autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 待ちに待った3年ぶりの新型モデル!三菱 新型エクリプスクロスを日本初披露!

自動車ニュース 2017/4/20 12:15

待ちに待った3年ぶりの新型モデル!三菱 新型エクリプスクロスを日本初披露!

三菱 新型エクリプスクロス(欧州仕様)/モータースポーツジャパン2017

2017年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開された三菱の新型SUVの「エクリプスクロス」が日本で初めて公開された。

4月14日・15日に東京・お台場で開催されたモータースポーツジャパン2017のイベント会場で日本初お披露目されたのだが、久々の三菱の新型モデルということもあり、新型エクリプスクロスは多くの来場者の注目を集めていた。

三菱 新型エクリプスクロス(欧州仕様)/モータースポーツジャパン2017
三菱 新型エクリプスクロス(欧州仕様)/モータースポーツジャパン2017

新型エクリプスクロスは、コンパクトSUVのRVRとミッドサイズSUVのアウトランダー/アウトランダーPHEVのSUVラインナップに新たに加わるクーペタイプのクロスオーバーSUV。

今回展示されたのは欧州仕様車で、全長×全幅×全高は4405×1805×1685mm。4月に発表されたスバルの新型XVと同じくらいのボディサイズだが、クーペスタイルを採用したことでジャンルとしては中国で販売されているマツダ CX-4の立ち位置が近い。

エクステリアは、フロントフェイスに三菱の新たなデザインコンセプトである「ダイナミックシールド」が採用された。ダイナミックシールドはアウトランダーやRVRにも取り入れられているデザインで、左右のフェンダーがフロントマスクまで回り込み、ボディをガードするような印象を受ける。

リアまわりでは、リアウインドウを上下に分割する一直線のLEDテールランプが特徴的だ。

>>日本初公開の三菱新型エクリプスクロスの写真を見る

三菱 新型エクリプスクロス(欧州仕様)/モータースポーツジャパン2017

室内はブラックとシルバーのモノトーンで、スポーティでありながら上質な雰囲気のインテリアとしている。

また、三菱初のヘッドアップディスプレイや薄型ディスプレイオーディオ、タッチパッドコントローラーなど、最新のデバイスも採用されている。

搭載されるエンジンは1.5リッターガソリン直噴ターボエンジンと、2.2リッタークリーンディーゼルターボエンジンが用意され、日本ではディーゼルモデルが先行販売されることになるようだ。

今後欧州を皮切りに販売が開始され、その後日本、北米、豪州、その他地域への展開を予定している。日本での発売は2017年の夏から秋にかけてとも言われており、新生三菱第一弾となる新型エクリプスクロスの発売に期待が高まる。

[TEXT:オートックワン編集部/PHOTO:茂呂幸正・三菱自動車]

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

三菱 RVR の関連編集記事

三菱 RVRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 RVR の関連編集記事をもっと見る

三菱 RVR の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR