autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ボルボ C30 試乗レポート/松下宏

試乗レポート 2010/2/15 18:00

ボルボ C30 試乗レポート/松下宏(1/2)

関連: ボルボ C30 Text: 松下 宏 Photo: 柳田由人
ボルボ C30 試乗レポート/松下宏

マイナーチェンジでフロントマスクを大胆に変更

ボルボ C30
ボルボ C30ボルボ C30

ボルボのエントリーモデルであるC30がマイナーチェンジを受けた。C30はボルボが若いユーザーを想定して全く新しいコンセプトの上に開発したモデル。

S40/V50系の基本プラットホームをベースに、3ドアハッチバックのボディを持つ。大きなガラス製ハッチバックドアのデザインが印象的で、C30を選んだユーザーの選択理由になっていた。

ただ、ボルボはエステート(ステーションワゴン)を中心に人気を集めてきたクルマだけに、C30は従来のボルボ車のイメージからするとちょっと変わったクルマという印象もあった。

結果的にこのようなクルマがボルボのラインナップの中にあるとの認知が広がらなかったのも実情だ。

C30は2007年7月に日本に導入され、2008年にもパワートレーンとグレード体系を変更する改良を行っているが、今回のマイナーチェンジではフロント回りのデザインを中心に外観を大きく変更することで、存在感を高めると同時にバリエーションを整理した。

ボルボ C30

外観デザインで大きく変わったのはフロント回りだ。

従来のデザインはS40/V50系との統一性を図ったためか、前からくるC30を見たときに、C30だかS40/V50系だか分からなかった。そこで今回はひと目でC30と分かるようなデザインへと大きく変更され、C30ならではの際立つ個性が表現された。

切れ長の形状をしたヘッドライトのデザインは、ほかのメーカーのクルマでも採用例が増えているが、ボルボもC30でこのタイプのヘッドライトを採用してきた。

またフロントグリルはC30専用のハニカム形状のものとされると同時に、グリルの中央に配置されるアイアンマークは、最近のほかのボルボ車と同様にサイズが大型化された。

オプションのアクセサリーパッケージを選択すると、フロントスキッドプレートやサイドスカッフプレート、フォグランプ回りの縁取りなど、さらに個性的な外観が用意される。

特にフォグランプの縁取りが強烈なインパクトを与え、大胆なイメージに変身する。

インテリアは基本的な造形に変更はないが、ボルボならではのフローティングセンタースタックの部分に、スウェーデンのハグストロームギターの風合いを取り入れたオイスター・バーストがオプション設定されたほか、カラーリングの選択肢を増やすなどの変更が加えられた。

ボルボ C30ボルボ C30ボルボ C30ボルボ C30ボルボ C30

ボルボ C30 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ C30 の関連記事

ボルボ C30の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ C30 の関連記事をもっと見る

ボルボ C30 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26