【レクサス 新型NX外装解説 】立体表現を強調し力強さを演出したスピンドルグリルや、新たに採用したロゴが特徴的なエクステリア

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
画像ギャラリーはこちら
2021年10月7日(木)、レクサスの売れ筋SUVであるNXの2代目に当たる新型モデルが発表された。新型NXはデザインを刷新したほか、ガソリン、ハイブリッド、PHEVを含め全部で6種類のパワートレインを設定する。今回はそんな注目の新型NXの外観を中心にチェックしていく。
目次[開く][閉じる]
  1. 次世代レクサスの幕開けを象徴する第1弾モデル
  2. 先代から拡大した新型NXのボディサイズ
  3. 垂直に立てたスピンドルグリルや、複雑な曲面とプレスラインを組み合わせ塊感がアップしたエクステリア

次世代レクサスの幕開けを象徴する第1弾モデル

レクサスのミドルサイズSUVとして人気のNXがモデル初となるフルモデルチェンジを行った。2代目となる新型NXは2021年8月より先行予約を行っていたが、10月7日に正式に発表され、同日発売を開始した。

新型NXでは豊富なエンジンラインナップを揃える。ガソリンモデルでは、2.5リッターNAや新開発の2.4リッターターボをラインナップし、従来同様に主力となるハイブリッドモデルのほか、レクサスブランドで初となるプラグインハイブリッド(PHEV)も新設定している。価格(消費税込)は455万円~738万円。

先代から拡大した新型NXのボディサイズ

新型NXはプラットフォームを一新。ボディサイズは全長4660mm×全幅1865mm×全高1640mm、ホイールベース2690mm。従来モデルに対し全長、全幅+20mm、全高+5mm、ホイールベース+30mmそれぞれ延伸されている。

垂直に立てたスピンドルグリルや、複雑な曲面とプレスラインを組み合わせ塊感がアップしたエクステリア

エクステエリアは、レクサスの共通アイコンであるスピンドルグリルを垂直に立てながら、ボンネットフードをフロント先端間際まで伸ばし、塊感を強化。この垂直に立ち上がるスピンドルグリルはデザイン性だけでなく、効率的に空気を取り込むことで、ラジエーターの冷却能力を向上させるなど性能向上にも寄与している。

そのスピンドルグリルは、従来のメッキ枠を廃止。次世代に向け立体表現を強調し、シンプルな構成と軽量化を実現。グリルパターンは、立体感のある縦長U字形ブロックを採用し、下部にはスリット状の開口を設けて冷却能力の向上につなげるほか、SUVに相応しい力強さを演出している。

ボディサイドでは、複雑な曲面とプレスラインの組み合わせや、直立したグリル面に向かうボンネットフードで伸びやかさを表現。また、リヤオーバーハングを短くし軽快感を表現している。

新型NXのリヤ周りのデザインは、先代から大幅に変更されている。

リヤコンビネーションランプは、中央に配置した一文字ランプと、左右のL字型ランプをそれぞれ独立させ、組み合わせることにより新型NX独自の個性を追求。また、バックドア中央に向けて、スピンドル形状をモチーフに絞り込みが行われ、それをリヤフェンダーが挟み込む形でデザインされており、リヤ周りの凝縮感とタイヤの張り出しが強調され、フロント同様に塊感を演出している。

また、新たにリアのブランドマークには、従来のL字ロゴから次世代レクサスの第1弾モデルとして、バックドア中央にLEXUSロゴが配置されている。

ここまで新型NXの外観を紹介してきたが、特に細部のデザインなどは、フォトギャラリーもぜひチェックしてみてほしい。

レクサス/NX
レクサス NXカタログを見る
新車価格:
455万円738万円
中古価格:
249.9万円630.2万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者望月 達也(MOTA編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 御宿The Earth

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

レクサス NXの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサス NXのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサス NXの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサス NXの記事一覧 レクサスのニュース一覧 レクサス NXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる