autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、バイオマスから水素・電気・水を生み出す「トライジェン」をカリフォルニアに建設

自動車ニュース 2017/12/1 12:27

トヨタ、バイオマスから水素・電気・水を生み出す「トライジェン」をカリフォルニアに建設

関連: トヨタ
ロサンゼルス港で実証実験に使われるFC大型商用トラック

トヨタの北米事業体であるToyota Motor North Americaは、燃料電池発電事業を手がけるFuelCell Energy社とともに、燃料となる水素を生み出し、2.35メガワットの発電が可能な燃料電池発電所および水素ステーションを併設する「Tri-Gen(トライジェン)」を米国カリフォルニア州ロングビーチ港に建設すると発表した。

トライジェンでは、カリフォルニア州の畜産場の家畜排せつ物や汚泥等の廃棄物系バイオマスから水素を取り出し、溶融炭酸塩型燃料電池を用いて発電を行うことで、FC発電で排出される水も含め、再生可能エネルギーから水素・電気・水を生み出す。建設は2018年より開始し、2020年頃の稼働開始を予定している。

トライジェンは、これまでFuelCell Energy社が、米国エネルギー省、カリフォルニア州大気資源局(CARB)、カリフォルニア州の南部沿岸大気品質管理区(AQMD)などの公的機関や、核となる燃料電池関連技術の研究を行うカリフォルニア大学アーバイン校とともに、取り組みを進めてきた。

今回、トヨタとFuelCell Energy社が協力し、トライジェンの商用化に向けて、水素・電気・水を効率的に利用する仕組みの確立を目指す。

トヨタは、この取り組みを通じて、水素社会実現に向けたFC技術の応用拡大や水素インフラ拡充を推進するとともに、港湾エリアの大気改善に取り組むカリフォルニア州エネルギー委員会(CEC)やCARB、AQMDなどの環境改善目標達成にも貢献していく。

トライジェンで一日に発電する約2.35メガワットアワーの電力量は、米国の一般家庭約2350世帯分の日当たりエネルギー消費量に相当し、製造する水素約1.2トンは燃料電池自動車およそ1500台の日当たり平均走行距離に必要な充填量に相当する。

電力の一部と水は、北米でトヨタの物流事業を担うToyota Logistics Serviceのロングビーチ拠点に供給され、同拠点は、北米において、再生可能エネルギーの電力のみを使用するトヨタ初の施設となる。水素は、併設する水素ステーションなどを通じて、日本からロングビーチ港に輸送される新車配送前の燃料電池自動車「ミライ」や2017年10月より同港湾エリアで実証実験中のFC大型商用トラックなどの燃料充填に使用する。

FC大型商用トラックは、ミライのFCスタック(発電機)2基と12kWhの駆動用バッテリーを搭載することで、約500kWの出力と、約1800Nmのトルク性能を確保し、貨物を含めて総重量約36トンでの走行が可能。通常運行における推定航続距離は、満充填時で約320kmを見込んでいる。

なお、水素ステーションを併設するメガワット規模のFC発電施設は世界初の取り組みとなる。

トヨタ の関連編集記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連編集記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!