autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル レガシィ アウトバック 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2009/6/3 10:00

スバル レガシィ アウトバック 試乗レポート(2/4)

スバル レガシィ アウトバック 試乗レポート

開放感あるドライブを楽しむなら断然アウトバック!

フロントスタイル

エクステリアはご覧のとおり。Dピラーを見せるウインドウグラフィックとなった点はツーリングワゴンと同じ。フロントグリルやホイールアーチは、SUVテイストを強調したものとなっている。全幅はB4/ツーリングワゴンが1,780mmであるのに対し、アウトバックは1,820mmとワイド。全高は1,605mmと、ツーリングワゴンに対して70mmも高い。そして、横浜ゴムの「ジオランダーG95」という225/60R17という大径サイズのオールシーズン(マッド+スノー)タイヤを履く。

ツーリングワゴンもそうだが、従来のようにルーフに沿った形のルーフレールが設定されていないのが、個人的に残念なポイントだ。せめてアウトバックだけでも、標準で付いてもよかったのではと思う。

最低地上高が200mmのため、乗り込む際はフロアの高さがツーリングワゴンの150mmの感覚とはだいぶ違う。成人男性なら問題ないだろうが、後席にお年寄りや小さな子供を乗せるときは、手を貸す必要があるかもしれない。しかしその分、乗り込んでしまえば、見晴らしの良さは上々。広いグラステリアと合わせて、開放感のあるドライブを楽しむことができる。

また、ラゲッジルームのフロアも高い位置となり、このあたりの雰囲気は、ワゴンというよりもSUVに近い。70mmの差はけっこう大きいのだ。

一方、装備面での細かい話だが、これまでスバルは、オートライトやオートワイパーといった快適装備の導入が何故か遅れていた。ところが今回から、ようやく新型レガシィ上級モデルにこれらが採用されたのだ。これはとても大歓迎なことだ。他にはというと、アウトバックの3.6Lモデルだけでも、ステアリングのチルト&テレスコピックが電動になることを、望んでしまうところもある。

フロントシートリアシートタイヤ走行走行

スバル レガシィアウトバック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レガシィアウトバック の関連記事

スバル レガシィアウトバックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィアウトバック の関連記事をもっと見る

スバル レガシィアウトバック の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21