トヨタ RAV4、マツダCX-5、スバル フォレスターで最も荷室が広いのはRAV4! 大人気ミドルサイズSUV内外装比較

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
ミディアムサイズのSUVはSUV人気の高まりとともに最も売れ筋のサイズだ。そのため、各社が力を入れて開発、販売を進めるメーカー肝煎りのモデルが多数存在する。今回はトヨタ RAV4、マツダ CX-5、スバル フォレスターの3台の外観と荷室空間を比較してみたい。
目次[開く][閉じる]
  1. トヨタ RAV4はアウトドア派にもウケるアドベンチャーグレードが人気
  2. マツダ CX-5は上質な流線形のラインが街並みにも映えるデザイン
  3. スバルの看板モデルフォレスターは運転に不慣れな人でも扱いやすい

トヨタ RAV4はアウトドア派にもウケるアドベンチャーグレードが人気

まずはトヨタの人気SUV、RAV4だ。RAV4のボディサイズは全長4600~4610mm×全幅1855~1865mm×全高1685~1690mm。デザイン面はアウトドアにも適したタフさと個性を全面に押し出している。

荷室容量はデッキボード下段時で580Lと十分すぎるほどの容量を持つ。

とくに人気なのがアドベンチャーグレードで、ツートンルーフやゴツゴツとしたエクステリアが冒険心をくすぐる。

最低地上高を10mm高め、クロスバーなどを備えたアドベンチャー オフロードパッケージを特別仕様車として用意するほど。本格SUV寄りのデザインとしながらも、街中でも映えるデザイン性の高さはさすがだ。

マツダ CX-5は上質な流線形のラインが街並みにも映えるデザイン

マツダ CX-5のボディサイズは、全長4545mm×全幅1840mm×全高1690mm。

魂動デザインを採用した外観は都市部でも一際映える美しいプロポーションで、SUVというよりもクーペのような流線形のボディラインが特徴的だ。

最小回転半径は5.5mで、狭い駐車場でもそれほど苦労することはないサイズにまとまっている。

CX-5の荷室容量は505Lと、3〜4人が乗車し、その人数分の荷物を載せることを考えれば必要十分なサイズ感ではないだろうか。

全体的なイメージとしては、シンプルな台形のフォルムや立体感のある大型グリルなどSUVらしいタフさも兼ね備えているものの、アウトドアでの使用という面では上質になり過ぎてしまっている印象もある。

スバルの看板モデルフォレスターは運転に不慣れな人でも扱いやすい

スバルの看板モデルとも言えるほど人気のあるミドルサイズのクロスオーバーSUV、フォレスターは「BOLDER」デザインを採用。先進的なLEDヘッドライトや大型ヘキサゴングリルを組み合わせた精悍でタフなデザインが特徴的だ。

フォレスターのボディサイズは全長4640mm×全幅1815mm×全高1715〜1730mm。全高は最も高いが、全幅は一番短いため、都内の幅が狭い道や舗装されていない山道などで、運転にそれほど慣れていない人でも安心できそうだ。

また、スバルの運転支援機能「アイサイト」は好評で、遠出して疲れたあとの運転にももってこい。

荷室容量は509LとCX-5とはほぼ互角。しかし、X-BREAKグレードには撥水カーゴフロアボードが標準装備されており、汚れた荷物などもそのまま積載できるのが魅力的だ。

ミドルサイズSUVはアウトドアシーンでの使用を考えたモデルが多い

こうしてみると、3台はキャラクターがはっきりと分かれている。アウトドアなどの使用を考え、悪路走破性を重視するならRAV4やフォレスターがおすすめだ。

しかし、CX-5は毎年11月ごろに年次改良が行われるため、昨今のアウトドアブームも相まってシフトしたモデルが登場する可能性もある。

2021年8月に登場したばかりのフォレスターは2021年12月に一部改良が予定されるRAV4やCX-5の進化に太刀打ちできるのか。ミドルサイズSUVの今後が楽しみだ。

【筆者:MOTA編集部】

マツダ/CX-5
マツダ CX-5カタログを見る
新車価格:
267.9万円407.6万円
中古価格:
69.8万円392.9万円
スバル/フォレスター
スバル フォレスターカタログを見る
新車価格:
293.7万円330万円
中古価格:
24.8万円415.6万円
トヨタ/RAV4
トヨタ RAV4カタログを見る
新車価格:
274.3万円402.9万円
中古価格:
51.2万円536.4万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 櫻湯 山茱萸

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

マツダ CX-5の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-5のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-5の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-5の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-5のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる