これが兄弟!? SUVテイストの新型「ノート AUTECH クロスオーバー」と、プレミアムスポーティな「ノート AUTECH」の違いを写真で見比べてみる

画像ギャラリーはこちら
2021年10月7日(木)、今度はクロスオーバーSUVのノート「ノート AUTECH CROSSOVER(オーテック クロスオーバー)」が誕生した。ベースとなったのはプレミアムスポーティをテーマにしたカスタムカー「ノート AUTECH」だ。共通する点も多い2台ながら、実に見事に造り分けがなされている。そんな2台のカスタムモデルのエクステリアの違いについて、写真とともに比べてみよう。
目次[開く][閉じる]
  1. 新型ノート AUTECH クロスオーバーとノート AUTECH、兄弟とは思えないほど異なる2台を写真で見比べてみる
  2. 真正面から見比べると2台の違いはより明白にわかる
  3. ここまで違うのに、新型ノート AUTECH クロスオーバーは新型ノート AUTECHのわずか3.3万円高! 納車待ちが長くなる前にすぐ商談を!

新型ノート AUTECH クロスオーバーとノート AUTECH、兄弟とは思えないほど異なる2台を写真で見比べてみる

新型ノート AUTECH クロスオーバーは、ベースの新型ノート AUTECHに専用サスペンションを投入し、最低地上高を25mmリフトアップさせたのが最大の特徴だ。樹脂色の黒い加飾も随所に配され、SUVテイスト満点な仕上がりとなった。

ベースとなった新型ノート AUTECHは、2020年12月23日、新型ノートのフルモデルチェンジと同時に登場したカスタムカー。先代ノートに次いで2代目となるAUTECHモデルとなる。

じっくり見比べてみれば、グリル形状などに新型ノート AUTECH クロスオーバーとの共通項も見い出せるものの、車高の違いもあってかなり印象は異なる。

新型ノート AUTECHは、印象的なドット柄の専用フロントグリルや切削光輝ホイール、前後とサイドの銀メッキ調プロテクターといった加飾により、ベースのノートの持つプレーンさに上質が加わり、グッと華やかな雰囲気に生まれ変わっている。

新型ノート AUTECH クロスオーバーでは、専用の前後ホイールアーチやサイドシルプロテクター、ルーフモール、そしてSUVテイストあふれる力強いデザインの専用16インチアルミホイールが、足元をグッと引き締めている。

新型ノート AUTECH クロスオーバー専用2トーン色として新採用した「プレミアムホライズンオレンジパールメタリック/ステルスグレーパール」をはじめ、写真の「ガーネットレッド カラークリアパール」など、全8色のボディカラーから選ぶことが出来る。

シャープな形状で銀色に輝くリアバンパーやサイド部のロアプロテクターの効果によって、ロー&ワイドな印象を強調する新型ノート AUTECHのリアビュー。シックな湘南ブルーのボディカラー(オーロラフレアブルーパール)とのマッチングも良好だ。

なおノート AUTECHのボディカラーは、全8色から選択可能となっている。

真正面から見比べると2台の違いはより明白にわかる

2台を並べてみると、新型ノート AUTECH クロスオーバー(右)がひとまわり大きなクルマに見えてくるから不思議だ。追加されたルーフモールの効果もあり数値以上に車高の高さが強調された印象を受ける。

いっぽうのノート AUTECH(左)は、ロア部のメッキ調加飾によるプロテクターが視覚的にも効いている。

ドアミラーの高さの違いで、新型ノート AUTECH クロスオーバーと新型ノート AUTECHの車高の違いがよく分かる。

後ろから見て車高以外で異なるのは、フロント同様にノート AUTECHのリアバンパーロア部に備わるメッキ調加飾のプロテクターと、新型ノート AUTECH クロスオーバーの屋根にあるルーフモールがあるかないかだけと、思いのほか差異は少ないことがわかる。

ここまで違うのに、新型ノート AUTECH クロスオーバーは新型ノート AUTECHのわずか3.3万円高! 納車待ちが長くなる前にすぐ商談を!

新型ノート AUTECH クロスオーバーの価格は、253万7700円から279万6200円(消費税込)。大きくイメージを変えつつ、ベースのノート AUTECHからわずか3万3000円高という設定は戦略的だ。もはやボーナスプライスと言って良いだろう。

半導体不足やコロナ禍による部品供給不足の影響を受け、現在新型車の生産も滞っている状況だ。人気モデルの予感がする新型ノート AUTECH クロスオーバーも、納車待ちが予想される。もし購入を検討しているのなら、今すぐに近くの販売店で見積もりを取るなどして、商談に入ることをおすすめする。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:和田 清志・茂呂 幸正・NISSAN・オーテックジャパン]

日産 新型NOTE AUTECH CROSSOVER(ノート オーテック クロスオーバー) 主要スペック(諸元)

ボディサイズ:全長4045mm×全幅1700mm×全高1545mm/ホイールベース:2580mm/最低地上高:(FF)145mm/(4WD)150mm/車両重量:1240kg(FF)/1360kg(4WD)/乗車定員:5名/エンジン種類:HR12DE型 直列3気筒 ガソリンDOHCエンジン/総排気量:1198cc/最高出力:82ps(60kW)/6000rpm/最大トルク:103Nm(10.5kgfm)/4800rpm/フロントモーター最高出力:116ps(85kW)/2900-10341rpm/フロントモーター最大トルク:280Nm(28.6kgfm)/0-2900rpm/(4WD)リアモーター最高出力:68ps(50kW)/4775-10024rpm/リアモーター最大トルク:100Nm(10.2kgfm)/0-4775rpm/動力源主電池:リチウムイオン電池/タイヤサイズ:195/60R16(前後)

※車両は持ち込み登録(AUTECH扱い)/エンジン&モータースペックなどはベース車「ノート X」「X FOUR」の数値を掲載

日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
203万円298.7万円
中古価格:
14.8万円319万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... LUXURY和HOTEL 風の薫

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

日産 ノートの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ノートのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ノートの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ノートの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ノートのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる