autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース バタフライドアのインド製ミッドシップスポーツカー“Racemo”がジュネーブモーターショーで登場!

自動車ニュース 2017/3/8 18:40

バタフライドアのインド製ミッドシップスポーツカー“Racemo”がジュネーブモーターショーで登場!

◆インド発!新ブランド“Tamo”がコンセプトカーを発表

ランドローバーやジャガーを買収したことで有名なインドの巨大企業、タタグループの自動車ブランド“Tata Motors”は、サブブランドとして、“Tamo(タモ)”を2017年ジュネーブモーターショーで発表した。

そのタモブランドの最初のコンセプトモデルとして発表されたのが“Racemo(レスモ)”とスポーツモデルである“Racemo+(レスモプラス)”の2種類。2シーターのクーペボディに、1.2Lターボエンジンをミッドシップに搭載したコンパクトスポーツカーだ。

イタリアのトリノに所在するタタのスタジオで制作されたそのデザインは、レーシングカーにインスパイアを受けたスパルタンなデザインとなっている。

3つのモニターで構成される計器類とバタフライドアが近未来的な印象を演出している。

性能面では、最大出力190ps/6500rpm、最大トルク210Nm/2500rpmを発揮するターボチャージャー付きガソリンエンジンが搭載される。プレスリリースによれば、ハイパフォーマンスと実用性が両立したバランスとなっているようだ。

安全面でも抜かりはなく、インドで標準化しつつあるエアバッグが運転席と助手席の両方に搭載されている。

Tamo Racemo主要スペック
ボディタイプクーペ
乗車定員2名
全長3,835mm
全幅1,810mm
全高1,208mm
ホイールベース2,430mm
最低地上高165mm
エンジンインタークーラー付き ターボチャージャー
直列3気筒ガソリンエンジン
トランスミッション6速AMT+パドルシフト
排気量1198cc
駆動方式MR
最大出力190ps/6500rpm
最大トルク210Nm/2500rpm
タイヤサイズフロント:205/50 R17
リア:235/45 R18
燃料タンク40L

▼2017年ジュネーブモーターショー Racemoアンヴェールの様子

◆インド初!Racemoがレースゲーム『Forza Horizon3』にアバターとして登場

謎の多いブランド“Tamo(タモ)”であるが、早くも世界の自動車マニアをざわつかせている。

というのも、プロモーションの一環として、マイクロソフトから販売されているXBOX ONE用ゲーム『Forza Horizon3』に、“インドブランドの車として初めて”使用可能なアバターとして登場したのだ。(タモの親ブランドであるタタは、自動車分野においてインドマイクロソフトと協力関係にある)

登場するのはノーマルモデルである“Racemo”。 ジュネーブモーターショでは、タモブースの裏にForza Horizon3の体験ブースが設置されていたようだ。

まずはその世界観を伝えるためにバーチャルワールドで体験してもらおうという戦略。いち早くレスモに“試乗”したい方は、Forza Horizon3の世界に飛び込んでみてはいかがだろうか。

みなさんのアツイ試乗レポートを楽しみにしている。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR