<夢の価格帯1900万円対決!>新型コースターベースの高級バスコンとVIPクラス用最高級モーターホーム|ジャパンキャンピングカーショー2018【JCCS2018】

新型コースターをベースにした「バスコン」が登場!

キャンピングカーにはいろいろなカテゴリーがあり、「軽キャンピングカー」「バンコンバージョン(バンコン)」、「キャブコンバージョン(キャブコン)」「キャンピングトレーラー」などの呼称が日本RV協会によって統一されている。そんな“キャンピングカーのある暮らし”は、想像するだけでも楽しいものだが、これらカテゴリーの中でも究極と思われるのが、車体全てを架装メーカーが作り上げる「フルコンバージョン(フルコン)」だ。

フルコンは中型バス並みのサイズに達するものもあるが、日本ではそれに供給されるベアシャーシが存在しないため、日本製キャンピングカーで最も大きな部類に入るのは、トヨタ コースターのようなマイクロバスを活用した「バスコンバージョン(バスコン)」、マイクロバスの運転席から後ろに新設計のキャビンを架装する「セミフルコンバージョン(セミフルコン)」となる。

トヨタ コースターや日産 シビリアンなどマイクロバスにはいくつか種類があるが、一般的にベースに選ばれるのは歴代のコースターが多い。中でもコースターは2016年末にフルモデルチェンジされて4代目となり、四角いボディ採用によって居住性も大きく向上、乗り心地の改良が行われて一層完成度を増した。

■参考:トヨタが24年ぶりにモデルチェンジを敢行した、新型コースター 緊急(同乗)試乗レポート

昨年のジャパン キャンピングカーショー2017(JCCS2017)開催時は新型の発売直後だったこともあって、一部ビルダーが車体だけを見せて登場を予告するに留まっていたが、JCCS2018では早速バスコンを手がけるコーチビルダー各社が一斉に新型コースターベースのキャンピングカーを持ち込み、注目を集めている。

>>覗いてみたことある!? 豪華キャンピングカーのインテリアに潜入![画像ギャラリー]

最高峰はオプション込みで1900万円の「セブンシーズ」

JCCS2018に展示された新型コースターをベースにしたキャンピングカーの中でも、最高峰の一台が、トイファクトリー(岐阜県可児市)が製作する「セブンシーズ」だ。

同社は1999年の創業以来国内最高品質のキャンピングカー開発を目指しているバンコン(ハイエースなどの1BOXバンをベースにしたキャンピングカー)のトップブランドメーカーで、バスコンのセブンシーズはフラッグシップモデルにあたる。先代コースターベースのセブンシーズも同社が得意とする独自開発のトリプル断熱や輻射熱対策が施されたボディ、ラグジュアリーで高品質、落ち着いた雰囲気のインテリアを持つ高級バスコンとして定評があったモデルである。

コースターが新型に移行したことでセブンシーズもリニューアルされ、ベースが広くなったこともあって広々感が一層向上。天然素材がふんだんに用いられ華美すぎず清廉されたインテリアの意匠もさらに洗練されている。同社が得意とする独自開発のトリプル断熱や輻射熱対策が施されたボディも引き続き採用されているほか、新たにサブバッテリーで純正パワーヒーターを駆動できるように変更するなど使い勝手向上も図られた。

車の中とは思えないほどの豪華なベッドルーム

90リットルの冷蔵庫、電子レンジ、2口コンロ、ステンレスシンク、100リッター給水タンク、カセット式電動水洗トイレ、温水シャワー、サブバッテリー駆動のエアコン、ソーラー発電システムなどの装備が完備されており、マイクロバスの大きな車体を生かした広い室内空間と相まって、セブンシーズはまさに「走るモダンリビング」のよう。車体後半にはベッドルームが設えられており、しかもトイレ/シャワールームのドアを活用して仕切ることもできる。ベッドルームにいるとクルマの中にいるとは思えないほど!

バスコンのフラッグシップだけあって価格は1800万円(諸費用、税別)に達するが、残り装着できるのがオプションでアルミホイールとレカロシート、特色ボディカラーなど内外装を飾るアイテムのみとなっていることからも、セブンシーズの装備がいかに充実しているかがわかる。

なお展示車の価格はアルミホイールとレカロシートが装着されて1900万円である。ベースのコースターの価格や住宅の価格を考えると、コレって高くないのでは!?と思ってしまう。それほどに車内の品質感が高いのだ。

あのエアストリームが手がける最高級モーターホームが日本初登場

昨年のレポートでもいくつかご紹介した通り、キャンピングカーの本場欧州やアメリカにも高級キャンピングカーが多数存在する。アメリカではモーターホームと呼ばれ、JCCSではそれらも一堂に会するので、知り合いが持っている…などでもない限りなかなか接することがない贅沢な車内までじっくりと見られるのはかなり嬉しいところだ。

今回はそんな多数展示された海外製キャンピングカーの中でも、少し傾向が違うモデルに注目したい。それが、日本初公開となる「AIRSTREAM INTERSTATE(エアストリーム・インターステート)」。

メルセデス・ベンツの大型商用バン「スプリンター3500」をベースにした長くてデカい一台で、黒塗りの車体、濃いスモークが貼られた窓などにどことなくアメリカンな雰囲気が漂う。

それもそのはずこのエアストリーム・インターステートは、アノ丸っこくて銀色のキャンピングカーを製造する「エアストリーム」が製作した最高級モーターホームなのだ。

ベッド、トイレ、シャワー、ミニキッチンなどを備えており、キャンピングカーとしての機能を全て有する。でも、車内はキャンピングカーの「リビング」というよりどちらかといえば「社長室」。ファミリーよりもVIPが似合いそうな雰囲気だ。

実際、エアストリーム・インターステートを展示したトレーラーハウスデベロップメント株式会社によれば、このモデルはビジネスシーンでの活用を目的として販売するとのこと。オリンピックに向けてのVIP送迎、動く重役室、パーティルーム、顧客とのゴルフなど新しい使い方を提案している。

なおエアストリーム・インターステートの価格は、1970万円で、参考出品となる。

これはもう“動く重役室”

ところでエアストリーム・インターステートの車内を見て、ふと思い出したことがある。それが、シボレー アストロ(と兄弟車のGMCサファリ)をベースに本革のシートやウッドを贅沢に配したラグジュアリーなインテリアを与えたコンバージョンモデルの「スタークラフト(とそれに類する車種)」。かつて日本でも一世を風靡したことがあり、覚えている人も多いだろう。

スタークラフトはモーターホームではなかったが、豪華な内装と動く重役室のような雰囲気はエアストリーム・インターステートのそれとよく似ている。日本車にもトヨタ アルファード/ヴェルファイアの「ロイヤルラウンジ」、日産 エルグランド「VIP」などの「走るビジネスクラス」的モデルもあるが、エアストリーム・インターステートのサイズ感やゴージャス感はそれを大きく上回る。クラスで言えば「ファーストクラス」かも。

最近は重役用車、VIP用車もミニバンが普及し始めているため、日本でもエアストリーム・インターステートのような「大きくて豪華」なモーターホームの需要が一層増すのではないだろうか。

[レポート:遠藤 イヅル/Photo:オートックワン編集部]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。 [遠藤イヅルFacebookページ] http://www.facebook.com/endoizuru記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

トヨタ コースターの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ コースターのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ コースターの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ コースターの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ コースターのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる