【解説】「マツダ CX-5」改良モデル ~枠を超えたマイナーチェンジ~/松下宏

  • 筆者: 松下 宏
  • カメラマン:マツダ株式会社
【解説】「マツダ CX-5」改良モデル ~枠を超えたマイナーチェンジ~/松下宏
マツダ CX-5(改良モデル) マツダ CX-5(改良モデル) マツダ CX-5(改良モデル) マツダ CX-5(改良モデル) 画像ギャラリーはこちら

多岐にわたる改良でさらに熟成された「マツダ CX-5」

2012年2月に発売され、マツダ再生の大きなきっかけとなったSUV「CX-5」は、マツダの新世代自動車技術である“SKYACTIV”をフルに投入し魂動(こどう)デザインについても初めて採用、SUVとしての使い勝手の良さなどと合わせて世界中で好調な売れ行きを見せている。

そして今や、CX-5はマツダ3(日本名:アクセラ)と並ぶマツダの基幹車種へと成長を遂げた。

そのCX-5の改良モデルが、ロサンゼルスモーターショーで発表された。マツダの改良モデルは、ただの改良モデルの域を超え、良いものは「スグに取り入れる!」という、マツダだからできる改良の仕方を今後進めていくという。今回の改良は外観デザイン、インテリアの質感と機能性、乗り心地、静粛性、安全性など多岐にわたって熟成と改良が進められている。

洗練された新フロントグリルを採用

マツダ CX-5(改良モデル)
マツダ CX-5(改良モデル)

エクステリアはグレーメタリックで塗装した水平基調のフィンを採用することで、精悍で引き締まったデザインへと進化したフロントグリルを始め、LED発光シグネチャーを採用したヘッドランプなどが、SUVらしい力強さと洗練された雰囲気を演出している。リアもLED発光シグネチャーのコンビネーションランプを採用している。

19インチのアルミホイールは立体感のある造形に切削加工を施した新デザインとなった。

素材などの質感が向上したインテリア

マツダ CX-5(改良モデル)
マツダ CX-5(改良モデル)マツダ CX-5(改良モデル)

インテリアは、HMI思想に基づくドライバー・オリエンテッドなコックピット空間が広がる。

SUVならではの機能性や力強さなどを表現するとともに、電動パーキングブレーキの採用ですっきりとした上質感のあるセンターコンソールも特徴的だ。ほかにもさまざまな加飾を加えるなど、インテリア回りの雰囲気を変更した。

装備面では、スマートフォンと連携してインターネット接続やコミュニケーションの機能を容易に利用できるマツダ・コネクト採用して利便性を高めている。

パワートレーンに関しては基本的に変更を受けていないが、ガソリンエンジンを搭載するAT車に走行モードを切り替えることのできるドライブセレクションを設定した。

マツダ CX-5(改良モデル)

シャシーに関しては新構造の前後ダンパー、フロントアームのブッシュ形状の最適化により、スムーズでフラットな乗り心地を実現している。

またNVH性能の向上を図り、高速走行時に室内騒音を約10%低減させている。

安全装備は従来からのアイ・アクティブ・センスを進化させ、新たな機能を追加するなど、これまで以上に走りの楽しさと運転の安心感を両立させている。

マツダ CX-5(改良モデル)

具体的にはハイビームの照射範囲をコントロールして夜間の視認性を高める「アダプティブLEDヘッドライト」、車線逸脱の回避をサポートする「レーンキープ・アシスト・システム」、ドライバーの疲労を検知して休憩を促す「ドライバー・アテンション・アシスト」などを採用した。従来からのSCBS(スマート・シティ・ブレーキ・サポート)とAT車誤発進抑制制御は後方も検知できるように進化させている。

さらにCX-5には新採用となる「レーダー・クルーズ・コントロール」と中高速での衝突回避や被害の低減を図るSBS(スマート・ブレーキ・サポート)も採用されている。

CX-5 改良モデル 米国仕様車 主要諸元(暫定値)

全長×全幅×全高:178.7×72.4×65.7 inches/ホイールベース:106.3 inches/エンジン:SKYACTIV-G 2.0 ガソリンエンジン・SKYACTIV-G 2.5 ガソリンエンジン/トランスミッション:SKYACTIV-Drive 6速オートマチック・SKYACTIV-MT 6速マニュアル/駆動方式:FWD/AWD/タイヤ:P225/65R 17・P225/55R 19/乗車定員:5名

マツダ CX-5(改良モデル)
この記事の画像ギャラリーはこちら
松下 宏
筆者松下 宏

自動車そのものはもとよりクルマに関連する経済的な話題に詳しい自動車評論家。新車、中古車を含めてユーザーサイドに立った的確な購入アドバイスを語ることで定評がある。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

マツダ CX-5の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-5のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-5の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-5の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-5のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる