【レクサス 新型NX外観解説】塊感が強調されたスピンドルグリルや上質さを増した次世代レクサスの第1弾モデル

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
画像ギャラリーはこちら
次世代レクサスの幕開けを象徴する第1弾モデルに位置付けられ、デザインを刷新した新型NXが2021年10月にも正式発表を行う。先行して8月19日(木)からは全国のレクサス店で予約受注もスタート。早くも人気の予感がする新型NX、今回はその外観を中心にチェックしていく。
目次[開く][閉じる]
  1. 次世代レクサスの第1弾モデルとして大幅に進化した新型NX
  2. 新型NXのボディサイズ
  3. スピンドルグリルは塊感を強調! リヤのロゴもLEXUSロゴに刷新され、全体的に上質になったエクステリア

次世代レクサスの第1弾モデルとして大幅に進化した新型NX

2014年の初代登場から7年ぶりにモデル初となるフルモデルチェンジが行われるレクサス 新型NX。

次世代レクサス第1弾として登場する新型NXは、より塊感が強調されたレクサスの象徴であるスピンドルグリルや、横一文字に繋がるリアコンビランプと「LEXUS」の文字ロゴなど、イメージを一新。内装も市販モデル初となる新たなコックピット思想「Tazuna Concept」を採用し、より運転操作に集中できるデザインとするなど、内外装で成熟したデザインに大幅に進化を遂げている。

パワートレインには、2.5リッターNAエンジンや新開発の2.4リッターターボエンジンのほか、レクサスの電動化ビジョン「Lexus Electrified」に基づき、レクサス初のPHEVも新設定。また、従来同様に主力のハイブリッドモデルなども備え、全部で6つの豊富なパワートレインを用意する。

新型NXのボディサイズ

新型NXはプラットフォームを一新。ボディサイズは全長4660mm×全幅1865mm×全高1640mm、ホイールベース2690mm。従来モデルに対し全長、全幅で+20mm、全高で+5mm、ホイールベースで+30mmがそれぞれ延伸されている。後席の足元空間や頭上空間も拡大したことで快適性も向上している。

スピンドルグリルは塊感を強調! リヤのロゴもLEXUSロゴに刷新され、全体的に上質になったエクステリア

エクステエリアは、グリル面を垂直に立てながら、ボンネットフードをフロント先端間際まで伸ばし、塊感を強化。また、直立したグリル面で効率的に空気を取り込むことで、ラジエーターの冷却性能を向上させている。

フロントグリルでは、メッキ枠を廃止し、塊の存在感を強調することで、シンプルな構成と軽量化を実現。グリルパターンは、立体感のある縦長U字形ブロックを採用し、下部にはスリット状の開口を設け、冷却性能を向上させるとともに、SUVに相応しい力強さを演出している。

ボディサイドでは、直立したグリル面に向かうボンネットフードで伸びやかさを表現。また、リヤオーバーハングを短くすることで軽快感を表現している。

リヤ周りでは、バックドア中央に向けて、スピンドル形状をモチーフに絞り込み、さらにリヤフェンダーがそのスピンドル形状を挟み込む造形としたことで、リヤ周りの凝縮感とタイヤの張り出しを強調している。

リヤコンビネーションランプは、中央に配置した一文字ランプと、左右のL字型ランプをそれぞれ独立させ、組み合わせることにより新型NX独自の個性を追求した。

バックドア中央に配置されたブランドマークは、次世代レクサスの第1弾モデルとして、従来のL字ロゴから新たなLEXUSロゴに刷新している。

ここまで新型NXの外観を紹介してきたが、特に細部のデザインなどは、フォトギャラリーもぜひチェックしてみてほしい。

レクサス/NX
レクサス NXカタログを見る
新車価格:
455万円738万円
中古価格:
231.9万円690万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者望月 達也(MOTA編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 山科伯爵邸 源鳳院

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

レクサス NXの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサス NXのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサス NXの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサス NXの記事一覧 レクサスのニュース一覧 レクサス NXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる