レクサス 新型LX、デザインに賛否両論巻き起こる! V8エンジン消滅に嘆きの声も【みんなの声を聞いてみた】

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
画像ギャラリーはこちら
14年ぶりのフルモデルチェンジとなるレクサスのフラッグシップSUV「LX」の新型モデルが2021年10月13日(現地時間)、アラブ首長国連邦およびサウジアラビア王国において世界初公開された。新型LXはトヨタ 新型ランドクルーザー300の兄弟車で、悪路走破性はそのままに、専用の内外装デザインが与えられている。ここでは、公開早々注目を集める新型LXについてSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。
目次[開く][閉じる]
  1. レクサスのフラッグシップSUVが14年ぶりにフルモデルチェンジ
  2. デザインに賛否両論の新型LX。新型ランクルとの差別化が乏しいとの声も
  3. V8エンジン消滅に嘆きの声も

レクサスのフラッグシップSUVが14年ぶりにフルモデルチェンジ

レクサス LXは1996年に北米で発売されて以降、「信頼性」「耐久性」「悪路走破性」をベースに、乗り心地や静粛性などを磨き上げ、世界中のあらゆる道での運転に耐えうる運動性能と、上質な乗り心地を両立するレクサスのフラッグシップSUVとして、2021年8月末時点で約50ヶ国、累計販売台数は約50万台を記録している。

3代目に当たる先代LX570は2007年にデビュー。そこから14年が経ち、新型モデルの登場を待ち望む声は非常に多かったが、今回いよいよ4代目となる新型LXが発表された。

新型LXはこれまで同様、「信頼性」「耐久性」「悪路走破性」を確保するために、伝統とも言えるボディオンフレーム構造を維持しながら、新GA-Fプラットフォームの採用や約200kgの軽量化、デジタル開発による高剛性ボディの実現などを通じ、クルマの素性を刷新。

迫力満点の新デザインのスピンドルグリルでは、7組のフローティングバーで立体形状をつくり、フレームの無いシームレスな構成とし、デザイン性とツインターボエンジン搭載に伴う高い冷却性能を両立。サイドラジエーターグリルは冷却性能を確保するため開口部を大きくとり、整流効果の高い形状とし、デザインだけでなく機能面にも寄与している。

性能面では、最高出力305kW(415PS)、最大トルク650N・mを発揮するV6 3.5リッターツインターボガソリンエンジンや電子制御ブレーキシステム(ECB)、電動パワーステアリングシステム(EPS)を搭載し、オンロード、オフロードともにレクサスらしいドライビングができるよう走行性能を追求している。

デザインに賛否両論の新型LX。新型ランクルとの差別化が乏しいとの声も

そんなレクサスのフラッグシップSUVである新型LXについて、SNS上ではどのような意見が飛び交っているのか確認してみた。

新デザインのスピンドルグリルに否定的な声

やはり圧倒的に多く見受けられたのは、新デザインのスピンドルグリルを採用した外観デザインについての声。存在感の高まったスピンドルグリルについては、反響が大きく、

「正直ダサいと思う」

「素直にカッコ悪い」

「スピンドルグリルも限界にきた感じ」

「新型のランクルの方が良いな」

「良く剃れる電気シェーバーみたい」

「コロナ禍だからか、マスクしてるようだ…」

「でかいグリルに小さいライトはアンバランスな気がする」

「装備は凄いのかも知れないが、正面から見た顔が好きになれない」

「先代オーナーだが、エクステリアはマイナーチェンジくらいにしか見えない」

「日本向けにデザインをしているとは思わないがもう少し何とかしてほしい。砂漠のある国では支持されるのかな?」

など、否定的に捉える声は多い。また、その中には、

「新型ランクルに、レクサス顔をはめ込んだだけ」

「カッコ悪いとは思わないけど、もう少しランクル臭を消して欲しかった」

と新型ランドクルーザー300と比較する声もあり、差別化が乏しいとする声が少なくない数で見受けられた。

新デザインのスピンドルグリルに好意的な声

一方で、好意的に捉える声としては、

「先代と違ってスピンドルグリルが自然になじむようになった印象」

「最初は否定的になりがちだが、時間が経つと肯定的になるもの。良い進化をしたと思う」

「グリルに目が行くが、ボンネットとヘッドライトの作りが良くなりラグジュアリーSUVぽさが増した」

「先代よりも落ち着いた感じになり良いと思う」

などが挙がっている。SNS上の声を見ると半数以上は否定的に捉えている印象だが、決して好意的な声が劣勢というわけでもなく、

「先代の方がまだカッコいいと思うがこれから見慣れるのかな」

「これもだんだんカッコよく見えてくるのだろう」

「写真で見るとイマイチなんだけど、実車を見ると意外と良いとなることもあるからまずは実車確認したい」

とする声も挙がっている。この辺りは、日本でも実車が見られるようになってから再度その評価を確認してみたいところ。

V8エンジン消滅に嘆きの声も

デザインに次いでみられたのは、大幅にダウンサイジングされたエンジンに追及する声。

「新型でもV8を期待していたのに…」

「上級モデルがV6は寂しく感じてしまう」

「エンジンは新型ランクルと別にして欲しかった」

「新型ランクルと全く同じエンジンで、これまでのような価格差をつけるのは無理がある」

ここでも新型ランドクルーザー300と比較する声があるほか、先代で搭載されていたV8エンジンの消滅を嘆く声も少なくない。

そのほかには、

「そろそろ本気で盗難防止装置開発して欲しい」

「窃盗団といたちごっこになるのは理解できるが、できるだけ盗難されにくい車を作ってほしい」

などセキュリティについての声も挙がっている。

日本での発売は2022年初頭を予定している新型LX。特にデザインで大きく賛否両論を巻き起こしているが、中には、

「LXは中東、中国、米国などの巨大マーケットに支持されれば問題なく、日本は眼中にないのだろう」

「元の新型ランクル踏まえ、日本市場向けではないことは明白。多くの日本人は心配しなくてもいいこと」

と冷ややかな声も一部で挙がっている。

反響の大きさは期待の裏返しとも言えるが、果たして日本に正式導入された後、新型LXへの評価に変化は起こるのか? 引き続き検証していきたい。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

レクサス/LX
レクサス LXカタログを見る
新車価格:
1,135.6万円1,191.7万円
中古価格:
810.5万円1,350万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者望月 達也(MOTA編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 遊季亭 川奈別邸

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

レクサス LXの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサス LXのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサス LXの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサス LXの記事一覧 レクサスのニュース一覧 レクサス LXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる