autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、デイズシリーズに前進時に歩行者を検知する踏み間違い衝突防止アシストを搭載

自動車ニュース 2018/5/29 13:41

日産、デイズシリーズに前進時に歩行者を検知する踏み間違い衝突防止アシストを搭載

日産 デイズルークス/2018年5月一部仕様向上
日産 デイズ/2018年5月一部仕様向上日産 デイズルークス/2018年5月一部仕様向上日産 デイズ/2018年5月一部仕様向上日産 デイズ/2018年5月一部仕様向上画像ギャラリーはこちら

日産はデイズおよびデイズルークスの一部を仕様向上し、2018年5月28日より発売した。価格(消費税込)は、デイズが108万8640円~164万1600円、デイズルークスが124万5240円~188万6760円。

>>改良したデイズとデイズルークスを画像でチェック!ボディカラーラインアップも(67枚)

歩行者を検知する自動ブレーキを初搭載、対車両の作動車速域も拡大

日産 デイズ、デイズルークス/2018年5月一部仕様向上

今回の仕様向上では、デイズおよびデイズルークスで全車標準設定している、衝突回避を支援する「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」の性能を向上させた。レーザーレーダー方式からカメラ方式に変更し、新たに約10km/h~60km/hの車速域で歩行者に対しても作動するよう仕様向上するとともに、車両に対する作動車速域を約10km/h~80km/hと拡大した。

アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」についても、レーザーレーダー方式からソナーおよびカメラ方式に変更し、前進時に歩行者に対しても作動するよう性能を向上している。

また、後進時についても壁などの障害物に対して作動するよう機能を追加。従来の加速抑制機能に加え、前後進時とも衝突するおそれがあると判断した場合に自動的にブレーキを作動させる低速衝突軽減ブレーキ機能を追加している。更に、ハイウェイスターグレードにおいて、LDW(車線逸脱警報)を標準設定した。

これら安全性の向上により、両車ともに、ハイウェイスターグレードは、経済産業省や国土交通省などが普及啓発をしている、安全運転サポート車、「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」のワイドに対応する。

3トーンカラーが新たに登場!

日産 デイズルークス/2018年5月一部仕様向上

ボディカラーは、デイズとデイズルークス共に、従来の設定色のうち、プレミアムオリーブメタリック、アッシュブラウンメタリック、スターリングシルバーメタリックの3色を追加し、見比べるだけでイメージが広がる多彩なカラーバリエーションから選択することが可能となった。

さらに、デイズルークスには、軽やかで親しみのある雰囲気を演出するアイスブルーのボディにホワイトのルーフの2トーンカラーと、甘すぎず飽きのこない大人の遊び心を演出するプレミアムオリーブメタリックのボディにホワイトのルーフとアッシュブラウンメタリックのサイドミラーを組み合わせた3トーンカラーを新たに設けた。

>>改良したデイズとデイズルークスを画像でチェック!ボディカラーラインアップも(67枚)

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

日産 デイズ の関連編集記事

日産 デイズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 デイズ の関連編集記事をもっと見る

日産 デイズ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR