レクサス 新型NXには6つのパワートレインを用意 注目は初のPHEV(プラグインハイブリッド)「LEXUS NX450h+(プラス)」だ

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2021年6月12日(土)、レクサスは新型「NX」を世界初公開した。日本では2021年秋に発売を予定する。2代目となる新型SUVのレクサス NXには、LEXUS初のPHEV(プラグインハイブリッド)モデルが設定される。クラストップのEV(電気自動車)走行可能距離と十分なパワーを持つ新型NXのPHEVモデルについて解説しよう。

>>デザインも完全刷新! レクサス 新型NXを写真で見る[画像70枚超]

目次[開く][閉じる]
  1. たった1世代で主力モデルへと成長した「レクサス NX」、2代目が果たす役割はますます重要に
  2. PHEV(プラグインハイブリッド)モデルの名称は「レクサス NX450h+(プラス)」
  3. ほかにも新開発の2.4リッターターボ+AWDなど、全部で6つのパワートレインを用意

たった1世代で主力モデルへと成長した「レクサス NX」、2代目が果たす役割はますます重要に

「レクサス NX」は、初代モデルが2014年に登場。都市でも扱いやすい程良いサイズのプレミアムSUVとして好評を博した。2021年4月末時点で、世界90以上の国と地域にて累計約100万台以上を販売するまでに成長したLEXUSブランドを代表するモデルである。

世界戦略車としてますます重要な役割を担うべくフルモデルチェンジを実施する2代目NX。次世代レクサスの幕開けを象徴するモデルとして、プラットフォームやエンジンからデザインに至るまで全てを一新させた。

そんな新型NXの中でも注目しておきたいのが、レクサスブランド初となるPHEV(プラグインハイブリッド)モデルである。

PHEV(プラグインハイブリッド)モデルの名称は「レクサス NX450h+(プラス)」

カーボンニュートラルが叫ばれる時代において、世界の潮流はクルマの高効率化、低排出ガス化へと急激にシフトしている。しかしそんな流れが起きる随分前から、レクサスでは既に高性能で低燃費なハイブリッドシステム(HEV)を主力モデルのほとんどにラインナップし、世界に先駆けた電動化を推し進めてきた歴史がある。

新型NXでは次なる一歩として、初のPHEV(プラグインハイブリッド)を導入する。主力の世界戦略モデルから採用する辺りに、レクサスの本気度合いをうかがい知ることが出来る。

前後にモーターを配したAWD(四輪駆動)システムを構築

レクサス 新型NXに搭載されるPHEVシステムは、高効率な「A25A-FXS」型直列4気筒2.5リッターエンジンと、大容量・大出力なリチウムイオンバッテリー、そしてフロント・リアモーターを組み合わせたAWD(E-Four:四輪駆動)である。バッテリーの総電力量は18kWh。クラストップレベルのEV走行可能距離と十分なパワーを両立させた。前後駆動力は100:0から20:80の可変式。大容量バッテリーを床下に搭載することで低重心化を図り、安定した走りを実現させた。

正式なグレード名は公開されていないが、プロトタイプの写真にはしっかり「LEXUS NX450h+」の名がナンバープレートに記されており、これが名称となるようだ。

「レクサス 新型NX450h+」のPHEVシステムの走行モードは、EVモード/AUTO EV・HVモード/HVモード/チャージモードの4つから選択可能だ。

HV(ハイブリッド)モードでは、エンジンとモーターの併用により高い加速性能を実現。

AUTO EV・HVモードでは、ナビの目的地設定により「先読みEV・HVモード切り替え制御」が作動。駆動用電池の残量や経路、交通情報といったデータを基に、高速道路などでは自動的にHVモードとなり、エネルギー効率の良い走行を可能とする。

ほかにも新開発の2.4リッターターボ+AWDなど、全部で6つのパワートレインを用意

レクサス 新型NXでは、PHEVをはじめとして、全部で6つのパワートレインをラインナップする。

高効率な「A25A-FXS」型直列4気筒2.5リッターエンジンは、ハイブリッドシステムとも組み合わされ、FFモデルのほかリアモーターを備えるAWD(E-Four)も用意される。こちらもPHEV同様に前後駆動力を100:0から20:80に可変させる。

また新開発「T24A-FTS」2.4リッターターボエンジンは、こちらも新開発の高トルク対応型Direct Shift-8AT(8速オートマチックトランスミッション)、さらに新開発の電子制御フルタイムAWD(前後駆動力配分は75:25から50:50の可変式)と組み合わされる。

このほかノンターボ版のA25A-FKS型直列4気筒2.5リッターエンジンもFF、AWD(前後駆動力配分は100:0から50:50の可変式)モデルが用意される。こちらも8速ATとの組み合わせだ。

[筆者:MOTA(モータ)編集部]

レクサス/NX
レクサス NXカタログを見る
新車価格:
454.6万円632.7万円
中古価格:
212.1万円3,357.9万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ふきや

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

レクサス NXの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサス NXのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサス NXの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサス NXの記事一覧 レクサスのニュース一覧 レクサス NXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる