デビュー間もないレクサス 新型NXを速攻カスタマイズ! 「MODELLISTA(モデリスタ)」のエアロがプレミアムテイストをさらに際立たせた

画像ギャラリーはこちら
エアロパーツを中心としたトヨタ車のカスタマイズブランドとしておなじみの「MODELLISTA(モデリスタ)」は、高級ブランドであるLEXUS(レクサス)車も手掛けている。2021年10月7日にフルモデルチェンジしたばかりの2代目 新型SUV「レクサス NX」ももちろんその対象だ。今回は、新世代レクサス車の第一弾となる新型NXのスタイリッシュなデザインをさらに際立ててくれる「モデリスタ」のカスタマイズアイテムを写真と共にご紹介する。
目次[開く][閉じる]
  1. 1代でレクサスの主力車種の地位に登り詰めた「NX」! 新型は新世代デザインの第一弾モデルに
  2. 人気カスタマイズブランド「MODELLISTA(モデリスタ)」がレクサス 新型NXの魅力をさらに引き出す
  3. フロント・サイド・リアのエアロパーツ3点セットで構成される「アドバンストラグジュアリーパッケージ」

1代でレクサスの主力車種の地位に登り詰めた「NX」! 新型は新世代デザインの第一弾モデルに

レクサスの人気SUV「NX」が2021年10月7日にフルモデルチェンジを実施し、2代目モデルへと進化を遂げた。2014年登場の初代NXは、世界90以上の国と地域で発売されたグローバルモデル。およそ7年間で累計約105万台を販売した大ヒット作となり、1代でレクサス主力モデルの地位に躍り出た。

そんな重要なポジションを担う新型NXは、プラットフォームの刷新、新開発エンジンやレクサス初のPHEV(プラグインハイブリッド)搭載、新世代の先進運転支援機能の採用など、次世代レクサス車の先陣を切るモデルに相応しい全面的な刷新を実施している。

中でもデザイン面においては、次世代レクサス車の新デザイン言語を初採用。これからのレクサスをけん引する重要な役割を果たしている。

人気カスタマイズブランド「MODELLISTA(モデリスタ)」がレクサス 新型NXの魅力をさらに引き出す

そんなレクサスの開発と共に同時にデザインされたのが、トヨタ車のカスタマイズブランドとしてお馴染み「MODELLISTA(モデリスタ)」(トヨタカスタマイジング&ディベロップメント)のエアロパーツだ。

「アドバンストラグジュアリーパッケージ」の名でディーラーオプションとして売られるエアロパーツは、フロントスポイラー、サイドスカート、リアスカートの3点セットで構成。

「Radiant(ラディアント:光り輝く)× Agile(アジャイル:機敏な)」をテーマに、レクサス 新型NXのプレミアムテイストをさらに際立たせるべくデザインされた。

フロント・サイド・リアのエアロパーツ3点セットで構成される「アドバンストラグジュアリーパッケージ」

アドバンストラグジュアリーパッケージのそれぞれのパーツ部を詳しく見ていこう。

フロントスポイラーは、レクサスのアイコンであるスピンドルグリルの下部にシャープな上向き面を設けワイド化。左右には矢じりのようなメッキ加飾を与え、輝きとともに軽快さを表現する。

サイドスカートは、フロント同様の矢じり形状のメッキ加飾で統一感を出し、シャープで伸びやかなボディサイドのフォルムを強調するデザインとした。

リアスカートは、外側方向のブラックアウトやメッキ加飾により、ワイド感を強調した形状である。新型NXで新採用されたワイドなリアコンビランプ形状との統一感は、純正ならではのシンクロ具合だ。

アドバンストラグジュアリーパッケージの価格は塗装済みで29万4800円(価格は消費税込、以下同)。なお各アイテムは、単品でも購入が可能となっている。

このアドバンストラグジュアリーパッケージとマッチングの良い20インチアルミホイールは、ダークスパッタ処理を施したスーパーブライトクローム仕上げ。ホイールが回転した時の煌めき具合を強く意識してデザインされた。こちらの価格は1本8万8000円。タイヤ&ホイールセット(4本)で35万2000円となる。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:小林岳夫・トヨタカスタマイジング&ディベロップメント]

レクサス/NX
レクサス NXカタログを見る
新車価格:
455万円738万円
中古価格:
231.9万円690万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... みやこわすれの宿 こおろぎ楼

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

レクサス NXの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサス NXのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサス NXの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサス NXの記事一覧 レクサスのニュース一覧 レクサス NXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる