autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 「トヨタ ランドクルーザー」は何が変わったのか?[マイナーチェンジ詳細解説]

新型車解説 2015/8/17 12:03

「トヨタ ランドクルーザー」は何が変わったのか?[マイナーチェンジ詳細解説](1/2)

関連: トヨタ ランドクルーザー200 Text: 渡辺 陽一郎 Photo: トヨタ自動車株式会社
「トヨタ ランドクルーザー」は何が変わったのか?[マイナーチェンジ詳細解説]

日本が誇るSUV“トヨタ ランドクルーザー”

トヨタ 新型ランドクルーザー

今日のSUVは、「トヨタ ハリアー」「レクサス NX」といった乗用車系のプラットフォームを使う車種が主力だ。

駆動方式は前輪駆動の2WDと4WDを選べるタイプが多い。乗用車系がベースであれば床が低めで乗降性や居住性が優れ、ボディが軽く低重心だから走行性能や燃費でも有利になる。加えてさまざまな機能を幅広い車種で共通化できるから、コストも抑えやすい。なので日本車だけでなく、海外メーカー車も含めて乗用車系のSUVが増えた。

しかし、SUV本来の機能は悪路の走破にある。いわゆるオフロードSUVで、トヨタのランドクルーザーと同プラドはその代表だ。ランドクルーザーの初代モデルは、1951年に警察予備隊(今の自衛隊)の購入を視野に入れて開発された「トヨタ ジープ」で、1954年に車名を「トヨタ ランドクルーザー」に変更した。

初代クラウンの発売が1955年だから、ランドクルーザーは日本車では最も長い伝統を持つ。今では前述のようにランドクルーザーと同プラドに分かれ、前者のボディサイズは日本のSUVでは最大級。エンジンもV型8気筒の4.6リッターを搭載する。

日本の道路環境に適したクルマとはいえないが、大胆な外観と豪快な運転感覚が受けてランドクルーザーのファンは多い。現行型の発売は2007年9月だから、すでに約8年を経過するが、オフロードSUVはフルモデルチェンジを行うサイクルが長い。

フロントフェイスを一新、リアビューも変更が加えられている

トヨタ 新型ランドクルーザートヨタ 新型ランドクルーザー

そんなランドクルーザーが先ごろマイナーチェンジを受けたので、概要をお伝えしたい。

外観ではフロントマスクが大幅に変更された。フロントグリルを強調して、ヘッドランプと連続性を持たせている。従来型に比べるとシャープな顔つきになった。

ボディサイズは、全長が従来型と同じ4,950mm、全幅は10mm増して1,980mmに達する。ヘッドランプは、従来型はディスチャージだったが、マイナーチェンジ後の新型はLED(GXのハイビームだけはハロゲン)になる。

リアビューもナンバープレートが収まる部分のガーニッシュを変更して、ワイド感のある形状になった。アルミホイールも変更。ZXは従来から20インチを装着するが、切削/高輝度処理によって質感を高めた。AXが装着する18インチも立体感のあるデザインだ。

外装色はカッパーブラウンとダークブルーマイカを追加。従来の選択肢は7色だったが、新型では9色から選べる。

トヨタ 新型ランドクルーザートヨタ 新型ランドクルーザー

内装ではインパネの装飾に金属を削り出したようなデザインを採用。自発光式のメーターは、大小を取り混ぜて6つ装着され、視認性を向上させた。

メーターの中央には、4.2インチのTFTカラー液晶画面を装着。運転状態やカーナビなど各種の情報を表示できる。

トヨタ ランドクルーザー200 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ランドクルーザー200 の関連記事

トヨタ ランドクルーザー200の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ランドクルーザー200 の関連記事をもっと見る

トヨタ ランドクルーザー200 の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25