autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フィアット、500Xに7インチ大型タッチパネルモニター採用

自動車ニュース 2018/2/27 10:47

フィアット、500Xに7インチ大型タッチパネルモニター採用

Fiat 500X(フィアット チンクエチェントX)

FCAジャパンは、フィアット 500X(チンクエチェントX)に仕様変更を施し発売する。価格は、292万7000円~343万5000円(消費税込)。

>>フォトギャラリー

大型タッチスクリーンでスマートフォンを快適操作

Fiat 500X(フィアット チンクエチェントX)

500Xのラインアップは従来通り、充実した安全装備や機能を持つ4×2モデルの“Pop Star”をはじめ、レザーシートなどの豪華装備を持つ“Pop Star Plus”、専用エクステリアや高出力仕様エンジンおよび9速ATの採用などSUVとしてのルックスと走りを強化した4×4モデルの“Cross Plus”の3グレードが揃っている。

今回の仕様変更では、全モデルに最新世代のインフォテインメントシステム“Uconnect(ユーコネクト)”採用した。新世代のUconnectは、5インチから7インチへとサイズアップした大型タッチパネルモニターを備え、視認性や操作性が大幅に向上している。さらにApple CarPlayおよびGoogle Android Autoに対応し、タッチパネルモニターなどを介して目的地の検索や設定、ハンズフリー通話やメッセージの送受信、音楽再生などスマートフォンの機能が簡単に操作できるようになった。

また、センターコンソールに備わるUSBポート(iPod/iPhone対応)を従来の1ポートから2ポートへと増設。これにより2つのスマートフォンを同時に充電することも可能となり、移動時間をより有効に活用することができる。

このほか500Xは、バイキセノンヘッドライトをはじめ、コーナリングフロントフォグランプ、クルーズコントロール、デュアルゾーン式フルオートエアコン、パドルスイッチ、レーンデパーチャーウォーニング(車線逸脱警報)、START&STOPシステムなど豊富な装備を全車に標準装備している。なおドライブモードセレクターは今回の仕様変更からCross Plusのみに装備される。

このように500Xは充実した安全・アメニティ装備に加え、インフォテインメントシステムの大幅な機能アップにより、街乗りから長距離まで幅広いシーンにおいて、より安全で快適な移動空間を提供する。

なおボディカラーは、カプチーノ・ベージュ、ジェラート・ホワイト、パッション・レッド、アバター・ブルーに加え、新色ファッション・グレーの全5色を設定している。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

フィアット 500X の関連編集記事

フィアット 500Xの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フィアット 500X の関連編集記事をもっと見る

フィアット 500X の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR