなる三代目センチュリーは、「継承と進化」を開発テーマとした。匠の技と高品質のモノづくりを承継しつつ、ハイブリッド化による高い環境性能と、新しい魅力を付与した内外装デザイン、ショーファーカーとしてふさわしい先進・快適装備を付与。乗り心地、静粛性、走行安定性を一段と向上させている。

伝統と品格を守りながら“華”を感じさせる外形デザイン

トヨタ 新型センチュリー

新型センチュリーのボディサイズは、全長×全幅×全高が5335mm×1930mm×1505mm。ホイールベースは3090mmと堂々たるサイズだ。先代センチュリーに比べ、全長で65mm、全幅で40mm、全高で30mm、ホイールベースで65mmも拡大した。

・日本の美意識に通じる静的な均整感を保ちながら、後席を上座とする独自の思想を造形に表現。サイドビューは、あえて傾斜を立てた重厚なクォーターピラーにより後席の存在感を強調し、ショーファーカーにふさわしく、一目でセンチュリーと分かるデザインにした。

・サイドボディはドア断面の美しいカーブを追求するとともに、ショルダー部のキャラクターラインには“几帳面”と呼ばれる、平安時代の屏障具の柱にあしらわれた面処理の技法を採用。端正に並んで走る2本の線を角として研ぎ出し、わずかな隙に淀みなく通した面を1本の線として際立たせることで、高い格調を与えている。

・センチュリーの象徴であるフロントセンターの“鳳凰”エンブレムは、工匠が金型を約1ヵ月半かけて丁寧に手で彫り込み、躍動する翼のうねりや繊細な羽毛の表情を鮮やかに描き出している。さらにエンブレムを彩る縦格子のフロントグリル奥に、“七宝文様”を配置し、前後二重構造にすることで、品位ある華を表現している。

・新規開発色のエターナルブラック“神威(かむい)”は、漆黒感を高める黒染料入りのカラークリアなど7層もの塗装に、研ぎと磨きを加えて奥深い艶と輝きを追求した。日本の伝統工芸の漆塗りを参考に、流水の中で微細な凹凸を修正する水研ぎを3回実施し、さらにその後、一点のくもりも残さないよう、鏡面仕上げを施している。

フォトギャラリー>>新型センチュリーのエクステリアデザインをチェック!

後席のVIPをもてなす至高の室内空間

トヨタ 新型センチュリー

・65mm延長したホイールベースを後席スペースの拡大に充てることで、乗員の膝まわりや足元に十分なゆとりを提供。加えて、後席のスカッフプレートとフロアの段差を従来型より15mm縮小することにより、フロアマット装着時にはフラットとなり、さらに乗り降りしやすくなった。

・本杢オーナメントで前後席の空間を区切りながら、“折り上げ天井様式”を取り入れ、天井には紗綾形(さやがた)崩し柄の織物をあしらい、後席の核の高さを表現した。

・無段階に調整可能な電動オットマンや座り心地を追求しtリフレッシュ機能付(左後席のみ)電動リアシートを採用した。

・11.6インチリアシートエンターテインメントシステムを搭載するとともに、12chオーディオアンプと20個のスピーカーを最適配置し、臨場感あふれる空間を創出している。また、後席アームレストの7インチ大型タッチパネルから、オーディオに加え、エアコン、シート、リフレッシュ機能、カーテンなどを操作できる。

フォトギャラリー>>どこが変わった?新型センチュリーの内外装デザインを隅々までチェック!(画像98枚)

V8 5リッター ハイブリッドシステムが実現する余裕に満ちた走りと、匠の技が実現する静粛性

トヨタ 新型センチュリー

・V型8気筒5リッターハイブリッドシステムを新搭載し、ショーファーカーに求められるスムーズで余裕に満ちた走りと、高い環境性能を両立している。JC08モード走行燃費は13.6km/Lとなる。

・熟練の匠が時間と手間をかけ、防音材を隙間なく組み付けるなど、徹底的な防音対策を施した。加えて、エンジン起動時の音や振動にはアクティブノイズコントロールで対応し、圧倒的な静かさを実現した。

・AVS機能付電子制御エアサスペンションを採用したほか、構造用接着剤によるボディ剛性の向上、乗心地に特化した新開発のタイヤ、サスペンションアームやブッシュ、マウントなどのゴム部品にいたる細部までチューニングを施し、ソフトで目線の動きが少ないフラットな乗り心地を実現した。

ハイブリッドシステムの主要諸元

エンジン型式2UR-FSE
排気量4968cc
最高出力280kW[381PS]/6200rpm
最大トルク510Nm・[52.0kgf・m]/4000rpm
モーター最高出力165kW[224PS]
最大トルク300N・m[30.6kgf・m]
システム全体317kW[431PS]
駆動用バッテリーニッケル水素

VIPを守り抜く先進の安全性能

トヨタ 新型センチュリー

・「Toyota Safety Sense」を新搭載するとともに、隣車線の死角を走る両車を検知する“ブラインドスポットモニター”や、周辺状況を検知して駐車支援する“パーキングサポートアラート”を採用している。

Toyota Safety Senseの機能

・前方の車両や歩行者(昼間)を検知し、衝突回避支援または被害低減を図る“プリクラッシュセーフティ(PCS)”

・車線を逸脱する可能性があると判断した場合に、警報を発するとともにステアリングを制御する“レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)”

・先行車と適切な車間距離を保って追従する“レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)”

・片側24個のLEDの点灯・消灯を制御し、先行車や対向車に対して遮光しながらハイビームを照射する“アダプティブハイビームシステム(AHS)”

・ヘルプネット(エアバッグ連動付)を新たに採用し、事故や急病時には専門のオペレーターが警察や消防に取り次ぐほか、エアバッグ作動時には自動でオペレーターに接続する。また、車両データを基に重症度を推定して、ドクターヘリ等の早期出動判断を行うD-Call Netにも対応している。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

トヨタ センチュリー の関連編集記事

トヨタ センチュリーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ センチュリー の関連編集記事をもっと見る

トヨタ センチュリー の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR