autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 スズキ 新型(6代目)ワゴンR、ハイブリッド搭載で33.4km/Lの低燃費を実現

新型車リリース速報 2017/2/1 22:38

スズキ 新型(6代目)ワゴンR、ハイブリッド搭載で33.4km/Lの低燃費を実現

スズキ 新型(6代目)ワゴンR、ハイブリッド搭載で33.4km/Lの低燃費を実現

フルモデルチェンジを行い6代目になったワゴンR

1993年9月、初代スズキ ワゴンRが発売を開始。

快適で使い勝手の良いパッケージングをとことん追求した新コンセプトの“軽ワゴン”モデルの登場は、それまでセダンタイプのモデルが中心であった軽自動車市場に新しいジャンルを築きあげた。

乗り降りが楽で運転がしやすいドライビングポジションは、女性から年配層の方々にも好評となり、さらにワゴンらしい大きな室内空間は、多彩な趣味に利用できる道具として若い男性にも大きな支持を得た。

その後、ワゴンRのクルマ造りの精神は、同社のハイト系ワゴンであるスペーシアや軽SUVのハスラー等に受け継がれ、同社の軽中核モデルまでに上り詰めた。

そんなワゴンRが2017年2月1日(水)、フルモデルチェンジを行い6代目となって登場した。

ユーザーニーズの多様化、生活環境の変化に対応し、3つのデザインを設定

スズキ 新型ワゴンR HYBRID FZスズキ 新型ワゴンR スティングレー HYBRID T

6代目となる新型ワゴンRは、これまで培ってきたパッケージング・デザイン・機能などの良いところは継承しながら、デザインを大幅に刷新。ユーザーニーズの多様化、生活環境の変化に対応すべく、機能性とデザイン性を両立させた3つのデザインを設定した。

エクステリアは、広く使える前席のパーソナルスペースと、機能的で使いやすい後席の実用スペースを融合した新たな軽ワゴンの使いやすさを表現。

誰からも愛される新定番スタイルとして「HYBRID FX」、スポーティで上質なスタイリッシュの「HYBRID FZ」、強烈な存在感のストロングの「スティングレー HYBRID T」と、個性的な3つのデザインを採用し、ユーザーが自分にあった車選びができる様にした。

スズキ 新型ワゴンR HYBRID FZ
スズキ 新型ワゴンR HYBRID FZ

インテリアは、シンボリックでデザイン性の高い「スタイル」、広さを実現した室内の「スペース」、楽しく自由に使える「ユーティリティ」をテーマに、シンプルで使いやすい室内を表現し、 開放的な視界と、広々した空間を実現している。

センターメーターや左右に通った横長のインパネカラーパネルにより、運転席前の開放的な視界を確保し、広々とした室内空間を演出した。

新プラットフォームやマイルドハイブリッドを採用

スズキ 新型ワゴンR HYBRID FZ
HYBRID ISG(モーター機能付発電機)HYBRID専用リチウムイオンバッテリー

パワートレーンには、スタート時にモーターのみで走行できるマイルドハイブリッドを搭載。

モーター機能付き発電機「ISG」の高出力化と、リチウムイオンバッテリーの大容量化により、モーターによる走行では、アイドリングストップ後の停車状態からの発信時に、アクセルを踏まずブレーキから足を外すと車がゆっくりと動き出す走行を可能にした。また、発進から時速100km/hまでの加速時にISGがモーターアシストを行いエンジンの負荷を軽減し、燃料の消費を抑える。

さらに、軽量・高剛性の新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の採用、ボディ・足回り等の軽量化を図り、先代モデル比で20kgの軽量化を実現。

これらマイルドハイブリッド、HEARTECTの採用、エンジン・CVTの最適化と軽量化等により、リッター33.4km/Lという軽ワゴンNo.1の低燃費を実現している。

安全装備もさらに充実。しかもヘッドアップディスプレイまで採用

スズキ 新型ワゴンR HYBRID FX
スズキ 新型ワゴンR HYBRID FZ

安全装備としては、単眼カメラとレーザーレーダーで車や歩行者を捉え、ブレーキによって衝突を回避、または衝突の被害を軽減する衝突被害軽減システム「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」をはじめ、ハイビーム・ロービームを自動で切り替える「ハイビームアシスト機能」、車速やシフト位置などを表示する「ヘッドアップディスプレイ」の採用等、安全装備の充実を図った。

後席に傘立てが付いた!

スズキ 新型ワゴンR スティングレー HYBRID T

パッケージングは、HEARTECTの採用により、広い室内空間とよりスムーズに乗り降りできるようにヒップポイントの高さを見直した。

さらに収納にも工夫が凝られており、傘についた雨水を車外に排出できるため、濡れたままでも傘を収納できる「アンブレラホルダー」の採用、片手でシートアレンジの操作ができる「ワンタッチダブルフォールディングリヤシート」等を備え、よりユーザーにとって利便性の高いモデルに仕上げられている。

重要車種のワゴンRに大いなる期待

スズキ株式会社 鈴木俊宏社長
スズキ株式会社 鈴木俊宏社長

スズキ株式会社 鈴木俊宏社長は発表会で、「新型ワゴンRは、私どもの軽自動車にとって大変重要な車種です。このモデルに大きな期待も寄せています。」とコメント。

新型ワゴンRは、2月1日(水)から販売が開始され、価格(消費税込)は1,078,920円~1,779,840円。同社では、ワゴンR、ワゴンRスティングレーを合わせ16,000台の月間販売目標台数を掲げている。

[レポート/Photo:オートックワン編集部]

スズキ 新型ワゴンR HYBRID FZスズキ 新型ワゴンR HYBRID FZスズキ 新型ワゴンR HYBRID FZスズキ 新型ワゴンR HYBRID FZスズキ 新型ワゴンR HYBRID FZ
スズキ 新型ワゴンR HYBRID FZスズキ 新型ワゴンR HYBRID FZスズキ 新型ワゴンR HYBRID FZスズキ 新型ワゴンR HYBRID FZスズキ 新型ワゴンR HYBRID FZ
スズキ 新型ワゴンR HYBRID FXスズキ 新型ワゴンR HYBRID FXスズキ 新型ワゴンR HYBRID FXスズキ 新型ワゴンR HYBRID FXスズキ 新型ワゴンR HYBRID FX
スズキ 新型ワゴンR HYBRID FXスズキ 新型ワゴンR HYBRID FXスズキ 新型ワゴンR HYBRID FXスズキ 新型ワゴンR HYBRID FXスズキ 新型ワゴンR HYBRID FX
スズキ 新型ワゴンR スティングレー HYBRID Tスズキ 新型ワゴンR スティングレー HYBRID Tスズキ 新型ワゴンR スティングレー HYBRID Tスズキ 新型ワゴンR スティングレー HYBRID Tスズキ 新型ワゴンR スティングレー HYBRID T
スズキ 新型ワゴンR スティングレー HYBRID Tスズキ 新型ワゴンR スティングレー HYBRID Tスズキ 新型ワゴンR スティングレー HYBRID Tスズキ 新型ワゴンR スティングレー HYBRID Tスズキ 新型ワゴンR スティングレー HYBRID T

スズキ ワゴンR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ワゴンR の関連記事

スズキ ワゴンRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ワゴンR の関連記事をもっと見る

スズキ ワゴンR の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/22~2017/8/22