ETC車載器の取り付け方法とは? 8つの手順からセットアップ方法、料金相場まで徹底解説

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
クルマを購入した時に、取り付けを勧められるETC車載器。ですがそもそも「ETCってなに?」と疑問を持つ方も多いはず。

また初めてETCを取り付ける際、お店にお願いするべきか自分でやるべきか、どちらが良いのか分からない悩んでいませんか?

そんな悩みを解決するため当記事では、ETCをお店や自分で取り付ける際のメリット・デメリット、また自力でのETCの取り付け方法をご紹介します。

目次[開く][閉じる]
  1. ETCとは?
  2. ETC車載器の種類は主に2つ
  3. ETCカードを発行する際はクレジットカード会社へ
  4. ETC車載器のセットアップは必須! 最寄りのカーディーラー・カー用品店へ
  5. ETC車載器の取り付けをお店にお願いする時の料金&作業時間
  6. ETC車載器を自力で取り付ける際の8つの手順
  7. ETC車載器の取り付け手順 その1:グローブボックスなどを外し、ヒューズボックスの位置を確認
  8. その2:ヒューズボックスから電源を取り出す
  9. その3:ETC車載器本体を取り付け、通電確認する
  10. その4:アンテナの取り付け位置を決める
  11. その5:アンテナを貼り付ける
  12. その6:内張り剥がしでピラー(窓枠)のカバーを外す
  13. その7:配線を隠しながらアンテナ線を接続する
  14. その8:実際にETCレーンを通過し、動作に問題が無いことを確認
  15. ETC車載器を自力で取り付ける際は、アンテナの設置に要注意
  16. まとめ

ETCとは?

ETCとはズバリ、「高速道路を通過する際の料金支払いを自動で行ってくれるシステム」です。

具体的にETCのシステムを説明すると、ETC車載器を取り付けたクルマで高速道路の料金所を通過する際、料金所のゲートに設置されたアンテナと、クルマに取り付けられたETC車載器が無線通信を行い、自動的に料金計算と支払いが行われます。

その際の、自動料金計算・支払いは、事前にETC車載器に挿入されたクレジットカード会社を通して支払う仕組みになっています。

これにより、ゲートの料金所でクルマを一時停止させ、窓を開けて、手動で料金を支払うという面倒な手間を一気に省くことができるのです。

なお近年、次世代型のETC2.0の登場により、ETC2.0対応車載機への取り替えが徐々に進んでいます。

以下の記事では、ETC2.0の選び方や自力での取り付け方、またカー用品店やディーラーなどで取り付けを依頼する場合の料金や作業時間を解説しているので、ETC2.0の取り付けや、取り替えを検討している方は是非参考にしてください。

ETCゲートを通過する際は時速20キロ前後を厳守しよう

ETC車載器を取り付けたクルマで高速道路のETCゲートを通過する際、通常時の走行スピードで行こうとすると、ETCと料金所が通信できず(遅れる)、ETCゲートのバーが上がらない可能性が高いです。

ですから、ETCゲート通過時の速度は推奨されている時速20キロ前後を厳守しましょう。

ETC車載器の種類は主に2つ

ETC車載器は主にアンテナ一体型と、アンテナ分離型の2種類があり、それぞれ異なった特徴を持っています。それではアンテナ一体型と、アンテナ分離型の違いや、メリット・デメリットを見ていきましょう。

アンテナ一体型ETC車載器(2ピースタイプ)

アンテナ一体型ETC車載器の特徴は、設置が簡単で本体価格も安いことです。

基本的にETC車載器本体をクルマのダッシュボード上に設置すれば、後は電源を接続するだけでOKです。アンテナ一体型のETC車載器は簡単に設置できることから、自分でETCを取り付けたい方にはかなりオススメできる一台となっています。

一方でアンテナ一体型ETC車載器は、ダッシュボード上に設置する必要がある為、ETC車載器本体が常に目に入る場所にあり、隠す事ができないのが難点。(一部、ルームミラー裏に取り付けるタイプもあります)。

そのため、アンテナ一体型ETC車載器は人目に付きやすいため、ETCカードが刺さっているかどうかが外からすぐ分かってしまうため、盗難被害に遭う可能性も上がります。

ですからクルマから離れる際は、基本的にETCカードを都度抜くことが推奨されていますが、アンテナ一体型の場合は特に注意が必要です。

アンテナ一体型ETC車載器のメリット

■設置が簡単

■本体価格が安い

アンテナ一体型ETC車載器のデメリット

■ETC車載器が常に目に入る位置にあり、隠せない

■ETCカードを入れっぱなしにすると盗難のリスクが高まる

■主流がアンテナ分離型に移っており、機種が少ない

アンテナ分離型ETC車載器(3ピースタイプ)

アンテナ分離型ETCの特徴は、アンテナ一体型と違い設置後の見た目が良いという点が挙げられます。また本体の設置場所はある程度自由が利きますので、ETC車載器、ETCカードを隠すことが出来るので防犯効果も高いです。

ただし設置はアンテナと本体、各々の配線をしなければならないので、少々手間がかかります。それでも車内は整っているに越したことはありません。見た目重視という方は、是非アンテナ分離型にチャレンジしてみてください。

アンテナ分離型ETC車載器のメリット

■車載器をダッシュボード内に隠せるので見た目がスマート

■外から本体が見えないので、ETCカード盗難の可能性が低い

■主流になりつつあり、機種数が多い

アンテナ分離型ETC車載器のデメリット

■車載器本体とアンテナをコードで接続する必要があるので、設置に手間が掛かる

ETCカードを発行する際はクレジットカード会社へ

ETCカードは殆どのクレジットカード会社で発行を申し込めますので、まだ持っていない場合は、お手持ちのクレジットカードの発行会社へ問い合わせてみましょう。クレジットカードとは別に年会費が発生する場合もあるので、事前によく調べることをお勧めします。

なお、次世代型とされているETC2.0のサービスを利用したい場合も、ETCカードは従来のものをそのまま使用できます(車載器のみ、ETC2.0に対応した機種が必要)。

ETC2.0について気になる方は、以下の記事を参考にしてください。

ETC車載器のセットアップは必須! 最寄りのカーディーラー・カー用品店へ

ご自身の好きなETC車載器を手に入れたら、ETC車載器のセットアップが必ず必要になります。

セットアップとは、ETC車載器に車両情報を登録することを指します。セットアップをすることにより、ETCゲートでどのクルマが通ったかが確認され、定められた料金が請求されるという仕組みです。

クルマの買い替え時など、ETC車載器を流用する際は必ず再セットアップが必要になります。特に軽自動車から普通車へETC車載器を乗せ換える場合、通行料金が変わるので、再セットアップしないと不正通行となってしまいます。

このセットアップですが、自分で行うことはできません

最寄りのディーラーやカー用品店などへお願いする必要があります。料金は3,000円程度、時間は30分位みておきましょう。

ETCのセットアップの方法や、料金の解説は以下の記事で記載しているので気になる方は参考にしてください。

ETC車載器の取り付けをお店にお願いする時の料金&作業時間

ETC車載器を買ったお店でそのまま取り付けてもらう場合

なんだかんだ最も多いのがこのパターンではないでしょうか。

お店によっても上下しますが、取付工賃は5,000円が目安となります。

ETC車載器の取り付けにかかる時間は1時間程度ですが、作業開始までに待たされてしまうこともあります。時間には余裕を持って行きましょう。

最近は多くのお店で作業の予約ができるようになっていますので、予約をしてから買いに行くのも手です。

ETC車載器を持ち込みで取り付けてもらう場合

以前の車からETC車載器を乗せ換えた、安かったからネットショップでETC車載器を購入したなどの理由から、持ち込みでETC車載器の取り付けを、お店に頼む場合もあるかと思います。

このような持ち込みだと、そのお店で買ったETC車載器を取り付ける場合に比べ工賃が約2倍程度必要となることもあり、10,000円程度は見ておいた方が良いでしょう。

また一部のカー用品店や、ディーラーなどでは、そもそも持ち込み対応を受け付けていないところもありますのでご注意ください。

こちらもETC車載器の取り付け自体にかかる時間は1時間程度ですが、持ち込み作業は後回しにされることもあるようで、実際は預かりとなることもあるようです。

工具が揃っている場合、ETC車載器を自力で取り付けると5,000~10,000円の節約になる

これらのことから、ETC車載器を自力で取り付ければ5,000円~10,000円程度の節約になると言えます。

逆にETC車載器を自分で取り付ける時間と手間を考えた結果、この値段を払っても良いと思えればお店に頼んでしまいましょう。

ETC車載器を自力で取り付ける際の8つの手順

できるだけ費用を掛けずETC車載器を取り付けたい場合は、やはり自分でやってしまうのが一番でしょう。自力で取り付ければ愛着も湧きます。

ここからは、自力でETC車載器を取り付ける際の手順や、注意点を紹介していきます。

なお、ここでは取り付けが難しいアンテナ分離型タイプを前提に取り付け方法の説明をします。

ETC車載器の取り付けに必要な物

▼必須

・シリコンオフ(パーツクリーナー、アルコールなど)

・ウエス

・内張り剥がし

・養生テープ

・両面テープ

・ヒューズプライヤー(ヒューズボックス内にあることが多い)

・ヒューズ電源コネクター(車種によってミニ平型、平型、低背があるので注意)

・電工ペンチ

・ギボシ端子

▼必要に応じて

・インシュロック(結束バンド、タイラップ)

・配線クリップ

・エプトシーラー

※一からすべて揃えても、5,000円以下で揃えることができます。

ETC車載器の取り付け手順 その1:グローブボックスなどを外し、ヒューズボックスの位置を確認

続いて、ヒューズボックスへアクセスするにあたって障壁となるグローブボックスやパネルを外していきます。

助手席側であればグローブボックス、運転席側であれば足元付近のパネルを1枚外せばアクセスできるようになるはずです。

具体的な外し方は車種によって異なるので、取扱説明書などで調べてみてください。

その2:ヒューズボックスから電源を取り出す

ヒューズボックスに到達したら車の取扱説明書を見て、シガーソケットなどのACC電源の常時電源を探します。該当するヒューズを見付けたら、ヒューズプライヤーで抜きましょう。

該当するヒューズを抜いたら、代わりにヒューズ電源コネクターを挿入し、ヒューズ電源コネクターの根本の空いている部分に再び抜いたヒューズを挿入します。これでヒューズ電源の取り出しが完了です。

なお、ETC車載器の多くはマイナス線(アース線)、ACC電源線、常時電源線の3本が出ています(カーナビ連動タイプを除く)。

ただ常時電源線はカード抜き忘れ警告で使用されるだけなので、ACC電源線と同じところから取っても動作はします。カード抜き忘れ警告が不要という場合は、ACC電源線と合流させてしまってもOKです。

その3:ETC車載器本体を取り付け、通電確認する

ヒューズボックスから電源の取り出しが出来たら、両面テープを使って、ETC車載器本体を予め決めた場所へ取り付けましょう(できれば外からは見えない位置に)。

取り付け完了後、ヒューズ電源コネクターとETC車載器本体の配線を電工ペンチでギボシ加工し接続します。そしてマイナス線(アース線)も。

ここまで接続できたら、一度ETC車載器に電源が入るか確認しましょう。問題無ければ、残すはアンテナ線と本体を接続するだけです。

その4:アンテナの取り付け位置を決める

取扱説明書を見て、ETCゲートがちゃんと開く位置に取り付ける

ETC車載器を自分で取り付ける際は、まず最初にアンテナの取り付け位置を決めましょう。

アンテナの取り付け位置が悪いと、ETCゲートが開かない可能性もあるので慎重に検討が必要です。アンテナの向きや、角度などに関しては、取扱説明書を良く読みましょう。

また最近はドライブレコーダーの他、衝突被害軽減ブレーキのカメラなど、フロントガラス上部にカメラやセンサー類が付いている場合があります。

そのため、ETC車載器のアンテナがそれらに干渉しないよう十分ご注意ください。

ETC車載器はできるだけ電源に近い位置に取り付けたほうが作業は楽

アンテナの配線が届けば、ETC車載器本体に関してはお好みの場所でOKです。

ただ電源の取り出し位置(今回ご紹介するのはヒューズボックス)に近い方が、配線が短くて済み簡単です。

ヒューズボックスが運転席側にあるのにかかわらず、助手席側グローブボックス内にETC車載器を設置すると、配線を渡すために中央のインパネを外さなければならず、ETC車載器の取り付け作業が大変になってしまいます。

強いこだわりが無い限りは、電源の取り出し位置付近へETC車載器を取り付けるのがベストです。

その5:アンテナを貼り付ける

アンテナの取り付け位置が決まったら、アンテナを両面テープで貼っていきます。その際、ガラス表面の油分や埃を落とすため、シリコンオフとウエスを使ってキレイにしましょう。

この作業をするのとしないのでは、両面テープの接着に大きな差が生まれます。汚い面にそのまま両面テープを貼り付けると、最悪振動などでアンテナが落下し上手く通信ができなくなる恐れがあります。

通信ができず、ETCゲートが開かないと反射的に急ブレーキを踏んでしまい、後続車の追突を受けるリスクがあるので非常に危険です。

ですから、アンテナの取り付け作業はしっかりと脱脂を行い施工しましょう。

その6:内張り剥がしでピラー(窓枠)のカバーを外す

ヒューズボックスの位置(運転席側か助手席側か)により、左右どちらのピラーカバーを外すかを決めます。

ヒューズボックスの位置は車の取り扱い説明書にも記載されているので確認してみてください。

外すピラーカバーが決まったら、ダッシュボードなどピラーカバー周辺を養生し、ピラーカバーを外した際に傷が付くのを防ぎましょう。

その後、内張り剥がしでピラーカバーを外していきます。

車種によってはドアの防水用ゴムを外す必要がありますが、引っ張るだけで簡単に外すことができます。

その7:配線を隠しながらアンテナ線を接続する

ここまで来れば、後は上手く配線を這わせていくだけです。

アンテナから出ている配線を、まずはそのままフロントガラスと天井の隙間に押し込んでいきます。ここで配線にエプトシーラーを何箇所か巻いておくと、後々はみ出してくる心配がありません。

その次は、配線をピラー内に線を這わせていきます。ルームランプなどの線があれば、一緒にインシュロックで固定してしまいましょう。無ければ配線クリップなどを用いて、線が遊ばないように固定していきます。

後はそのまま線を下ろしていき、ETC車載器本体と接続すれば配線完了です。ピラーカバーやグローブボックスなどを元に戻せば、作業完了です。

※この工程はアンテナ一体型のETC車載器では不要です。

その8:実際にETCレーンを通過し、動作に問題が無いことを確認

ETC車載器の取り付けができたら、実際にETCカードを差し込んでETCゲートを通ってみましょう。

念のため、最初は交通量の少ないICや端っこのETCゲートを使うようにして、万が一ETC車載器が動作しなかった時でも安全に停止できるよう周囲の車両へ配慮してください。ETCゲートを問題無く通過できれば、晴れて作業完了です。

ETC車載器を自力で取り付ける際は、アンテナの設置に要注意

ETC車載器はさほど配線が多くないので、ある程度電気についての知識があれば、自力での取り付けも可能です。

ただし上手く通信できなければ「ETCゲートが開かない」という危険性があるので、アンテナの取り付けだけは細心の注意を払って施工しましょう。

まとめ

いかがでしたか? 今回は「そもそもETCとは?」と、「ETC車載器を取りつける際の8つの手順」を中心にご紹介しました。

これでETCの基礎知識のほか、ETC車載器を取り付けたい場合、どうすればいいか分からないという悩みを解決することができます。

自分でETC車載器を取り付けてみようと考えている方は、当記事を参考に是非チャレンジしてみてください。

[筆者:MOTA編集部]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 飛騨つづり 朧
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる