autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス 新型「RC F」海外試乗|大排気量NAの実力を試す 2ページ目

試乗レポート 2019/4/15 19:55

レクサス 新型「RC F」海外試乗|大排気量NAの実力を試す(2/2)

関連: レクサス RC F , レクサス RC Text: 山本 シンヤ Photo: レクサスインターナショナル
レクサス RC F
レクサス RC Fレクサス RC Fレクサス RC Fレクサス RC F画像ギャラリーはこちら

軽量化したことで乗り心地は“モッサリ”から“スッキリ”した印象に

実際に乗るとどうか? まずはノーマルのRC Fからだ。従来モデルはステアフィール/足さばき/クルマの動き共に、スポーツモデルながら“モッサリ”していたが、新型は穏やかながらも全てが“スッキリ”した印象だ。これは軽量化に加え、エンジンマウントの変更でエンジンが振り子のように動かなくなった事も大きいと思う。

サスペンション周りもより正確に動いているイメージで、一般道では路面からのアタリが優しく、状況によってはベースのRCよりも快適に感じたくらいである。

ストレスの無い伸びの良さは大排気量NAエンジンが持つ“個性”

レクサス RC F

一方サーキットでは、かなりフロントヘビーながらも「よくぞここまで!!」と言ったようなフロントの回頭性とトラクションを実感。これはサスペンションのリセッティングに加えて、ミシュラン・パイロットスポーツ4Sが大きく寄与しているだろう。

パワートレインはドライブモード「ノーマル」は意外と穏やか、逆にスポーツ/スポーツ+は「ちょっと過敏すぎ?」と思うくらいレスポンシブルだ。相変わらず、高回転までストレスなく回る伸びの良さはダウンサイジングターボにはない“個性”である。

トラックエディションが持つ、2つの顔

レクサス RC F

ちなみにオールマイティなノーマルに対して、トラックエディションは二つの顔を持つ。

一般道をドライブモード「ノーマル」で乗ると、「本当にサーキットスペック?」と思うくらい軽やかかつ快適な足さばきを見せる。ノーマルより22kg軽量のブレンボ製カーボンセラミックブレーキと2.8kg軽量のBBS製軽量アルミホイール採用によるバネ下重量の低減の効果だ。

ただ、ドライブモード「スポーツ+」だと、路面のギャップ判定機のようにハードなセットに変貌する。弦本氏は「スポーツ+はサーキットに割り切っているので、一般道ではお勧めしません」と語るが、まさにその通りである(笑)。

サーキットで感じた、トラックエディションとノーマルの“数値以上”の差

サーキットではノーマルをより研ぎ澄まし、ストライクゾーンをセンターに持ってきた印象だ。トラックエディションはノーマルよりも60kg軽量設計となっているが、ノーズの入りの良さはもちろん、S字のように切り返しが必要なコーナーでは無駄な動きを抑えた身のこなしと、しなやかな足さばきも相まって、体感上は数値以上の差だ。感覚的には一クラス小さいサイズのクルマに乗っているようなイメージで、リズムよく軽快に走らせることが可能だ。

レクサス RC F

また、電子制御を全OFFで走らせても従来のようにヒヤッとするような動きは抑えられ、クルマの動きも予測しやすくなっていることから、ビギナードライバーでも積極的にテールスライドを楽しめるのも嬉しい進化の一つだろう。つまり、クルマが軽くなったことでハンドリングの“懐”も深くなっている。

パワートレインの印象はノーマルと大きく変わらないが、疑似音などを使わずチタンマフラーが奏でる混じり気なしの“生音”を聞くと、思わずニヤッとしてしまう。ただ、トラックエディションはシャシーとのバランスを考えると、個人的にはエンジン制御はスポーツ/スポーツ+がデフォルトでいいと思った。

ブレーキはノーマルだけ乗っていれば全く不満は出ないと思うが、一度カーボンディスクブレーキのタッチとコントロール性を味わってしまうと……ちょっと戻れないかも。

レクサス RC F

結論、「最新のFは最良のF」である事は間違いないが、今回の改良の“伸び幅”はかなり大きい。旧シャシーながらレクサスが目指す「スッキリと奥深い走り」が感じられることから、着実にTNGAの知見がフィードバックされている。恐らく、従来モデルのユーザーだったら“箱替え”したくなるはず。

もちろんライバル……ジャーマン3と比べると基本設計の古さを感じてしまうのも事実だが、現行モデルとしては“完成形”と言っていい。さらに、このご時世に「大排気量NA+FR」と言う組み合わせを残していることにも感謝すべきかもしれない。

[筆者:山本 シンヤ/撮影:レクサスインターナショナル]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

レクサス RC F の関連編集記事

レクサス RC Fの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス RC F の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR