ハンドリング性能を高めたA110S! ベース車に比べて95万円高の価値はあるのか?|アルピーヌA110S試乗

画像ギャラリーはこちら
フレンチスポーツカーの雄として君臨するアルピーヌA110に、パワートレインとシャーシの改良を施してスポーツ性を高めたA110Sが追加となった。ベースモデルに対して95万円アップの899万円となるこのクルマは、果たしてそれだけの価値はあるのか? 筑波サーキットコース2000でその実力を試す。
目次[開く][閉じる]
  1. 軽量化・専用タイヤなどA110をさらに磨き上げた
  2. エンジンの伸びが超気持ちいい!
  3. 楽しさではA110に軍配だが、サーキットなど極限領域ではA110Sだ

軽量化・専用タイヤなどA110をさらに磨き上げた

「精度」をキーワードに造られたアルピーヌ A110Sが行った改良ポイントは多岐に渡る。一見しただけで理解できるのはカーボンルーフの採用。シートもSabelt製のモノコックバケットシートを奢ることで、1脚あたり13.1kgに抑えたという。それ以外にもタイヤサイズが前後共に10mmワイドになったことで安定感を増したルックスを手に入れていることが伝わってくる。

ちなみにタイヤ銘柄は変わらずミシュラン・パイロットスポーツ4。専用構造、専用コンパウンドを採用したとあるが、決してサーキットアタッカーを造ろうとしたわけではないようだ。

▼2017年に26年ぶりに復活を遂げたベースモデルのアルピーヌ A110の実力が気になる方はコチラをチェック▼

40馬力アップ! 足まわりも専用チューン

一方で見えない部分にもかなりの手が入っている。足まわりは前後共に引き締められ、ベースモデルと比較するとスプリングレートはフロント30→47N/mm、リア60→90N/mmに変更。アンチロールバーも10→15N/mmへと強化。車高も4mmダウンとしている。

エンジンは最大出力を40PSアップの292PS、トルクは320Nmと同様ながら、最大トルク発生領域を上に1500回転ほど広げているところがポイントだ。

エンジンの伸びが超気持ちいい!

その進化を確認するために、まずはベースモデルをシッカリと乗り、感触を掴んだ上でA110Sを走らせる。すると、まず感心したのは伸び感を増したエンジンだった。

ベースモデルでは高回転へ行けば行くほど苦しいイメージがあるが、A110Sはレッドゾーンまでの爽快な吹け上がりが感じられるのだ。そして何より速い! 最高出力発生回転が420rpm高くなったこと、そして最大トルクが最高出力発生回転数である6420rpmと同様なことが効果を発揮しているのだろう。とにかく気持ちの良いエンジンに仕上がっている。

シャシーは明らかに引き締められ、微操舵した状態からキビキビとした応答をみせ、安定のコーナーリングを展開してくれる。ドライバーがピッチやロールを細かく操らずしてイージーにドライブできることも興味深い。

乗り味は少々硬い傾向にあるが、これくらいなら一般道でも十分にこなせるレベルだろう。その安定感あるシャシーをハイパワーエンジンがやや追い越し、ドライバー次第でスライドを作れる環境を持っているところも絶妙だ。

楽しさではA110に軍配だが、サーキットなど極限領域ではA110Sだ

ただし、スポーツバージョンが誕生してベースモデルが霞むかと言えば答えはノーだ。「楽しさ」というキーワードが最も似合いそうなA110のドライビングの魅力も今回は改めて確認することができたからだ。

A110Sに比べればロールやピッチが大きいその動きは、ドライバーの操作次第でいかようにでも動かせるという面白さがある。しなやかな足でロールやピッチを頼りにワインディングロードを楽しむのも悪くない。要は最終的には好みの問題だろう。「精度」vs「楽しさ」。これがA110SとA110の違いといっていい。充実のラインアップで、ユーザーにはまた新たなる悩みが生まれそうだ。

【筆者:橋本 洋平/撮影:茂呂 幸正】

アルピーヌ A110S / アルピーヌ A110 ピュア 主要スペック比較表
車種名A110A110
グレード名Sピュア AT
価格(消費税込み)899万円806万円
全長×全幅×全高4205mm×1800mm×1250mm4205mm×1800mm×1250mm
ホイールベース2420mm2420mm
駆動方式MRMR
車両重量1110kg1110kg
乗車定員2名2名
エンジン種類直列 4気筒 DOHC直列 4気筒 DOHC
総排気量1798cc1798cc
エンジン最高出力216kW(292PS)/6420rpm185kW(252PS)/6000rpm
エンジン最大トルク320Nm(32.6kg・m)/2000rpm320Nm(32.6kg・m)/2000rpm
トランスミッション7速DCT7速DCT
使用燃料ハイオクハイオク
燃料消費率(JC08モード燃費)12.8km/L14.1km/L
タイヤサイズ205/40ZR18205/40ZR18
アルピーヌ/A110
アルピーヌ A110カタログを見る
新車価格:
799万円941万円
中古価格:
659.7万円852万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
橋本 洋平
筆者橋本 洋平

学生時代は機械工学を専攻する一方、サーキットにおいてフォーミュラカーでドライビングテクニックの修業に励む。その後は⾃動⾞雑誌の編集部に就職し、2003年にフリーランスとして独⽴。 ⾛りのクルマからエコカー、そしてチューニングカーやタイヤまでを幅広くインプレッションしている。 レースは速さを争うものからエコラン大会まで好成績を収める。また、ドライビングレッスンのインストラクターなども⾏っている。 AJAJ・⽇本⾃動⾞ジャーナリスト協会会員。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 山科伯爵邸 源鳳院

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

アルピーヌ A110の最新自動車ニュース/記事

アルピーヌのカタログ情報 アルピーヌ A110のカタログ情報 アルピーヌの中古車検索 アルピーヌ A110の中古車検索 アルピーヌの記事一覧 アルピーヌ A110の記事一覧 アルピーヌのニュース一覧 アルピーヌ A110のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる