autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 軽自動車に“軽油”?入れ間違いによるトラブル多発!「軽自動車は軽油と思った」ドライバーの認識不足や勘違い

自動車ニュース 2016/4/7 17:52

軽自動車に“軽油”?入れ間違いによるトラブル多発!「軽自動車は軽油と思った」ドライバーの認識不足や勘違い

JAFは、燃料の給油間違いによるJAFへの救援依頼件数を発表した。

JAFでは2015年12月の1ヶ月間にドライバーから寄せられた救援依頼のうち、「入れ間違えた」との申出があったものが全国で269件あった。実際にはドライバーが入れ間違いに気付かず、走行不能などのトラブルとなって救援依頼されたケースも考えられるため、さらに多いことが予想されるという。

入れ間違いの原因としては、「うっかりしていた」「普段乗らない車だった」「軽自動車は軽油と思った」といったものが多く、ドライバーの認識不足や勘違いがトラブルに繋がっていると同社では説明する。

JAFによると、ガソリン車に軽油を入れた場合、軽油の混ざったガソリンが供給されると、エンジンの出力が下がり加速が鈍くなる。そして、アイドリングも不調になる。さらに、100%軽油だけを入れてしまうと、黒い排気ガスが出るようになり、やがてエンジンが止まってしまう。

また、ディーゼル車にガソリンを入れた場合は、最初のうちエンジンはかかるがすぐにパワーが落ち、エンジン音が高くなって、アイドリングも不安定となり、排気ガスは白くなる。こうなると噴射ノズルや燃料ポンプの交換が必要になる場合があるとする。

軽油とガソリンの混合比によって、入れ間違い後の症状に差があり、エンジン始動が不可能になる場合もあるし、いずれの場合もエンジン始動前にすみやかに燃料を入れ替えれば大きな問題はないとのこと。

JAFでは、セルフ式給油スタンドが増加していることから、マイカーではない車両や、初めて乗る車両に給油する時は、必ず車検証や取扱説明書で燃料の種類を確認するなど、慎重に給油するようドライバーに呼びかけている。

「燃料入れ間違い」によるJAF救援依頼件数(2015年12月1~31日)

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!