autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 今年はトヨタ 2000GT “ボンドカー”も登場!トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル

自動車ニュース 2017/5/1 10:21

今年はトヨタ 2000GT “ボンドカー”も登場!トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル

トヨタ 2000GT “ボンドカー”

トヨタの文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)は、自動車文化の醸成と継承を目的に、地域に根ざしたイベントとして「第28回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル」を5月28日(日)、愛・地球博記念公園で開催する。

愛・地球博記念公園をメイン会場に、1987年以前に製造された日米欧の一般参加のクラシックカーによる公道パレードの他、多彩なプログラムを展開する。

過去の開催の様子

今年はパレードのスタートに、発売後50周年を迎えるトヨタ 2000GTの、“ボンドカー”が登場。年代順に一般参加車両約150台が続き、トヨタ i-ROADなど次世代のクルマも走行するなど、クルマの進化を感じることができる内容となっている。

あわせて同会場では、東京オリンピック以降日本でモータリゼーションが急速に進み、本格的な国産スポーツカーが誕生したことを受け、「夢と憧れ-1960年代のスポーツカー」をテーマとした企画展示も行う。

トヨタ博物館収蔵のクラシックカーから、映画「007は2度死ぬ」のために作られたトヨタ 2000GT “ボンドカー”、2000GT同様、50周年となるロータリーエンジンを搭載したマツダ コスモスポーツ(展示のみ)、宝石のように鋭くカットされたボディラインのニッサン シルビア、大ベストセラーとなったフォード マスタング、その後のスポーツカーに影響を与えたジャガー Eタイプ ロードスターの、日米欧の5台を展示し、Classic Car Circuit(CCC)で走行披露する。

また、今年は名古屋商工会議所の協力を得て、「モノ+スゴ」プロジェクトとして次世代モビリティ(i-ROAD、コムス、Winglet)の体験試乗を行う。

開催概要

日時:5月28日(日)8:45~16:00(入場無料)、雨天決行

会場:愛・地球博記念公園(モリコロパーク)

参加車両:一般参加車両 約150台/トヨタ博物館収蔵車両10台 他

内容:パレード/車両展示、走行披露、記念撮影、同乗試乗会/次世代モビリティ体験試乗など

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

トヨタ 2000GT の関連編集記事

トヨタ 2000GTの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ 2000GT の関連編集記事をもっと見る

トヨタ 2000GT の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR