autoc-one.jp 記事・レポート 特集 エコカーの真相 エコカーの真相/第四回 軽自動車が消える!?新種エコカー「超小型モビリティ」の真実

エコカーの真相 2011/5/23 19:24

エコカーの真相/第四回 軽自動車が消える!?新種エコカー「超小型モビリティ」の真実(1/3)

Text: 桃田 健史 Photo: 桃田健史
エコカーの真相/第四回 軽自動車が消える!?新種エコカー「超小型モビリティ」の真実

巷で噂が絶えない ――――――

「軽自動車と自動二輪車の中間ができる」

「軽自動車がなくなる」

「セグウェイで車道が走れるようになる」

お答えしよう。この噂は、“本当”であり“ウソ”だ。

この噂、その発進源は「霞ヶ関」。噂の車両は「超小型モビリティ」だ。

国土交通省が現在協議している「超小型モビリティ」について、新聞、テレビ、そして自動車雑誌などが不確実な情報をチラホラ流す。だから、様々な噂となる。

そこで筆者は「噂の真相」を知るために先日、国土交通省・自動車交通局にひとりで行ってきた。もちろん、ぷらっと寄ったワケではなく、「然るべき手続き」をとった。

その結果、以下のことが分かった。

①平成21年度に「環境対応車を活用したまちづくり研究会」が発足。また、大学関係者などを主体とする、「超小型モビリティ」検討会も実施。

②平成22年度に、群馬県桐生市、東京都千代田区、愛知県豊田市、京都府、福岡県福岡市、福岡県宗像市で「超小型モビリティ」の実証試験を行った。

③平成24年度、「超小型モビリティ」の試作、実用性・汎用性の検証、関連指針の公表。

つまり、いまから2年程でカタチが決まって、いまから3~4年程で市販される可能性がある、ということ。

では、この「超小型モビリティ」は、どんな格好で、何人乗りで、どんなパワーユニットで、どの程度速く走って、価格はいくら位になるのか?

筆者は現在、「超小型モビリティ」について集中的な取材をしており、そこから見えてきた同車の可能性を大胆予測してみたい。

その前に、なぜ「超小型モビリティ」が必要なのか?を見てみたい。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!