レクサス RC 新型車解説/清水和夫の“冷徹評価”(1/3)

レクサス RC 新型車解説/清水和夫の“冷徹評価”
レクサス RC レクサス RC レクサス RC レクサス RC レクサス RC レクサス RC レクサス RC レクサス RC レクサス RC レクサス RCと清水和夫氏 レクサス RC 画像ギャラリーはこちら

レクサスの新しいスポーツクーペを清水和夫氏が“冷徹”に技術評価!

レクサス RC

レクサス RCについて、オートックワンではすでに速攻インプレッションが掲載されているので、私は新型レクサスのスポーツクーペに投入された新技術について評価してみることにする。

メルセデス・ベンツやBMW、あるいはジャガーなどの欧州プレミアムメーカーは、驚くほど先進技術を惜しみなく投入している。投資額もでかく、どこで回収するのだろうかと他人ごとだが心配だ。きっとスポーツ競技と同じで「攻めて負けるなら本望。攻めずに死を待つのは騎士道に反する」と割り切っているのかもしれない。

だが、日本にだって武士道という教えがある。「最善を尽くし、天命を待つ」という教えだ。投資額が大きい自動車ビジネスにとって失敗は許されないが、欧州のプレミアムブランドが攻勢を強めているなかでは、日本の代表的なプレミアムブランドであるレクサスも攻めるべきなのだ。

RCのインパクトは、マツダの「新型ロードスター」さえ超える

レクサス RCレクサス RC

今回登場した「レクサス RC」は「GS」や「IS」につづくアッパーミドルのFRスポーツだが、そのスタイリングはこれまでのレクサスのイメージとは一変。それもエレガントな美しいクーペスタイルではなく、『血管にガソリンが流れている奴らの心臓に突き刺さる』ほどのインパクトを持つデザインで登場した。

それはマツダの発表会で見た「新型ロードスター」の感動よりも「RC F」のインパクトのほうが大きかった、といえばお分かり頂けるだろうか。

レクサス RCの初見は「GSクーペ」でもないし「ISクーペ」でもない、と感じた。

RCのスリーサイズを後から聞いて納得したのだが、「GS」と「IS」のちょうど中間のボディサイズを持っているという。カジュアルなクーペのイメージでもなく、かといってゴージャスなクーペとも異なる。そう、レクサス RCは独自のポジションを築くことができそうなサイズ感であった。

レクサス RCレクサス RCレクサス RCレクサス RCレクサス RC
1 2 3 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

清水 和夫
筆者清水 和夫

1954年生まれ。1972年のラリーデビュー以来、国内外の耐久レースで活躍する一方、モータージャーナリストとして、自動車の運動理論・安全技術・環境技術などを中心に多方面のメディアで執筆し、TV番組のコメンテーターやシンポジウムのモデレーターとして多数の出演経験を持つ。近年注目の集まる次世代自動車には独自の視点を展開し自動車国際産業論に精通する。一方、スポーツカーや安全運転のインストラクター業もこなす異色な活動を行っている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 茶寮宗園

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

レクサスの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる