autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム トランスミッションが主役の時代に突入!エンジン、サスペンションが脇役に

自動車評論家コラム 2016/1/25 19:37

トランスミッションが主役の時代に突入!エンジン、サスペンションが脇役に(1/2)

トランスミッションが主役の時代に突入!エンジン、サスペンションが脇役に

ドイツでもBMWとVWグループは正反対の戦略

BMW 1シリーズ

最新のBMW1シリーズは世界で最もコンパクトなFR車である。コイツは1.5リッターの3気筒ターボで、トランスミッションは最新のZF製8速トルコンATだ。BMWは、M3/M4などのスポーツモデルを除いてはトルコンATにシフトしている。VWやアウディとは正反対の戦略だ。

今までトルコンATはダイレクト感が少ないとか、燃費が悪いなどのデメリットが指摘されていたが、最近は早期にロックアップを使い、緻密な制御が可能となっており、トルコンATのデメリットがなくなってきている。

一方で、耐久性とロバスト性を考えるとDCTは不安がつきまとうため、ホンダのようにトルクコンバーターやモーターを組み合せることになってしまう。

DCTはロバスト性が良くないという印象を私は持っているが、ポルシェだけは別格だ。ポルシェをヨイショするわけではないが、町中の走りから、コインパーキングの段差乗り越え、坂道発進のオートパーキングブレーキとクラッチとエンジンの制御など、どれをとっても完璧にこなす。

ポルシェがPDKと呼んでいるDCTは湿式クラッチを使い、エンジンのトルクも大きいので、発進はVWゴルフよりも楽かもしれない。

PDKが気持ちよさは他のメーカーでも真似できない

ポルシェ PDKポルシェ911 GT3 RS

さらに、ある発見があった。それはPDKとそのプログラムが非凡なことだ。ゴルフ場などに行くと、最後の数キロは田舎道を走る。軽トラックが前を走っていると、時速30キロ以下でついていくことになる。

最新のポルシェにはGメーターが表示されており、ゆっくり加速するとPDKは3速ギアを選択し、0.1Gという僅かな加速度でも走れる。少し加速力を高めようとすると0.2Gで加速。登り勾配を認識しているので、むやみにシフトアップはしない。エンジン回転は2000回転以下でもシフトダウンすることもなく、微加速で快適に走れるのだ。

また、高速走行ではアクセルを瞬間的に踏み込むと、その瞬間にギアが7速から3速にも入る。アクセルペダルを踏む速度を検知し、ドライバーの気持ちを理解してギアを選択する。

しかも7速から3速にダウンしてもショックがない。おまけにGT3 RSの場合、PDKでもレーシングカーのような走りも可能だから、プロドライバーが駆使するMTではもはや勝てない。

PDKが気持ちいいのはドライバーの気持ちを正確に読み取れる読心術のようなセンシングと、レスポンスの良いエンジンを正確無比に電光石火の如く制御できる緻密さにある。この技だけは他のメーカーも真似できていないだろう。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28