レクサスSUVデビューには最適! 40代パパへおすすめしたいUXのベストグレード

上品な40代を過ごしたい方におすすめのレクサス UX

ただ、家の周辺の道が狭いなど、物理的に大きなサイズのクルマは敬遠したいとなると、なかなかお眼鏡に叶うクルマって少なくなってしまいます。

とくにSUVでは、コンパクトサイズだとインテリアや装備もカジュアルなものが多いですよね。でも、そんな人にこそチェックして欲しいのが、レクサス UX。

日本で唯一のプレミアムブランドにして、多くの著名人やVIPにも愛されているレクサス。SUVのエントリーモデルにはUXを用意しています。

UXは全長が4.5mを切り、全高も1540mmに抑えられているので、マンションの立体駐車場にも収まる可能性が高い、というのも嬉しいですよね。

価格は397万円から! 人気は圧倒的にハイブリッドモデルだ

UXには2.0L直噴エンジン+モーターのハイブリッドのUX250hと、2.0L直噴エンジンのガソリンモデル、UX200があり、まず迷うのがどっちにするか? ですよね。

価格では、UX250hのベースグレードが432万8704円。UX200のベースグレードは、397万2222円。250hと200では35万6482円の差があります。

レクサス UX グレード価格
UX200(ガソリン/ベースグレード)397万2222円
UX250h(ハイブリッド/ベースグレード)432万8704円
UX250h(AWD/E-four)459万3519円
UX250h version L(AWD/トップグレード)544万9074円

さらにUX250hにはAWD(E-Four)もあり、26万4815円高の459万3519円になります。

2018年末にUXがデビューした直後の受注状況では、なんと8割以上がハイブリッドだったそうなんですが、UX250hのトップグレードとなる「version L」のAWDは544万9074円。ガソリンのベースグレードからは、実に147万6852円もの差があり、トップグレード同士(ガソリンは2WD)を比べても、62万1296円の差があるんですね。

ただ、UX200とUX250h(AWD)の装備を比べてみると、同じグレードでの差はほぼ0。

UX250hにはオプションでアクセサリーコンセントが付けられるくらいの違いしかないんです。

しかも両車を乗り比べてみると、確かにUX250hは静粛性が高く乗り心地も燃費も良いのですが、UX200は車両重量が140kgも軽くなり、クラストップレベルの動力性能と燃費性能を持つだけあって、かなり爽快で気持ちのよい走り。

とくに「F SPORT」は足まわりもパフォーマンスダンパー(高速走行時でも高い運動性と安定性を両立させやすくなる)になるので、乗り心地も上々です。

推しはversion L+パフォーマンスダンパーの500万円セット! 200と250hの装備差はほぼなし

頻繁にアウトドアに出かけるなどで、1500Wのコンセントが必要という希望があればUX250hに決まりですが、そうでなければ普段使いやロングドライブなど、UX200でも十分に満足できるはず。

ただ「F SPORT」は走りがいい反面、インテリアなども専用でちょっとスポーティ一辺倒になってしまいます。

それらを踏まえるとレクサスらしい優美なインテリアと快適装備がフルで楽しめる、UX200のトップグレード「version L」に、メーカーオプションで14万3000円のパフォーマンスダンパーを装着するというのがイチオシ。しめて497万778円です。

version Cにパフォーマンスダンパーのオプションがあれば尚可

でも欲をいえば、もっとリーズナブルな「version C」421万6666円にパフォーマンスダンパーのオプション設定があれば、もっとコスパよくUXのいいとこ取りができるんですけどね。まぁ、そううまくはいかないですよね。

そしてもうひとつオススメのオプションは、ルーフのガラスが開閉する「ムーンルーフ(チルト&アウタースライド式)」11万円。

都心の夜景の中を走る時など、これがあったら夜風を感じながら頭上からもイルミネーションが見えたりして、気持ちいいドライブになるでしょうね。そんなレクサスUXを手にいれて、ぜひアーバンなクロスオーバーライフを楽しんじゃいましょう。

[筆者:まるも 亜希子]

毎週水曜日はダディ×マミー!

MOTA毎週水曜日連載コーナー「ダディ×マミー」では、世のイケパパ・ママたちへ様々なカーライフネタをお届け!

当企画では、様々な車種を設定した人物象へ向けて“イチオシのグレード”をご紹介!

次の更新は9月9日(水)。次回もお楽しみに!

▼前回はスバル 新型レヴォーグをご紹介!

▼最新TOP3

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

レクサス/UX
レクサス UXカタログを見る
新車価格:
397.3万円544.9万円
中古価格:
356.4万円649.8万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
まるも 亜希子
筆者まるも 亜希子

大学卒業後、編集プロダクション株式会社エディトリアル・クリッパーに就職、自動車雑誌「ティーポ(Tipo )」の編集者として6年間勤務。2003年にフリーランスとして独立。現在は雑誌やウェブサイトの自動車関連記事に出演・寄稿している。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテルふたりこもれ陽
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

レクサス UXの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサス UXのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサス UXの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサス UXの記事一覧 レクサスのニュース一覧 レクサス UXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる