ついにレクサス新型LSはミラーレス車で登場!ドアミラーはオプション設定(1/2)

ついにレクサス新型LSはミラーレス車で登場!ドアミラーはオプション設定
レクサスの次期LSと噂される東京モーターショーで公開された『LF-FC』 レクサスの次期LSと噂される東京モーターショーで公開された『LF-FC』 レクサスの次期LSと噂される東京モーターショーで公開された『LF-FC』 レクサスの次期LSと噂される東京モーターショーで公開された『LF-FC』 レクサスの次期LSと噂される東京モーターショーで公開された『LF-FC』 レクサスの次期LSと噂される東京モーターショーで公開された『LF-FC』 レクサスの次期LSと噂される東京モーターショーで公開された『LF-FC』 レクサスの次期LSと噂される東京モーターショーで公開された『LF-FC』 レクサスの次期LSと噂される東京モーターショーで公開された『LF-FC』 レクサスの次期LSと噂される東京モーターショーで公開された『LF-FC』 レクサスの次期LSと噂される東京モーターショーで公開された『LF-FC』 画像ギャラリーはこちら

新型LSは年明けスグのデトロイトショーで披露

2012年日本で発売された現行LSレクサスの次期LSと噂される東京モーターショーで公開された『LF-FC』

本来ならレクサスのフラッグシップにならなければいけないLSながら、すでに主力市場のアメリカでも開店休業状態。考えてみればトヨタはレクサスというブランド立ち上げにあたり、第1弾となるLSを背水の陣で開発した。従来のトヨタ車と全く違う生産方法や部品精度を追求したのである。

結果、ベンツやBMW、ジャガー、キャデラックなど世界中の自動車メーカーを驚かせ、慌てさせた。

しかし、今のレクサスのラインナップを見ると、トヨタ車に豪華な内装を付けて厚化粧しただけ。アメリカでこそ何とかビジネスになっているものの、本国である日本は車種を大量投入しながら伸び悩む。

クルマとしての性能や、本物の上質感が重視される欧州市場など全く評価されず相手にされていない状況。フラッグシップであるLSだって、全く売れない失敗作にも関わらず(特にハイブリッドのLS600はアメリカで月販一桁という厳しさ)、10年間フルモデルチェンジしなかった。

さすがにトヨタも問題だと考えていたのだろう。初代LS400をお披露目したデトロイトショーで2017年秋に発売予定の新型LSをアンベールするそうな。

全体の雰囲気は昨年の東京モーターショーでデビューした『LF-FC』になるという。もちろん燃料電池搭載モデルの発売は当面無し。

>>レクサスのフラッグシップ次期『LS』と噂される『LF-FC』を徹底チェック(画像35枚)

新型はドアミラー無しの『ミラーレス』を標準

レクサスの次期LSと噂される東京モーターショーで公開された『LF-FC』

驚くべきがボディサイズの大型化!

何と現行モデルより一回りも大きくなり、ベンツSクラスやBMW7シリーズ、ジャガーXJと並べても「迫力あるね!」。

さすがに車幅を増やしていくとアメリカでも少しばかり使い勝手が悪くなるため、新型はドアミラー無しの『ミラーレス』を標準とする。

御存知の通り普通に走っているときはドラミラーの幅が車両の幅だ。ドアミラーを無くせば、実質的に150mm程度車幅を絞ったのと同等。その分で車幅を増やそうという狙い。

標準仕様はカメラによるモニター画像で後方のチェックを行う。モニターがイヤならオプションでドアミラーを付ければOK。

>>レクサスのフラッグシップ次期『LS』と噂される『LF-FC』を徹底チェック(画像35枚)

1 2 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

国沢 光宏
筆者国沢 光宏

1958年生まれ。ベストカーガイド編集部員を経て自動車評論家に。空気を全く読まず言いたいことを言い、書きたいことを書くので自動車メーカーから嫌われている。現在所有しているクルマは日産 リーフやトヨタ MIRAIなど多数。趣味はラリーに出場すること。人気のない(本人談)Webサイトを運営中。記事一覧を見る

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は最短3時間後、最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

レクサス LSの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサス LSのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサス LSの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサス LSの記事一覧 レクサスのニュース一覧 レクサス LSのニュース一覧

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる