さよならS660! 瞬く間に全モデルが完売した本格軽オープンスポーツカーを写真で振り返る!

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
軽自動車ながらも、本格的なスポーツ感を味わえるオープンカーとして人気のホンダ S660。見るからに低姿勢なその全高は、現行国産自動車の中でもっとも低い1180mm! 残念ながら2022年3月の生産終了と、特別仕様車を含む全モデルが完売してしまった、孤高のピュアオープンスポーツ ホンダ S660の姿を写真とともに紹介しよう。
目次[開く][閉じる]
  1. 軽自動車の枠を超えたストイックなスポーツ仕様
  2. 走りを楽しむための装備が充実
  3. タイトな運転席はコックピット感満載

軽自動車の枠を超えたストイックなスポーツ仕様

S660はホンダ ビートから19年ぶりに復活した軽オープンスポーツカーで、2015年に「ハートビートスポーツ」のキャッチコピーのもと発売された。軽自動車ながら多くの専用部品が使われていることや、極限まで突き詰めた車両バランスなど、走る気持ちよさを徹底的に追求した車に仕上がっている。

しかし、多くのファンに惜しまれながら、2022年3月をもって生産終了を発表、さらに、20日後には全グレードの完売が報じられた。

>>【写真16枚で解説!】全高1180mmの驚異の平べったさ!S660の画像をパラパラ見る

全長は3395mmで全幅1475mmと、長さと幅は一般的な軽自動車サイズだが、全高は現行国産車でもっとも低い1180m。同じ軽オープンカーであるダイハツ コペンの1280mmよりもさらに10mm低く、初めて乗る際、ルーフ(天井)に頭をぶつけてしまうユーザーも少なくない。

走りを楽しむための装備が充実

S660はエンジンをミッドシップ(座席の後ろ)に搭載し後輪駆動という、レーシーな走りを重視した仕様だ。そして「日常の速度域でも体感できる空力」をテーマにし、専用のエアロパーツや足回りなどを装着することで走りをさらに突き詰めたコンプリートカーモデル「モデューロX」も存在する。

「ソリッドウイングフェイス」と呼ばれるフロントマスクは、ヘッドライトからグリルまで連続して繋がるデザイン。ヘッドライトの鋭さも相まって、そのダイナミックな出で立ちはオープンスポーツのS660にマッチしたデザインだ。(画像は特別仕様車 Modulo X Version Z)

オプションで装着できるリアウイングの「アクティブスポイラー」は時速70キロになると自動的に展開し、ダウンフォース(車体を地面に押し付ける力)を発生。画像のモデューロX仕様では、細い板状のガーニーフラップを装着することで、さらにダウンフォースを稼ぐ工夫が施される。

S660は室内にある各部ロックを外し、ルーフのソフトトップパネルを畳むことでオープンの状態にできる。取り外したパネルはボンネット内部の収納スペースに格納可能。収納スペースはパネルを格納しない時は荷物を載せることもできるが、内部は熱がこもりやすく、高温に耐えられないものなどは入れない方が賢明だ。

車体背面のリアセンターウィンドウは室内の「REAR」スイッチで昇降することが可能。オープンの状態にした際に走行風を後ろに流す役割を果たすとともに、シートのすぐ背部に搭載されているエンジンサウンドを楽しめる。

タイトな運転席はコックピット感満載

室内は横のスペースに多少窮屈さがあるが、脚を延ばすには充分な空間があり、ぺダルレイアウトも運転しやすい位置に配置。また、インパネの先端部には乗員の体に直接冷暖房を当てる吹き出し口がついており、パネルオープン時の走行風が当たる状況でも快適に過ごすことができる。

座席は本革とラックススエード(スエード調の人工皮革)を組み合わせた肉厚複合シートという豪華仕様だ。上質さと運転中のホールド性を重視したため、室内に対しては大きなシートだが、脇のリクライニングレバーをスリム形状にするなど狭いスペースを有効に使った工夫がなされている。

ホンダ/S660
ホンダ S660カタログを見る
新車価格:
203.2万円304.3万円
中古価格:
158.8万円559.9万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテルハーヴェスト軽井沢

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ S660の最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ S660のカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ S660の中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ S660の記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ S660のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる